もんもん日記

日々のよしなしごとをつれづれなるままに書きなぐります。

横須賀に行ってきた&自分用のお土産

2014-11-30 21:08:25 | 日々のあれこれ
金曜日に研修のため、横須賀に行ってきました。
遠いので前泊&後泊付きでした~研修の内容はタイムリーな内容で、すっごく勉強になり、今後の相談活動に活かしていこうと思いました。
日々是精進です!

横須賀はカレーとネイビーバーガー、チーズケーキがご当地メニューのようなのですが、着いたのが遅かったのと行きたかったお店が貸切になっていたので食べられませんでした
入れそうなお店があったのですが、米軍の横須賀基地があるため外国人が多くて、一人歩きするのがちょっと怖く感じたので諦めたのです
代わりにインドカレー屋でインドカレーを食べました(笑)
おひとりさまなのが珍しかったのか、店員さんに話しかけられながら食べたのですが(なんだろ、インド料理屋に行くと絶対店員さんが話しかけてくるんだよね。)、その日はアメリカの軍人さんたちは船の中にいる日なので町にはあまり出ていないとのこと。え~道歩いてるだけで中から外国人の大きな笑い声が聞こえてきてたけど外に出てもいい日はもっとすごいってことか。でもさ、駅前の電灯?に「何かあったら押してください。警察が来ます」っていうボタンがついてたんだよね。そういう町ってことよね。
ペリーが来たところなので歴史的にも色々見所のある町なのですが、明るい時にゆっくり来たいですな。

研修会場は海の近くにありまして、お昼はお弁当が配布されたので海辺に行って食べました。天気も悪くなかったし、気持ちよかった~。


研修が終わった夜は、横浜中華街で中華を食べましたよ~。
金曜日の夜ということもあり、スーツを着たサラリーマンが結構いました。

お店は菜香新館です。おひとり様で予約しました(笑)
以前に一度来たことがあったのですが、あまりの点心の美味しさに再訪したいと思っていたのでした。

菜香といえば写真左上の海老入り蒸しクレープです。米粉の生地がモチモチ、海老がプリプリしていて美味しい
それから右下の海老のウエハース巻き揚げ!サクサクプリプリでこれまた美味しい♪ついてくるマヨネーズをつけて食べます。
2個ずつ来るのですが、食べれちゃいます(笑)
そして他の人のレポを読んで食べてみたかった香港風醤油焼きそばです。日本の醤油と中国の醤油を混ぜて焼いているらしいのですが、さらりと食べられます。これはいいね。
そしてゴマだんご~

揚げたてを食べられるのですが、モチモチしていてとっても美味しいんですよ。
飲み物はビールと迷いましたが(笑)、ジャスミン茶にしました。中華料理屋で大きなポットで出てくるお茶はなんであんなに美味しいんでしょうか。

菜香新館はお土産コーナーがありまして、家庭用の中華まんや海老蒸し餃子などの点心が買えます。

迷いましたが私は以前買って美味しかった豆板醤を購入しました。やはり中華料理屋のものは違いますね。普通にスーパーで売っているのもいいのですが、これを使うだけで一気に中華料理屋の味になります。
それからジャスミン茶。ここで飲むお茶の茶葉は悟空のものを使っているんですね。
ウーロン茶も買おうか迷いましたが、右端の新茶を買うことで我慢しました(その方が高くつくんですけどね
また行きたいな~。

帰りには東京駅のDEAN&DELUCAで食材を買いましたよ~。
左から、コーディアルシロップのトリプルシトラス。お湯や炭酸水で割ってもよし。紅茶に入れてもよし。
真ん中上はジェノベーゼソース。もちろんパスタに絡めてよし、肉や魚にかけてよし。
真ん中下はマッシュルームなどが入っているソース。魚にかけても美味しいし、ホワイトソースと混ぜてもいいそうです。
右上はバーニャカウダソースで右下はディルマヨネーズソースです。野菜が美味しく食べられそうですね

思い出したように福岡空港で自分用に買ったお土産のことなど…。

茅乃舎のだしと赤の柚子胡椒、熊本の醤油です。
だしは以前どこかで美味しいと聞いたことがあり、買ってみました。赤の柚子胡椒はあまり見かけないので(緑が多いですよね)。赤の方がちょっと辛いような気がします
熊本の醤油についてはとにかく九州の醤油を買いたかったのです。本当はスーパーに行っていろいろ選びたかったのですが、そんな時間はなく…あ…でも24時間営業のスーパーがあったから見とけば良かったな。安住紳一郎のラジオで「九州の醤油は甘い」と聞き、使ってみたかったのです。楽しみだな福岡から帰ってきてすぐ出張ということもあり、あまり自炊できていないのですが今週から自分のペースが取り戻せそうかな。
コメント

福岡での食事

2014-11-29 16:41:31 | 旅行
横須賀出張から帰宅しました。それについてはまた後で。忘れないうちに福岡での食事について記しておきます。

まず1日目の夜に食べたのは水炊き!食べかけの画像で申し訳ない

以前、福岡に行った時にも食べた、大名にある「八風」という鶏料理のお店です。また行きたいなと思っていたので予約して行きました。
まずはスープを飲ませてもらいました。美味しいにきまってるよね~。

そして鶏のせせり?のから揚げ。骨まで食べられます。

鶏みそきゅうり。この鶏みそが甘辛くて美味しいんだな。


2日目の夜はもつ鍋!!どこにしようか1か月前からガイドブックを見て友達と悩み、やま中赤坂店に決めました。

これがすっごく美味しかった。
新鮮だからなのかな。臭みのないモツでした。
歯ごたえもちょっと違うんだよね。一度食べてみて欲しいです。
お店はまるでホテルのような感じでとてももつ鍋屋のような感じはしません。
写真は撮りませんでしたが、一番驚いたのはトイレです(笑)
なんとトイレにバレエのチュチュが展示されてまして(トルソーが着ている)、便座に座るとライトアップするんですよ!!
黒鳥かなあ。そんな感じのチュチュなんですけど、それがまた怖くて
写真に撮ろうと思ったけど、なんか呪われそうで(笑)やめました。
それから酢もつ!始めて食べたのですが、ゆでたモツをポン酢で食べるって感じでこれまた美味しい。

翌日はもつ鍋のおかげで肌がプルプル(笑)

というわけで3日目ももつ鍋を食べました
1日目と2日目は予約しておいたのですが、3日目は予約せず、歩き疲れて偶々入ったお店でした。
四番館というもつ鍋と韓国料理?のお店です。
ここは庶民派という感じで気兼ねなく食べられる、そんなお店でした。
モツも色んな部位が入っていて楽しめました♪


そして、今回私が一番嵌った福岡の食べ物…それはうどんです!!
2日目の朝は博多駅内にある立ち食いうどん屋の恵須多でごぼ天うどん。これは時間の関係で偶々入ったお店でしたが、なかなか美味しかったです。
麺がモチモチしていました。

3日目の朝は行きたかった因幡うどんでごぼ天うどんとかしわにぎり!

麺がやわらかくて歯ごたえがなくて美味しいんだよね。「これタモさんの言ってた歯ごたえのないうどんか~」と感動しながら食べました。
つゆはいりこだしが効いてて、食べたことのない美味しさ!!関西風とも違うんだよな~。
あまりに気に入っちゃって、4日目の朝も因幡うどんに行きました。だって朝8時には開いてるし、駅の中にあるんですもの。

食べたのは丸天うどんといなり。丸天はさつま揚げ?みたいなものなんだけど、モチモチしていて美味しいの。
いなりも出汁でしっかり煮てあり、中のかやくご飯の味を生かしてました。
持ち帰りコーナーもあったので、買って帰ろうと思ったのですが「つゆの準備ができていない」と断られました残念。
北の北海道も南の福岡も美味しいものだらけで、コンサートも観光もそして大切な食事も満喫したのでした。
食を重視している私たちの旅です(笑)

そして今年のコンサートのチケットを並べてみた。

自分たちで取ったチケットもあるけれど、ツイッターを通じて譲ってくださった方のおかげで今回のツアーは5回も行けたんだな~。ありがとうございました(^O^)/お知り合いにもなれたし
でも残りの大阪と名古屋も行きたい!けどチケットがないんだな。
何度でも見たい!そう思わせるSMAPさん達です。いつもありがとう!
コメント

太宰府観光

2014-11-27 00:46:31 | 旅行
福岡三日目は大宰府に行ってきました。
三連休&七五三の時期&紅葉真っ盛りということもあり、臨時バスも満席になり、道路も渋滞が続くなど大変混み合っていました。
太宰府天満宮を参拝した後、大宰府といえば梅が枝餅!ということで、お石茶屋で食べました。

紅葉がきれいだったので外で食べましたよ。

梅が枝餅と自家製梅干しの入った昆布茶です。梅が枝餅は外側がカリっとしていてふわっとした生地です。あんこもサッパリとして食べやすい。

お石茶屋にはお石トンネルと呼ばれる人道トンネル?があります。

このお茶屋を始めた、お石さんという方はたいそう美人な方だったそうで、そのお石さんに会いたいがために、トンネルを掘った人がいたのだそうです。
想いが強ければなんでもできちゃうんですね。
このトンネルを抜けると生垣の椿と相まって、紅葉がとってもきれいでしたよ。

下関がフグ推しならば、太宰府は菅原道真公にちなんで梅推しなのですが、階段のコンクリートにも石が梅の花のように配列されていました。


そして太宰府天満宮から九州国立博物館へ移動。
故宮博物館の特別展示が来ていたのです。これがまたすごい人でして…。

展示場はぎゅうぎゅうでした。落ち着いて見られない(苦笑)
印象に残っているのは、皇帝のおもちゃ箱という別名がついていたもので、箱の中に硯や磁器などのミニチュアが入っているものです。ままごと道具みたいでかわいかったな~。
コメント

下関~門司港観光その2

2014-11-25 21:31:01 | 旅行
さて、門司港観光について書きますね。
門司港といえばレトロな洋館ってことで、まずは旧門司税関

それから国際友好図書館。

ここは1階が中華料理屋で2階3階が図書館になっています。中国書籍や韓国書籍がたくさんありましたよ。
また図書館の雰囲気の素敵なこと。

こんな書斎を持ってみたいなぁ。明かり取りも素敵なんです♪

シャレオツですなぁ。

また、門司港は雑貨屋さんが多い町でもあるらしいです。その中でも私たちが向かったのは新海運ビルという門司港駅から徒歩3分くらいの古いビル。

そこには古さをうまく活用した、いい雰囲気のお店がたくさんありました。

雑貨屋さんの他にも法律事務所も入っているんですよ。まるで映画の世界のようでした。
置いてある雑貨も作家さんのものが多く、見ていてワクワクしましたよ♪

そのビルの中にある美音というカフェ。自然派のカフェという感じですね。

門司港は焼きカレーがご当地グルメらしく、ほとんどのお店で焼きカレーが食べられます。卵が入っているのが特徴かな。

ケーキも有機紅茶も美味しかったな。

器もまたお店の雰囲気によく合っていました。

自家製果実ソーダなるものもあったのですが、売り切れでした
そのビンが並んでるのもまた絵になるんだこれがまた。


こんな感じで門司港を観光した後、福岡ヤフオクドームに向かったのでした
コンサートはもちろんだけど、短時間でも密度の濃い観光ができて楽しかったです。
やっぱ段取り8割&早起き大事!だな
コメント

下関~門司港観光その1

2014-11-24 23:56:00 | 旅行
SMAPのコンサートに行きがてら、観光をして満喫するのも私たちの楽しみでして…。
今回は門司港に行こうと思っていたのですが、ちょっと足を延ばして下関まで行くことにしました
下関と門司港は高速フェリーで10分くらいで着いちゃうんですよ。これは行くしかない!ということで、事前にいろいろ調べて行ってきました。

9時頃、博多駅から新幹線に乗って出発しました。特急ソニックに乗ろうとも思ったのですが、やはり新幹線の方が早いし、よかよかきっぷという博多~小倉を特急並みの値段で乗ることができる切符があったので、新幹線で行くことにしました。
10時頃下関に着いて、バスで壇ノ浦に移動。目的は水曜どうでしょうの西日本カブの旅で大泉さん達が行っていた関門トンネル人道口と源平合戦の場である壇ノ浦に行くこと、そして赤間神宮に行くことでした。

バスでみもすそ川の停留所まで行くと関門トンネル人道口があり、道路を渡ると目の前には海が広がり壇ノ浦の合戦場址があります。
まずは関門トンネル人道口

山口県下関から福岡県門司市まで歩いて15分くらいで渡ることもできます。人は無料で渡れますが、自転車やバイクは20円の通行料を払って押して渡ることができます。

エレベーターで降りるとちょっとしたホールがあります。

トンネルはこんな感じ。

行きは下り、帰りは登りになってるみたいです。私たちは時間の関係と体力の問題で歩きませんでしたが、地元の方も生活で使っているという感じで歩いていましたし、ランニングしていらっしゃる方もいました。ちょうどいい運動コースですものね。
目の前に広がる海。写っている橋は関門橋です。

国際航路ということもあり、大きな船がたくさん行き来していました。

下関はフグで有名(「ふく」と呼んでいるらしいです)なので、どこを見てもフグが使われています。
関門トンネルにあったインターホンとか

バスの座席とか

マンホールとか

写真は撮れませんでしたが、公衆電話の上にもフグが乗っかってました。とにかくフグ推し!(笑)

壇ノ浦合戦場址には源義経の八艘跳びの像や平知盛の入水を表現した像があり、タッキーの手形とかもありました。タッキー、大河で義経役でしたもんね。
壇ノ浦の潮の流れが本当に早くて驚きました。よくあんな中で戦えたなと…。
この地域は大河ドラマ「平清盛」で平家物語に嵌った私にとって、魅力的な場所です。

そして次はバスで隣の「壇ノ浦」停留所まで移動。歩くにしては(私達比)御裾川から壇ノ浦まで結構な距離がある(私達比)のです。
私が見たかったのは「船だまり」というもの。

船から降りてすぐ家に入れるような作りになっているお家が何件かあるのです。これもまた海とともに生きてきたという感じが伝わってきましたね。
釣りをしている人もいて、流れが速い潮を眼前に見ながら、そこだけは少しゆったりとした時間が流れているように見えました。

そこからは歩いて赤間神宮まで行きました。

ここは源平合戦の時に8歳で二位の尼に抱かれて入水して亡くなった安徳天皇を祀っています。
竜宮城っぽい作りになっているのは二位の尼が「海の底にも都がありましょう」と言ったことからだとか。
調べてみると安徳天皇の陵はいくつかあるらしいのです。亡くなり方が入水ですから伝説も色々あるみたいですね。
ここは宮内庁が管理している陵ということで、看板?もありました。

他の地域にも宮内庁指定という陵がいくつかあるようです。直轄しているということはここが有力なのでしょうね。

そしてこの赤間神宮、他にも見所があるのです。これが境内図。

拡大してみますね。

平家一門の墓と耳なし芳一の堂があります。
これがまた華やかな境内の横にひっそりとあるんですよ…。さすがに写真を撮る気にはならなかったので、ネットで画像は探してみてください。
平家一門の墓は七盛塚とも呼ばれているみたいで、壇ノ浦の合戦で亡くなった知盛を初めとするお墓があり、二位の尼のお墓もあります。
「平家にあらずんば人にあらず」というほど権勢を誇っていた平家一門が、こんなにひっそりとした場所に弔われているなんて…。平家落人伝説は日本各地にもありますが(岩手にもあります)、源氏が天下を取ったこともあってか、お墓があっても名前が彫られていなかったり、墓石が伏せられていたりしているそうです。ここの墓石には名前が刻まれていましたが、平家の栄華を思うとやはり平家物語の「祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけきものもついには滅びぬ。ひとえに風の前の塵に同じ。」という冒頭文がしみじみと思われました。

そういうしんみりとした気持ちを抱えながら唐戸市場まで歩いていきました。お昼を食べるためでございます。

海沿いに歩道が整備されているので歩いていて気持ちいい

途中、ふぐのセリの像なんてものもあり

唐戸市場は魚のセリを行う場所で、魚屋さんもあるのですが、お寿司やふぐ汁、ふぐのから揚げなどが売られていて、好きなものを選んで買ってその場で食べることができます。観光地化しすぎていなくて、市場の雰囲気を感じながら買い物をしたり食事をしたりすることができます。

お店もたくさんあるんです。

私はフグの握りずしやノドグロほ炙りを食べました。ほんっとに美味しい!!

そしてふぐ汁。

フグのから揚げ

フグって刺身で食べると歯ごたえがあって美味しいし、汁ものにしても揚げ物にしても味が淡白で食べやすくて美味しいんですよね~。

お昼を食べたら高速フェリーで門司港に向かいます。二階に上って高速っぷりを楽しみました。

天気も良くて良かった~!!門司港観光については明後日頃にアップできるかな?明日は飲み会だからできそうにない
コメント

福岡三日目

2014-11-24 11:14:29 | SMAP
三日目は太宰府観光をしてきましたよ(^O^)/
三連休&七五三&紅葉で混み混みでした~。詳しくはあとで!


ライブはというと、今日もツートップ祭でした!
シングルを選ぶところでは、お笑い芸人の陣内くんが出まして、中居の夜空ノムコウの歌声をいじると、木村が抑え気味に「夜空ノムコウで歌いだしが一緒のやつのこと、悪く言わないでもらえますか?」と!か~っこいい!!

そして、ビートフルデイで五人が集まって肩を組むところでは、中居が木村さんの肩を組みまして、二日連続ドーム全体がどよめきました(^O^)/

MCでは慎吾がスマステから帰ると、剛が待っていて「スマステで(高倉)健さんのこと話した?」と聞いてきて焼き肉セットみたいなのがあったから「肉焼いてあげようか?」と言ったけど、肉って気分ではなかったらしいf^_^;

それを聞いていたゴロちゃんが「僕もその肉食べたよ」と言うと、木村さんが「それ俺」と言って笑ってました。ダンサーさんを連れて焼き肉を食べて、残りをケータリングに置いていたらしい。 「木村君が差し入れた肉だったんだ~」 とテンションが上がる三人(笑)
木村さんがダンサーを誘って焼き肉食べた話から、慎吾が「つよぽんがケータリングにいたから、あれ、誰かとご飯食べに行けば良かったじゃん」と言うと、つよぽんが「だって木村くんが誘ってくれなかったんだ」と寂しそうに言ってました。かわいそうでカワイイ。それを聞いた木村さんが慌てて「だって酔っ払ってできあがった剛がいたんだよ!」と。あまりの酔っ払いっぷりに誘いにくかったみたいf^_^;

そのエピソードを聞いたゴロちゃんが「俺も誘われなかった…」と落ち込んでました(笑)それに対して木村さんが「お前帰るのスゲー早かったじゃん!」とフォローしていましたが、ごろちんコントの時も「木村君に焼き肉誘ってもらえなかったことで落ち込んでます」と言ってたので、相当悲しかったと思われます(笑)

肉の話はまだあり、九州のお肉美味しいよねとゴロちゃんが言うと、中居が「木村の腕の肉食べればいいんじゃね?」的なことを言ってました。確かに木村さんの二の腕は美味しそうですo(^-^)o

中居がビートフルデイで「福岡楽しかったー!」と叫び、大盛り上がり!嬉しいけど、中居が福岡でどう過ごしてたのか話してくれないから全くわからなかったよf^_^;いつかラジオで話してくれるといいな。

C5からのYesweareがあまり好きではなかったのですが、三日目のYesweareは涙が出てきました。それくらい情感がこもってて良かった。

私は双眼鏡で中居を追っかけていることが多いのですがファンサービスを見ていると本当に涙が出てきます。丁寧で優しさを感じて…。ご機嫌ななめの時もあるので腹が立つ時もあるのですが、いい時きの中居を見てしまうと許してしまいます(笑)まさにアマノジャクなんだよなぁ。掴めそうで掴めない、掴まえさせてくれない男です(笑)

これ、飛行機の待ち時間に書いてるんですが、コンサートの内容を思い出して、ニヤニヤしたり、しんみりしたり…。怪しい人だなf^_^;では、続きは夜に(書けたらいいな)。
コメント

福岡二日目

2014-11-23 01:00:12 | SMAP
今日はすごいものを見た。
ベッキーがドームに来てて(ベッキーはスマヲタです)、中居に帽子を深く被らないで欲しい、ファンをちゃんと見て欲しいと言い、「しようよ」をリクエスト。


するとなんと中居がしようよで木村に近づき、木村がガシッと肩を組むというサービスが!!悲鳴があがり、ドームはしばらくどよめいていました。


そしていつもは素敵な白衣装なのに帽子を被ってしまうところでは、帽子なしで登場!!ご機嫌よく、喉の調子もよく歌い踊り、ビートフルデイでは「みんなありがとう!」と叫び…。


木村さんは肩組みの後からテンション高く、感じっこ出しまくり!

とにかくもう、今日は貴重なものを見た。いつもなんだけど、ファンサービスしたり、他のメンバーを思いやる仕草に胸がキュンとする(引かないでね)


慎吾の5Rでの「なんね」がかっこつけ色気がすってき~!!です。
明日は福岡ラスト。私のMr.Sツアーも最終日です。寂しいな…。チケットも譲ってもらえたのでら楽しんできます!!


今日は下関と門司港に行ってきました。夜はもつ鍋♪満喫しております。詳細は帰ってから方向します(^O^)/
コメント

福岡

2014-11-22 07:11:44 | SMAP
昨日からSMAPのコンサートを見るために福岡に来ています。
こっちは暖かくて私にとってはコートいらずです。

昨日のコンサートも楽しかった~!下三人で水炊きを食べに行ったそうです。それを聞いた中居と木村が「誘われてない」と言ってて、木村が中居に「二人で食べに行こう」と誘ってるのが可愛かったな。


コンサート終わりに私たちも八風という以前行ったことのあるお店で水炊きを食べましたよ。
コメント

リニューアル

2014-11-19 21:54:18 | コスメ
久々にコスメの話題を…。

予約していた資生堂のアルティミューンを引き取ってきました。

正式名称はアルティミューンパワライジングコンセントレートという美容液です。
予約して買ったのでミニサイズもおまけでついてきました♪ラッキー
その人が持つ肌本来の強さを生かすという美容液。
香りは植物っぽくて、乳液よりもさらっと馴染みます。これを使い始めてから、肌が滑らかになった気がします

それからリニューアルしたクレ・ド・ポー ボーテのファンデーションやマスカラなど。

左から、マスカラシルエトフェ、タンフリュイドエクラ、パンソー、ヴォワールトランスパランです。
マスカラは細部まで塗れる優れものです。
ファンデと下地はリニューアルしたのでそのまま購入したのですが、今回購入した新しいアイテムはファンデーションブラシです。
これは便利ですね。私は基本指でつけているのですが、このブラシであれば指紋の影響を受けなくていいし、何より手が汚れない!
最高の時短アイテムです。

最後はリップクリーム。

これもクレドのものを買っちゃいました。初めてつけてもらったのですが、その滑らかなつけ心地、うるおいに驚きました。
BAさんは「リップクリームというより美容液です」と仰っていましたが、まさにその通り!
口紅一本買える値段だったけど仕方がないそれくらいの価値はある商品だと思います。

そしてクレドのクリスマスコフレのフェイスパウダーを予約してきましたよ♪
職場に置いてあるシャネルのフェイスパウダーがなくなったので、その代わりにする予定です。
楽しみだな~
コメント

村主章枝選手引退

2014-11-13 20:59:18 | フィギュアスケート
今日、私がフィギュアスケートにハマるきっかけをくれた、村主章枝選手が引退を発表しました。
東日本大会の結果から全日本選手権に出場できないということになった時に、少し予感はしていました。

うちは毎年NHK杯を見る家でして…そのため自然とフィギュアに馴染みがあったのですが、試合を見に行くほどハマるきっかけをくれたのは村主さんです。最初に見たのはこの演技だっただろうと思います。






高さのある軽いジャンプ、小気味よいステップ、スピンの速さ、そして表現しようという気持ち。
まだまだ幼くぎこちないところがありましたが、私には魅力的に見えました。
ですが残念ながら長野OPには出場できませんでした。

そして次のシーズン。





見違えるほど洗練された動きの村主選手がいました。
夢中になってなんども録画したビデオを見たのを覚えています。
信夫先生、若いですね♪
アジア版クワンとも呼ばれていました。

そしてソルトレイクOPシーズン。カナダ大会の演技を見て、オリンピックの枠に一番乗りだろうと思っていたのに、NHK杯で順位を落としてしまい、その時調子が絶好調だった恩田選手が内定しました。そして全日本で荒川静香選手との一騎打ちになるのです。手に汗握りながらテレビを見ていたのを覚えています。村主選手が全日本で優勝し、ソルトレークOPに出場しました。SPはアヴェマリア、FPは月光、どちらも素敵なプログラムです。










オリンピックではいい演技でありながらも滑走順が影響し、フリーでは最終グループに入ることができませんでしたが、初出場5位入賞を果たします。このシーズンでは村主さんの「良い時も悪い時もある」という言葉に救われたことを思い出します。厳しい練習をしているのに本番で力を出せないことがあるのかと。そして信夫先生の教え方?メンタルの持って行き方?に興味を持ちました。

翌年2003年のグランプリファイナルでは初優勝します。
この演技の最後の方で信夫先生が「スピード!スピード!」と声をかけるのが印象的です。滑りにこだわる信夫先生が現れている部分です。





そして順調にキャリアを積み、トリノOPシーズンを迎えます。しかしシーズン序盤でケガをして思うような練習ができなくなってしまいます。
荒川、安藤が内定し、残り一枠を全日本選手権で中野友加里と争うことになりました。
その全日本、SPを自宅でテレビで見た私は、どうしても現地で応援したくなり、テレビ放送を見た後、新幹線に飛び乗り東京の代々木に向かいました。時期はクリスマス。ジングルベルが流れる中、ビジネスホテルにチェックインし、翌朝当日券に並ぶためにさっさと眠りました。
そして早朝から当日券を購入するために並び、無事生で見ることができたのでした。
6分間練習のあのピリピリとした緊張感、満員なのにシーンとした静寂の中でジャンプの音だけがする空間。お客さんもあまりの緊張感で無言だったのが印象的でした。そして村主さんの演技。もうとにかくミスなく滑りきって欲しいという祈るような気持ちで演技を見守りました。





演技が終わってスタンディングオベーション。そして涙でした。優勝を見届けて家路に着いたのでした。





このSP、本当にカッコよくて好きだったな。何度も見ました。もっと点数が出ても良かったのにと悔しかった。





FP…緊張して思い通りには滑れなかったように見えました。でも大きなミスもなかったので、昨日のSPでもっと点数が出ていたら表彰台に上がれたのに!と思うと本当に悔しかったです。この動画ではありませんが、日本版の解説では佐藤有香さんが解説をしていて、とても嬉しいことを言ってくれていて、それを泣きながら聞いていたことを覚えています。本人が一番悔しかっただろうなと。


その後は佐藤コーチから離れて、コーチを変えたり所属を変えたりしながら現役にこだわっていました。
批判する人もいたし、思うような成績が出ないし、インタビューでの発言を聞いたりすると正直ファンでいることに迷いを覚えたり(失礼!)するときもあったのですが、それもまた村主選手らしいなと応援していました。
そして今日、引退するということを知り、とうとう来たかという思いと、やっぱり寂しいという気持ちもあり…。
私も自分のフィギュアファン歴に一つの区切りがついたなと感じています。

全日本選手権で村主さんに投げたプレゼントと手紙の返事が年賀状で届いたっけ。今でも私の宝物です。

本当にお疲れ様でした。スケートを好きになるきっかけをくれてありがとう。素敵な演技をありがとう。
今の若いスケーター達が世界で活躍できているのはもちろん本人たちの力もあると思いますが、村主&荒川が伊藤みどり・柳沼純子引退後の日本女子フィギュアスケート界を牽引してきたのも事実です。本当にお疲れ様。
今後の振付師としての活躍を楽しみにしています。
コメント