曾根崎キッドの日々

現実の街、大阪「曽根崎デッドエンドストリート」。そこで蠢く半架空の人物たちによる半現実小説、他ばか短編の数々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その68

2008-05-09 17:01:46 | 続き物お話
 実際には数秒の出来事だったのかもしれない。
 しかし、さゆりは、時間の袋小路に嵌まり込んで出口のない迷路を彷徨っている。身体の奥の疼きと、そしてその声を伴いながら。時間はどこまでも割れていくのだった。
 
 曾根崎キッドはカーテンから「なんちゃって」と顔を出した。オトコと夏木マリと目が合ったが、「ニッ」と笑ってまたカーテンの中に隠れ、影絵を再開した。

 オトコは「うわっ」と声を出し、その際に足を滑らせ、さゆりの腰を抱いたままあん馬から落ちていく。さゆりとともに。夏木マリはキッチンの方へと走っていく。曾根崎キッドは影絵を熱心にやっている。オトコはひっくり返り、背中から床に落ちようとしている。さゆりとともに。夏木マリはキッチンの中へと走り込む。曾根崎キッドは影絵中である。オトコの背中が床に着く。背中に衝撃が走るが更なる衝撃とはその後のことである。さゆりは手であん馬に最後までしがみついていたから、尻餅をつくようにオトコの上にのしかかる。夏木マリはキッチンの中に隠れてしまう。曾根崎キッドは影絵に飽きてしまう。一体何をしているのか、自分でもわからなくなってきた。オトコは仰向けに落ち、さゆりの尻は繋がったままオトコの下半身を間髪入れず直撃する。男女の悲鳴が部屋中に響き渡る。

 曾根崎キッドは慌ててカーテンを開けるが、そこで見たものは曾根崎キッドをその後三日間、狂わせてしまう光景だった。

 曾根崎キッドはブラジルのサッカー選手がゴールした時によくやる「ゆりかごパフォーマンス」のような赤ちゃんを抱いて左右に揺するように手を動かしながら走ってドアまで行き、飛び出した。ドアの外にはさつきとミファソのおじいさんがいたが、曾根崎キッドの様子を見てただごとではないと思い、横によけようとしたが、その間をさつきとおじいさんを蹴散らすように「うぇー・きょえー・らぇー」と聞いたこともないような言葉を口走りながら階段のドアを開けどこかへいってしまった。                                (つづく)

コメント   この記事についてブログを書く
« その67 | トップ | その69 »

コメントを投稿

続き物お話」カテゴリの最新記事