文珠川慧久の道楽帳2

turezure naru mama ni

サイクリング:LYNSKEY 宮ヶ瀬ダム

2019-10-20 | 自転車
台風19号の爪痕が残る中をサイクリングしました。途中「古民家カフェよってけさん」が開いていたらクッキーを補給して行く予定でしたが、本日は(後で知りましたが)清川村クリーンナップデイになっていてスタッフのみなさん総出で地域のお掃除だそうです。そういえば、結構多くの人が歩道や道路のゴミ拾いをしていらっしゃいました。おかげさまで路側帯を安全に走行できるようになっていると思いますので、恩恵を受けているひとりとして、お礼申し上げたいと思います。

昼食用に清川道の駅にて「半原パン」のミニフランスパンとミニあんぱんを入手しました。ちなみに、清川道の駅ではプラスチックを減らす一環としてレジ袋の有料化に移行しておりました。小生はサドルバックラージがあるのでレジ袋不要です。

清川道の駅で「古民家カフェよってけさん」の元気な理事長さんに偶然お会いしました。清川道の駅と清川村役場駐車場とが通りに向かい合っているのですが、村役場の駐車場から通り越しにお声がけくださったというわけです。お声がけありがとうございました。理事長さんは、これから清川村クリーンナップデイに出動するところだったそうです。皆さまお掃除ありがとうございます。



宮ヶ瀬湖南端の湖面に浮いた流木など。そういえば以前、台風一過の津久井湖までサイクリングしたときにも流木などで湖面が覆われていましたが、津久井湖では水面が全然見えないほどでしたから、それに比べると宮ヶ瀬湖はほとんど湖面が見えていますね。


水位の上昇した宮ヶ瀬湖の湖面




宮ヶ瀬湖の湖面水位が「やまびこ大橋」の橋脚のここまできています。これでも台風19号のピーク時の水位(必ずしも正確なピーク時の状況ではないかもしれませんが地元の方が撮影してこんなの初めてだと驚いている写真をfacebookで拝見しました)に比べたら、それでも1mくらい水位が下がっている模様です。


ちなみに、秋晴れの2019-10-01に同じ場所を撮影した写真がこちらです。


パノラマ写真です。


宮ヶ瀬湖畔園「水の郷大つり橋」


宮ヶ瀬湖畔園「親水池」


今日は水分補給ボトルを1本にしてみました。サドルバッグはラージを取り付けてきました。この場所で「半原パン」をいただくつもりだったのですが、小さな羽アリが大量発生していて、それが飛び回りいたるところに取り付くので、別の場所でいただくことにしました。


宮ヶ瀬湖畔園側から再び「やまびこ大橋」を渡ったところで景色を楽しみながら立ち食いにて腹ごしらえすることにしました。


前方に見えるのは「宮ヶ瀬トンネル」です。


左側に「宮ヶ瀬」。


前方に見えるのは「梅の木トンネル」です。




トンネルの手前に捨看を見つけました。2019-11-03(日曜日)午前9時15分から「清川やまびこマラソン大会実施」周辺道路の混雑が予想されます。迂回にご協力をお願いします。清川村 清川村教育委員会。と書いてありました。




この道を進んで行くと左側に道なりにすっと入っていける「宮ヶ瀬ダムへの入り口」ゲートがあります。それは知っていたのですが、いつもなんとなく素通りして、もう数百メートル行ったところを右折して仏果堂さんでお茶をする癖がついておりましたが、仏果堂の関係者でもある知り合いから、こんなのあるよーと教えてもらったので今回は行ってみようかと・・・思いまして・・・宮ヶ瀬ダム入り口のゲートには守衛さんがいらっしゃいます。自転車で入っていいかと訪ねましたところ、いいよ、との回答でした。ただし駐車場のところの車止めよりも先は、自転車を降りてくださいとの指示でした。

こんなのあるよーと教えてくれたのは「宮ヶ瀬ダム Lake Side Cafe」というお店です。宮ヶ瀬ダムの「水とエネルギー館」の一階にあります。水とエネルギー館の建物の前には大きめのサイクルラックが二つ設置してありました。駐車場と「水とエネルギー館」との間の広場はヘリポートとしても利用されるようです。これだけ広いと自転車大会のスタート地点に使えるんじゃないかと・・・

宮ヶ瀬ダム駐車場


宮ヶ瀬ダム周辺のご案内看板です。この絵図を見ていて思ったのですが、現在位置からダムの上を通って向こう側へ渡ると、あいかわ公園を突っ切って服部牧場まで抜けられるなー。


実際に思った通りでした。


自転車を記念撮影しました。写真奥がダムです。


レイクサイドカフェ サイクルラック二つあります。写真の左に少しだけ写ってますが全部写しておけばよかったです。


「水とエネルギー館」の前から駐車場を眺めたところです。写真では左側の地面に白でHとペイントされているのが見えます。


インクライン乗り場です。ダムの上とダムの下にある「愛川第一発電所」との間を往復しています。写真を撮った時には、今度の発車は2番線です、とありました。交互に上下しているからですねたぶん。料金は、大人(中学生以上)片道300円往復だと500円、子供(小学生)片道200円往復だと300円、幼児(4歳以上)片道100円往復だと150円です。通常時刻は10:00〜16:45(12:10〜13:15平日は運休)、冬季(12月01日〜03月第三金曜日)は土日祝飲み運行で10:30〜12:10及び13:15〜15:45、6〜10分間隔で運行の模様。


すごい急勾配。




ダムです。写真の左側から右側へとダムの上をこれから自転車を押して歩いて渡っていきます。


ダム中央のあたりから下を覗き込むと・・・ きゃー お尻がムズムズしてきます。


ダムを渡り切ったところからの眺めです。写真の左がダムの壁とインクライン。放水は濁流色してますね。




自転車を撮影しておきます。


このアングルは臨場感のある写真になっているかしらん。ちなみに本日のサドルはWiggleで投げ売りしていた Astute - Star Lab VT チタンサドルであります。結構いいです。


ダムの北側




ダム事務所。本日は休館でした。


道路は服部牧場へとつながってます。


服部牧場を後にして、仏果堂で、美味しいコーヒーで一休みしてから帰路につくことにしました。
コーヒー美味しかったな。さあ帰ろう・・・

相模川も濁流です。相模川に流れ込む支流の水と色が違います。






本日のコースログです。


ダムの予備放流と洪水防止についての社会問題提起の報道があります。


2020年の東京オリンピックの自転車ロードレース競技への影響を心配する報道があります。
コメント   この記事についてブログを書く
« サイクリング:BROMPTON 千... | トップ | サイクリング:バックミラー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事