広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今週末、横浜FC戦、予習

2016-03-11 12:40:47 | サッカー(JEF千葉)
今週末にジェフと対戦する横浜FCについて予習。

第2節の横浜FCー松本山雅を録画観戦。
結果はホーム横浜FCが0ー2で松本に敗戦。

キックオフの笛とともに、前線からプレスをかける松本山雅。
目まぐるしくボールが動く中、開始1分松本側の陣地から横浜FCの最終ライン裏へのフィード。これを松本山雅の山本が左タッチライン近くで収め抜け出すと、ゴールライン近くまで持ち込み、角度のない所から豪快に左足を振り抜く。GK南はボールスピードに反応できずに失点。

いきなりのハイプレスと失点に面喰らった横浜だったが、徐々にではあるが落ち着きを取り戻していく。ハイプレスをかいくぐりビルドアップを試みる。
横浜のフォーメーションは4231(4411?)
しかし最終ライン4人とボランチ2人ではボールが回るものの、松本が中盤を厚くしている事と帰陣の速さで、横浜FCの前線まではボールが繋がらない。
またピッチも小雨、豪雨となる中、ミスからボールが繋がらなかったり、トラップが大きくなった所を奪われたりした。

どうにか追いつきたい横浜FCだったが、次の得点も松本山雅。CKから失点。
マークを外されドンピシャヘッド。

後半75分、横浜FCのCKからシュートしたボールを松本山雅の選手がエリア内でハンドしたとの判定でPKゲット。
しかしキッカー小野瀬は、ふかしてしまい得点ならず。

そして中国リーグから移籍即スタベンのイバ選手(ノルウェー/モロッコ国籍、190センチの長身FW)は78分からの出場。
交代直後にアーリークロス気味にイバを狙ったボールが2本供給されたが、合わず、その後は監督の指示か(ラストパス?ラストクロスをいい形でイバに渡せという指示があったのか)、周囲のパスワークが目立ったが、逆にイバに渡る前に松本山雅に防がれてしまい、イバの見せ場はほとんどなくなった。しかし単騎での突破の試みやボールチェイスなどコンディション自体は悪くはなさそう。

試合全体では、雨中でのボールコントロールなど基礎スキルに山雅との差が感じられたり、山雅のハードワーク或いは連動した形で相手に自由にさせない守備などが目立った。
これにより横浜FCは、開幕戦と2節をホームで開催できるというアドバンテージを生かせず2連敗となった。
また開幕から未だノーゴール。


コメント   この記事についてブログを書く
« 岡山戦、惜しい。 | トップ | 横浜FC戦、少ないチャンス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サッカー(JEF千葉)」カテゴリの最新記事