文珠川慧久の道楽帳2

turezure naru mama ni

ドコモ T-01A で Tethering できるようにする方法

2010-05-05 | Weblog
WM6.1, WM6.5共通の手順

(1) T-01Aは,3Gネットワーク接続が活性化している最中にWi-Fi及びBluetooth機能を活性化させないという東芝(ドコモ)独自の制約が実装されている。これは仕様であり,取扱説明書に同時接続しないようにと書かれている。
(2) 3G・Wi-Fi・Bluetoothの同時接続制限を回避するために,Disengage2.exe というソフトウェアをWindows Mobile OSの「Windows」フォルダにある「スタートアップ」フォルダへ入れる。これは,Windows Mobile OSの再起動時に自動でDisengage2.exe が立ち上がるようにするため。
(3) WMWifiRouter-International.cab をインストールする。
(4) T-01Aの電源ボタンを10秒以上長押しして再起動する。

T-01Aは,以上の処置によって,ドコモ3Gパケットデータ通信ネットワークへのWiFiアクセスポイントを提供する装置になります。PC側の無線LANの設定は,アドホックモードを用います。T-01Aが利用するAPNは「Biz・ホーダイダブル」定額専用の mpr.bizho.net となります。

写真は,ELECOM Bluetooth Wireless Keyboard TK-FBP013BK と Targus Bluetooth Mouse と T-01A です。これならある程度ノートパソコンの代わりになりそう。旅先でのメールチェック,インターネット検索,ブログの更新,そして電話に使えそうです。

T-01Aは,ゴールデンウィーク後半の道楽として昨日,本体価格の総支払額ゼロ円にてビックカメラにて入手しました。入手してすぐにWindows Mobile 6.1から6.5へのアップグレード手順に従って実行しました。いろいろといじくり回しているうちに,「Pocketの手」だったか何かお手軽レジストリ操作ソフトをインストールして,レジストリのバックアップというのをやったあと,いくつかのレジストリをいじって遊んだあと,レジストリのリストアをしちゃいました。そしたら,いろいろなエラーが出まくるようになってしまいましたので,もう一回Windows Mobile 6.5を上書きできないかと思って試みましたがダメでした。そういえば,6.5にアップしたあと端末がセンターへIMEIを報告したみたいですからダメなんでしょうねたぶん。その後,PCからUSBケーブル経由で巨大なファイルをT-01AのmicroSDメモリへ転送中に,うっかりT-01Aのリセットボタンを押しちゃいました。そしたらNTT docomoという白いロゴが表示されるのですが待ち受け画面にならなくなりました。昨日の今日ですが早速故障ってワケです。ドコモショップに持って行きました。それでまたWindows Mobile 6.1に戻りましたので,しばらくこのまま使ってみることにしました。WM6.1はWM6.5に比べるとBluetooth Mouseのカーソルの動きが軽やかです。また,マウスのセンタースクロールホイールが使えるアプリケーションがWM6.5に比べて多いですね。ただし,WM6.5に比べてWM6.1では,突然再起動になることが結構多いですね。

コメント   この記事についてブログを書く
« X02HTをWindowsXPのPCへUSB接... | トップ | ドコモT-01A (Windows Mobile... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事