デパートで迷子★そのまま大人

毎日のいろんなこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうでもいい話(10/30)

2009-10-30 06:06:42 | どうでもいい話
どうでもいい話。

①探偵物語

今年は松田優作没後20年ということで、
ドキュメンタリー映画(個人的にはマイケルのやつよりこっちを観たい)、
松田優作モデルのジーンズ発売などの行事が盛りだくさん。

その中でも一番身近なのが代表作の探偵物語の再放送。
(どれくらいの地域で放送されているのかは謎だが)

その探偵物語だけを観ても松田優作のオーラを感じられる。

男らしさとか女らしさとか社民党の嫌いそうな言葉を使って例えるなら、
男らしさ満開の格好良さといった感じ。

②ドラクエ9

一時期よりもペースは落ちたがコツコツやっているドラクエ9、
とうとう自分よりも後にやり始めた妻に(ストーリー的に)抜かされてしまった。

パパッとクリアしてしまう予定だったが、
どうも終盤になってくると妙に進めるのも惜しくなってしまう。

それでコツコツと転職しながらレベル上げと
とばしてきたクエストをやっている。

・・・のだが、ゲームとはいえ本当に面倒なクエストが多い。

進めるのも惜しい気持ちになるし、
クエストは面倒くさいし、思わず悩んでしまいます。

③2歳児との勝負

一応、出張先から毎日妻に電話をしていて、
その時に我が家の第一子「ひな」(2歳半)とも話をしているのだが、
最近「ひな」に適当な扱いを受けている感じがする・・・

と、いう被害妄想を持っているので、
話すのを我慢していて、どっちが先に寂しい気持ちになるかを勝手に競っている。

でも、それって自分を忘れられそうな気がするなぁとも思うのです。
コメント

すずめすずなり

2009-10-27 16:29:45 | 本の話
全3巻をもの凄いスローペースで読んだ「すずめすずなり」。

コピペによるあらすじ

駅徒歩10分でコンビニも近い築10年の木造アパート、単身者(男女不問)に最適。
ただし、入居条件がひとつ「朝6時半からの朝食に出席できること」。
そんなコーポ白百合に入居した会社員・橋本修二郎と十人十色の住人たちが織り成す1K賃貸グラフィティ。
性格は皆それぞれ、中年男から女子中学生まで世代もばらばら。
だけど、みんな同じ屋根の下。

・・・・と、大ざっぱに言ってしまえば「平成版のめぞん一刻」といった設定。

だが、めぞん一刻のようにキャラクターが個性的でもなく、
ストーリー展開がリズミカルなわけでもない。

さらにアパートの住人に一人一人の物語を描くこともできただろうが、
はっきり言ってしまえば結構適当。

最終話までの流れも無理矢理感が否めない。

そこまで頭では分かっていても面白い。

ゆる~いストーリー展開が妙に現実的なのと、
主人公と女子中学生との距離が微妙に近づく感じが心地よい。

一日ちょっとずつ、
スローペースで読み続けるのが気持ちが良いです。
コメント

どうでもいい話(10/26)

2009-10-26 06:10:09 | どうでもいい話
①不毛地帯

唯一観ている今回のドラマが「不毛地帯」、
個人的には遠藤憲一が好きで観てしまう。

で、なかなかやってくれるなぁと思ったのが主題歌。

Tom Waitsである。

あの曲自体はそんなに好きではないが、
これだけぴったり合うものは他に無いだろうと思うくらいにぴったり。

②良く言ったら

先日、仕事で一緒になった人に年齢を尋ねたら、
「福山雅治と同じ、40歳だよ。良く言ったら」と言われた。

この場合の『良く言ったら』の使い方が合っているのかは別として、
ちょっと面白かった。

で、自分は31歳。

『良く言ったら』誰になるんだろう?

③カラオケ

先週、出張先の職場の人と一緒に行った飲み屋に、
1人だけフィリピンの人がいた。

自分の貧相な発想では、
フィリピンの女性というとスタイルが良くて、
ルビーモレノみたいな顔を想像してしまうのだが、
そこにいたのはフィリピンの中年女性。

何を言ってるかよくわからないという面白さもあるのだが、
それ以上に面白かったのがデンモクを客に渡すときに
「ボンジョヴィ歌ってよー」と毎回どんな客にも言っていたこと。

違う意味で盛り上がりました。
コメント

最近聴いてるもの

2009-10-21 06:07:33 | 音楽の話
毎回ながらジャンルがばらばらの最近聴いてるもの。

①floating pupa/pupa

きっと2枚目を作ることは無いだろうと思う、
高橋幸宏・原田知世・高野寛・堀江博久ら豪華メンバーpupaのアルバム。

異常に電子音に合う歌声を持つ高橋幸宏、
一見地味ながらも凄い技術とセンスを持っている高野寛、
ある意味オールジャンルをこなす堀江博久、
このpupaの顔である原田知世が素晴らしい。

意外と派手な化学反応は見られないが、
ずっと聴き続けるだろうなぁと思う作品。

②LINDBERG XX/LINDBERG

今年、結成何周年だかのアニバーサリーイヤーなリンドバーグのアルバムで、
変則的なベスト盤といったところ(ほとんど再録なので)。

世代的に「今すぐKISS ME~♪」と歌われたら「WOW WOW」と返せる世代なので、
聴いていて非常に懐かしい。

高音のところが全盛期と違って苦しそうな感じがいなめないが、
それを分かった上でわざわざ録りなおすところは好感が持てる。

とにもかくにも懐かしさ全開のアルバム。

③愛でぬりつぶせ/The Birthday

どこまでポップになっていくのか予想も付かないThe Birthdayのシングル。

もちろん悪くはないけど、
ここまでポップなものが続くと正直飽き気味。
コメント

どうでもいい話(10/20)

2009-10-20 06:25:21 | どうでもいい話
①ギター

楽曲制作を一時断念してドラクエ三昧の日々が先週続いたものの、
せっかく多少の時間があるのにこれではいけないと思い、
自宅からアコギを出張先に持ってきた。

で、焦って何かを作ろうとせずに、
人の曲を弾いて歌ってみようと思った。

何にしようか迷った結果、
原田知世の『くちなしの花』に決定。

この曲はキセルが作っていて、非常に好きな曲。

すごくスタンダードなメロディながらコード展開が不思議で、
独特の難しさがある。。

久し振りに楽器を弾くと、
楽しくて時間を忘れてしまい寝不足気味。

さらには左指が弾きすぎで真っ赤になって、
缶ジュースのタブを開けるのさえ痛い・・・

②すれちがい通信

先週の休日、
初めてドラクエのすれちがい通信をしてみた。

もうあんまりやっている人っていないのかなぁと思いつつ、
DSをポケットに入れて近所のツタヤに行ってみたのだが、
すぐに3人たまって驚いた。

一体この店の中の誰とすれ違ったんだろうという素朴な疑問もさることながら、
これってもの凄い新鮮な面白さがあると感心。

③子供のゴールデンタイム

自分が思う「お子様のゴールデンタイム」と言えば、
テレ朝の戦隊モノ→仮面ライダー→プリキュアの時間。

我が家の第一子「ひな」(2歳半)も夢中である。

もちろんまだストーリーは理解できないものの、
毎回プリキュアを観て「パパはどれが好き?」と聞いてくるのだが、
仮面ライダーは普通に観られてもプリキュアは正直キツイ。

だが、子供の前でそんなことを言ってもしょうがないので、
「パパは赤い人が好きだよ」と言っている。

・・・が、最近はプリキュア達にダンスを教えている女の人の方が地味に好きである。
コメント

どうでもいい話(10/15)

2009-10-15 06:08:37 | どうでもいい話
どうでもいい話。

①羽田空港のハブ化騒動とか

前原国交相の羽田空港ハブ化発言によって、
千葉県知事である森田健作が怒り心頭といった騒動。

なんやかんやで昨日の会談で歩み寄った感じで、
森田健作のさわやか笑顔にて終了。

前原さんの猪突猛進のような動きも問題あると言えばあるような感じもするが、
マニフェストを実行していると言ってしまえばそれまで。

むしろ、地方の弱さがより浮き彫りになった感じと、
森田健作もなんだか情けないなぁといった感じがして後味が悪い。

②ドラクエ9

先週からドラクエ9をやっている。

個人的にドラクエの世界観がどうにもお子様向けな感じがして、
あまり好きではないので、買うまでもないかなぁとパソコン上でやっているのだが、
意外と今回のは面白い。

通信機能で更に面白くなるので、
このままパソコン上でやっていてもダメだと思って先週末に結局購入。

で、妻がそれをやって自分はパソコン上で続けているといった状態で、
現在夫婦でドラクエをやっている状態。

自分がやっている方はクエストに拘らずにぱぱっと終わらそうと思っているのだが、
どうにもクエストが気になってしまう・・・

③うまい棒

すごい久し振りに「うまい棒」が食べたくなって、
コンビニにあった3種類(たこ焼き・めんたい・チーズ)を買ってみた。

味・値段の変わらなさよりも、
個人的にはドラえもんのパクリのようなキャラクターの変わらなさに感心。

このキャラクターって、
頭と体のバランスが絶妙に悪いところが良いんでしょうね。
コメント

「ちょっぴりネタ」のどうでもいい話をちょっぴりと

2009-10-14 06:11:51 | どうでもいい話
「ちょっぴりネタ」のどうでもいい話をちょっぴりと。

①ちょっぴり気になるCM

それはサントリーのグルコサミンのCM。

『お茶入れるバージョン』と『栗ご飯バージョン』の2種類あるのだが、
個人的には『栗ご飯バージョン』が好み。

あの独特というかリアルな間が妙に新鮮で気になる。

で、我が家の第一子「ひな」(2歳半)も、
あのCMが流れると『くりごはんだねー』と言ってきて、
親子ってやっぱり似てるもんだなぁと思います。

②ちょっぴりブーム

最近のちょっぴりブームは、
北海道のローカルコンビニ「セイコーマート」の缶酎ハイ。

レモンしか飲んでいないのだが、
レモンの割合が多くて意外と美味しい。

・・・のだが、パッケージの安っぽさが寂しい。

③ちょっぴり欲しいもの

一眼レフのデジカメ。

単純に見た目が良くて欲しいなぁと思うのだが、
値段的には10万円台を切っているとはいえまだまだ高い。

普通のデジカメの方が各社個性的な機能が付いていて面白そうだが、
デザイン的にはやはり一眼レフの方が格好良い。

・・・と思っていたら、
夕方のニュースで『カメラ女子』という括りで特集されていた。
コメント

にっき

2009-10-12 08:10:59 | おもに日記
①広いなぁ

北海道にも一応上陸した先週末の台風、
そのさなかに出張先から自宅に帰ってきた。

風も強くて車があおられながらも運転してきたのだが、
自宅のある旭川に近づくにつれ天気も回復。

北海道はやっぱり広いなぁと改めて思った。

で、日曜日に今度は自宅から出張先に向かって運転していたら、
ヒグマの子供に遭遇!

さすがに写真を撮る余裕はなかったが、
これまた北海道は広いなぁと思った。

②風呂場にて

自宅にいる時は我が家の第一子「ひな」(2歳半)と一緒にお風呂に入る。

遅かれ早かれいつの日にか、
『どうして私にはおちんちんがないの?』と聞かれるときが来るだろう。

その時に気の利いた返答をしてあげたいと思いつつ、
まだ答えが自分の中でまとまっていない。

まだ今のところは全く興味も示さないので、
焦って考えなくてもいいなぁと思っていたら、
先日股間にアンパンマンの水鉄砲で水をかけられた。

③続・風呂場にて

せっかく買ってきたシャンプーハットを全く使用せずに(被せると嫌がる)、
いつのまにか普通にシャワーでひなの髪を洗っている。

で、なぜかシャンプーを洗い流してあげた後に必ず『マイケルだね』と言う。

たぶんマイケルとはマイケルジャクソンのことである。

髪が濡れてウェーブみたいになるのがマイケルジャクソンっぽいのだろうか?
だとしても毎回それを口にしたくなるのはなぜ?
コメント

どうでもいい話(10/8)

2009-10-08 06:08:58 | どうでもいい話
①「山口県光市の・・・」

すごくタイムリーだなぁと思った出来事。

仕事帰りに本屋さんに行ったら、
レジで中年の女性が「山口県光市の・・・アレ、アレ置いていないかい?」と
なかなか大きな声で店員に尋ねていた。

タイムリーすぎてこっちまで恥ずかしくなるなぁと思いつつ、
報道の力って凄いなぁとも思った。

個人的にこの事件は以前書いたとおり、
終身刑というものが無いので死刑の判決が適当であると今も思っているので、
『匿名性』のもたらす影響がどうのこうのというのは興味を持てません。

②サントスくん

出張先の旅館に先週からポルトガル人の「サントスくん」という方が夕食時にバイトに来ている。

「サントスくん」と発音したときの語呂の良さもさることながら、
その「サントスくん」の顔が高校の時に同じクラスにいた「チバ」という人に似ている。

③天下一武道会

我が家の第一子「ひな」(2歳半)の影響で、
結構アンパンマンを観る機会が多い。

で、思うのだが、
もしもアンパンマンでドラゴンボールみたいに天下一武道会が開かれたらどうなるのか。

戦闘に向いているキャラを思いつくままに挙げてみても、
アンパンマン・食パンマン・カレーパンマン・メロンパンナ・クリームパンダ・
ロールパンナ・赤ちゃんマン・バイキンマン・焼きそばパンマン・ハンバーガーキッド・
おむすびまん・鉄火のマキちゃん・ネギーおじさん・にがうりマンの14人。

十分に大会は行うことができる。

さらに丼トリオも出場した方が絵的に面白いだろう。

やはり個人的にはネギーおじさんが一番強いと思うのだがどうでしょう?
コメント

ある日の携帯カメラから(№67)

2009-10-07 06:10:22 | ある日の携帯カメラから
かなり大きいサイズのトランクスを履いた庶民派のミッキー(?)の撮影に成功。





意外と交通量・人通りの多いところなので撮影は大変でした。
コメント