もんもん日記

日々のよしなしごとをつれづれなるままに書きなぐります。

春旅行(その1)

2016-04-04 14:35:16 | 旅行
4月1日から2泊3日で京都・神戸方面へ同期採用の方と一緒に旅行に行ってきました~
年度末を乗り切り、新年度を始めるにあたって英気を養いたいなと思ったからです。
目的は京都の桜と法然寺の特別拝観でした

行きの空港で卒業したばっかりの生徒の声をかけられ(笑)出発も荷物の重さを測る機械が故障したため30分遅れるという波乱のスタート
最初に訪れたのは銀閣寺!
哲学の道の桜が満開でしたよ。

外国人の観光客がたくさん!!耳慣れない言語が飛び交っていました。
でも、金曜日ということもあり歩くのが大変というレベルではなかったので一安心。
お寺や神社と桜、桜と京都の町並み、とってもマッチしています。


銀閣寺では春の特別拝観を実施していて、国宝の東求堂を見ることができました。
あまり知られていないのか、私達を含めて6人での拝観となり、説明をゆっくり聞くことができました。ラッキー♪
写真撮影はできませんでしたが、浄土信仰と禅の世界を垣間見ることができました。
同仁斎から見える庭園の素晴らしいこと!!(写真はありませんが、見事でした)
香座敷に行く途中に見ることができた庭園です。美しいですなあ。

与謝蕪村の飲中八仙図も表情豊かで素晴らしかったです。見られる機会があったらぜひ!!
銀閣寺は西芳寺(通称苔寺)を模して作られたと聞き、今度は西芳寺に行ってみたいなと思ったのでした。

それから4月ということもあったのか、お釈迦さまの像に甘茶をかけて拝むことができました。灌仏会ですね。
「天上天下唯我独尊」(人間一人ひとりが一つしかない命をいただいている尊い存在である)と姿を表している像に甘茶をかけてお参りするのです。

他のお寺でもこの時期になるとする仏事?だと思うのですが、なかなか遭遇することができず…。
なので、思いがけない機会にテンションが上がっちゃいました

法然院が16時で閉まるというので急いで移動。坂を上って山門へ。

話には聞いていましたが、雰囲気のある山門ですね。
山門を入ると両側に白砂壇があります。ここを通ると心身を清めて浄域に入ることを意味しているのだそうです。



椿の庭。椿はもう散っていましたが、その花びらが落ちている姿も美しいです。


写真は撮れませんでしたが、本堂のご本尊様の前には二十五菩薩を象徴する二十五の椿が綺麗に散華していました。
パンフレットの写真で雰囲気をお楽しみくださいませ。

土塀も綺麗でしたよ。

帰るころには山門が閉まっていました。


法然院を見た後は京都御所の近くにある菅原院天満宮へ。菅公御産湯の井があります。病に効くということで親友の病気の平癒を祈願してきました。
お水を汲めるようになっていたので飲んでみましたが、柔らくて少し甘いお水でした。ペットボトルを持って来れば良かったなあ。

その後、神宮丸太橋駅に移動して早めの夕食を食べました。京都ご飯の漫画に載っていた微風台南というお店です。

パイナップルビールを注文しました。これ、美味しいですね~。どっかで売ってないかな。

それから酸っぱめのお鍋。
焼き肉まん、みたいなもの。

海老チャーハン。煮卵をつけて。ルーローハンが美味しいとのことでしたが、海老が食べたくてこちらにしました。
ナンプラーを家に常備しておきたくなっちゃいましたよ。

京都はもちろん日本料理や洋食も美味しいですが、アジア料理のお店もたくさんあって、それを食べるのも楽しいですよ♪

夜は桜のライトアップを見てきました!さすがは京都。清水寺や高台寺、東寺などで桜の季節に合わせてライトアップが行われています。
私たちは二条城の桜のライトアップを見てきました。

門の細かい細工もライアップされていて、とても綺麗に見えました。


夜桜もまた綺麗です~♪

お琴の演奏会も開かれていて驚き。雅でした。
もちろん花より団子(笑)

二条城は修理中だったのですが、その壁にもライトで桜が描かれていて粋な演出をしていました。


人出も多すぎず、見やすかったです。
というわけで一日目終了!
コメント   この記事についてブログを書く
« NHK杯フィギュアスペシャ... | トップ | 春旅行(その2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事