単複どうでしょう

年間プラス収支を目指して、単複馬券の予想とレース回顧を記録します。★「厳選未勝利」予想はじめました!

予想:宝塚記念(2010)その2

2010年06月27日 01時19分01秒 | 予想
3回阪神4日 第51回 宝塚記念(GI) 2200m 芝・右 の予想その2です。


 予想その1 | 予想その2 | レース回顧 |

 福島土曜3鞍 | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)




有馬記念の再現か!?リベンジか!?それとも違う馬が勝つのか!??
2010年宝塚記念(GI) 芝2200mの予想その2
です。



土曜の阪神競馬をテレビで観ました。

雨凄いですね!!

馬場も不良・・・って。

これはロジユニヴァースが勝った日本ダービーの馬場みたいになるのか!??

・・・さすがに、そこまではいかないか。



ってことで、明日の神戸の天気を確認しました。

天気は「雨時々曇」。

降水確率(%)は50~60%。

まぁ、雨は降りますね。

これだと馬場状態の回復は見込めない・・・と予想したいと思います。



となると・・・



ロジユニヴァースにとっちゃ~、いいんでしょうね!!

・・・しかし、人気がアップするのかと思ったら、それほどでもないですね。

前日オッズは、ドリームジャーニーと並んで4番人気の7.8倍です。



上位の単勝オッズを確認したいと思います。


1位  2.9倍 ブエナビスタ
2位  5.8倍 ジャガーメイル
2位  5.8倍 アーネストリー
4位  7.8倍 ドリームジャーニー
4位  7.8倍 ロジユニヴァース
6位 15.7倍 フォゲッタブル
7位 19.1倍 セイウンワンダー
8位 20.2倍 アクシオン


このくらいにしますか。




1番人気のブエナビスタで3倍弱ってオッズですか。

みなさんかなり迷いがあるようですね。

もう少し人気すると思いましたが・・・。

なんでだろ。

これだと、ブエナビスタの単複でいいんじゃねーか!?って思っちゃいます。




・・・56kgの斤量が初めてだから!?

まぁ、確かにそういう見方はできると思うし、予想その1でも書きましたし、理解できなくはない。

でも、これまで3着以内を外したことがないブエナビスタですよ!!

これくらいはクリアできるでしょう。

もっと人気していいと思います。




雨と馬場?

これはどうなるか、わかりませんね。

ラストの切れ味が削がれるってなると、単勝の売れ行きがイマイチになるのも納得感ありです。

重、不良馬場もこれまで経験がないし。

ってか稍重すら走ったことがないんですね、ブエナビスタって。

へぇ~。




・・・やはりブエナビスタの単複がおいしい気がする。




とはいえ、他の馬もしっかり調べておきましょう!!



ブエナビスタが初斤量、初不良馬場ってことでイマイチ人気が出ていないとすると・・・

重、不良で[1・2・0・0]という成績を残しているジャガーメイルが2番人気になっているのか!?

京都記念ではブエナビスタの2着ですし、天皇賞を勝って勢いがあります。

そうなるとジャガーメイルが逆転することもあり・・・という世間の目ですか!?




ジャガーメイルの重、不良での成績をもう少し見てみると3歳時の500万下が2つと昨年の目黒記念の2着です。

3歳時の500万下の話は置いといて、それより、目黒記念ですね。

これは、ロジユニヴァースが勝った日本ダービーの日に行われたレースで、相当な不良馬場だったんですよね。

で、この目黒記念を勝ったのは、ミヤビランベリでした。

ジャガーメイルは、5馬身ちぎられた2着。

不良馬場がうまいって感じは受けませんでした。

でも、その後ろはさらに離れた位置にいたので、うまい方に入るのかもしれませんけど。




3番人気アーネストリーはどうなんでしょう。

金鯱賞を勝った時は、これは・・・と思いましたが、ここまで人気するとは思いませんでした。

なんでこんなに人気になっているんだろう。

複勝、馬連もしっかり売れているので、誰かがブッコミを行ったとも思えません。

普通に人気になっているんでしょう。

金鯱賞からのローテは実績がありますからね。

昨年2着のサクラメガワンダーも金鯱賞からのローテでした。

・・・今年は京都競馬場だったのでどうなるのか。

ん?サクラメガワンダーアーネストリーも父がグラスワンダーですか!!




アーネストリーは初GIですよね。

安田記念は初GI出走だったショウワモダンが勝ちました。

ここでも初GI出走のアーネストリーが勝ち負けできるのか!?

・・・そうは考えにくいんですけど、どうでしょう。

人気薄ならまだしも、ここまで人気してしっかり走れますかね!?

安田記念はGI馬が1頭しかいなく、レベルが低かったと思っています。

それと比べると、今回の宝塚記念は、GI馬が5頭も出走!!

初GI出走のアーネストリーがどこまで善戦できるか。




・・・とか言っても、馬たちはそんなことわかっていませんからね。

でも、GIはGII、GIIIとは違うんだと思います。

GIって周りの人間がその環境を作り上げたり、騎手たちが興奮状態になって、レースの雰囲気がいつもと違うとか、ペースが他のレースとは違ってくるとか・・・その他モロモロ。






ということで、ジャガーメイルアーネストリーは単複の対象からは "消し" とします。

こうでもしていかんと答えが出ないので・・・。




他の馬もサラッと・・・。



ドリームジャーニーは、展開が向かない・・・と思うので、もうそれだけで十分でしょう。

GIと言えど、ハイペースにはならないと予想していますので。



ロジユニヴァースは、狙い目だと思います。

デビュー以来、間隔を空けて使われてたと思いますので、中12週って間隔は問題にならないでしょう。

天皇賞(春)の予想の時に、日経賞はレベルが高かったと評価しているし、ダービー以来の久々のレースで2番手を追走して、最後は脚がなくなり6着に敗れましたが、着差はコンマ3秒。

万全ではない中で、力は十分に示したと思う。

その日経賞よりも状態が上向いているとのことなので、ここでも勝負になりそう。

意外と人気していないようなので興味津々です。



フォゲッタブルは、中間の順調さを欠いた天皇賞(春)で1番人気に指示されましたが、1.6秒差の6着。

これは力を出し切れずに負けたと理解すると、巻き返しの可能性は十分あると思います。

今回は中間もしっかり乗り込めているし、最終追い切りも全体時計が速く状態が良さそう。

陣営も状態面のアップは公言しているし、楽しみ。



セイウンワンダーは、前走からさらに上積みが見込める気がします。

中1週のローテーションが厳しい気がしますが、好走する可能性は十分。



アクシオンは、中間の動きが良いと思えないので、ここでは "消し" 。




ここまでだと、ブエナビスタロジユニヴァースフォゲッタブルセイウンワンダーが残ってます。

この他の馬にも目を向けたいと思います。




どうも気になる馬がいます。

その名は、ネヴァブション

芝2200mのGII AJCCを昨年、今年と2連覇を成し遂げた。

距離適性はバッチリでしょう!!

鞍上も安田記念を勝って勢いを感じる後藤騎手!!

不安要素として大きいのは、GIでの実績でしょう。

これまで国内で6回のGIに出走しているが、掲示板に載ったことすらない。

前走は香港のGIで4着になっていますが、スローの流れでハナを切って粘ってのもの。

GIってクラスになると歯が立たないと見るのが普通かな。

昨年は天皇賞(春)で13着に大きく負けて休養に入り、秋はJCから復帰し、調子が上がらないまま、JC 10着 → 有馬記念 12着と終わった。

今年はAJCCを勝って、日経賞も直線で不利がありながらコンマ1秒差の4着。

香港のクイーンエリザベスIICは馬体がマイナス18kgと大幅体重減もきいていたんだろう。

それでも4着なんだから、7歳にして充実期を迎えたか!??

中間の調教もしっかり乗り込んでいて時計も上々だと思う。

これは狙う価値ありか!???




このくらいの中から1頭に絞りたいと思います。

スローになるとは言え、やはりGI!!

そして不良馬場だとすると、結構タフなレースになるんじゃないかと思います。

タフな馬で、小回りのきく馬・・・そんな馬が勝つんじゃないですかね。





やはり底力ってところを重視すると、ロジユニヴァースが良いと思います。

不良馬場の日本ダービーでも結果を出しているし、それ以来の久々となった日経賞でもしっかり力は出して僅差の6着。

阪神競馬場では2戦2勝って経験もあるし。

札幌2歳Sや弥生賞を勝っているから、小回りには問題ないでしょう。




2010年 宝塚記念(GI) はロジユニヴァースの単複でどうでしょう!!



3連複を買うなら、フォーメーションで・・・

1頭目 ロジユニヴァース
  |
2頭目 ネヴァブションフォゲッタブル
  |
3頭目 沢山

ってところですね。




 予想その1 | 予想その2 | レース回顧 |

 福島土曜3鞍 | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「ロジユニヴァースの復活に期待!!!」というあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>







最新の画像もっと見る

コメントを投稿