デパートで迷子★そのまま大人

毎日のいろんなこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうでもいい話【ほのぼの編】

2008-06-29 21:06:00 | どうでもいい話
ここ最近のほんとにどうでもいい話【ほのぼの編】。

①小さな至福の時間

なんやかんやで我が家の第一子「ひな(1歳2ヶ月)」も母乳を卒業したので、
先週から「ひな」の寝た後に妻とお酒を飲んでいる。

妻にしてみれば「ひな」がお腹にいるときからまったく飲んでいないので、
ほぼ2年ぶりの飲酒である。

でもって、2人で缶ビール1本ずつとワイン1本くらい飲むのだが、
自分にとってはそれが妙に新鮮で楽しかったりする。

普通にお酒を飲んで録画した番組を見ながら、だらだらと話すだけで、
別に何てことのないのだが、ちょいと特別な感じがするのだ。

それが自分にとってのここ最近の小さな至福の時間だったりする。

②狩れない苺

先週、妻と「ひな」と妻の母と苺狩りに増毛に行った。

お昼に出発して2時くらいに着いたのだが、
どこの農園も『午前中までやっていたんですが・・・』とかで全滅。
(農園のHPまで見て行ったのに・・・)

結局、海の家であんまり美味しくないイカ焼きとやきそばとつぶ焼きを食べて帰宅。

それ以来、自分は苺が勝手にちょっとだけ嫌いになった。

③松岡昌宏

サンジャポ風に言うなら『一流アイドルグループTOKIOのメンバー・松岡昌宏』。

その松岡昌宏が妻はどうにも嫌いらしく、
先日テレビに映っている松岡昌宏を見て妻が、
「どうしてこんなに私は松岡昌宏が嫌いなんだろう、どうしてなんだと思う?」と僕に聞いてきた。

だが、そんなどうでもいいことを聞かれても困るので、
とりあえず聞こえていないふりをしてみた。

だが、その後も妻は同じことを2~3回僕に聞いていた。
コメント

どうでもいい話(6/20)

2008-06-20 07:08:55 | どうでもいい話
なんだか更新がすっかり鈍ってしますが、お久しぶりです。
(こんなに更新していないのも去年入院してたときくらいか・・・)

なんやかんやで最近は家に仕事を持って帰ってたのだが、
ようやく一段落つきそうなので更新します。

①ここ最近の暗い話

ほぼ間違えなく冬のボーナスが無くなる。

我が家はマンション暮らしなので家のローンは無いが、
車のローンがあるので非常につらい。
(記憶ではボーナス時は10万円に設定していたような・・・)

さらには間違えなく公共事業は減るので自分の職種そのものが、
この先厳しい状況になるのも決まりである。

いわゆるお先真っ暗な状況。

良いときもあれば悪いときもあるなんて悠長なこともいってられないのが現状。

あーぁー・・・

といっても、なるようにしかならないんだと思う自分もいるんだけども。

②松本人志の放送室

限定生産とはいえ第1回放送からCD化された「松本人志の放送室」。
ラジオがそのまんまCD化されるというのも凄い。

というのがきっかけで自分もi-podに入れて通勤中に聴き始めたのだが、
盟友である高須光聖とやっているだけに想像通りに全体的には『ゆる~い』感じ。
(もちろん『ゆる~い』中に笑いがあったり非常にシリアスな部分が色濃くある)

番組スタッフ・2人の少年時代の同級生の名前などが平然と飛び交う回もあり、
全くといっていいほど付いていけない部分があるのも気ままにやっている感じがして好き。

最近はこれと「爆笑問題のカーボーイ」を聴いて通勤という、
すっかりラジオっ子な日々だったりするのです。

③ひなの近況と時間の早さ

そんなこんなのさえない日々を送る自分とは違って、
我が家の第一子「ひな(1歳2ヶ月)」は日々成長している。

おむつを替えるときに猛スピードで逃げ回ったり元気いっぱい。

大人になるにつれて時間の早さ(感じ方)が早くなるのだから、
「ひな」の1日はきっと自分の1週間くらいだったりするのだろうか?

寝顔を見ながらそんなことを考えたりしてます。
コメント (2)

ある日の携帯カメラから(№54)

2008-06-17 20:49:34 | ある日の携帯カメラから
ファイティングニモのにせもの発見!

コメント

おやすみプンプン(3)/浅野いにお

2008-06-17 20:42:23 | 本の話
浅野いにおの「おやすみプンプン」の3巻を買った。

個人的には2巻で終わった小学生編が消化不良だったため、
(十分面白いとは思うのだが)
正直あまり期待しないで読んでみた。

すると、今回の中学生編は異様に面白い。
久しぶりにページをめくる度にドキドキしてしまった。

すごく大ざっぱに偏見を交えて言うのなら、
どこにでもありそうな恋の話と古谷実の毒を少し抜いた話で成り立っているのだが、
カット割や細かな(時に非常に大胆な)描写でドキドキ感を持続させてくれる。

でもって、この「おやすみプンプン」が浅野いにおのどの作品よりも漫画的なのも興味深い。

ということで、プンプンと愛子ちゃんの恋の行方も気になるし、
雄一おじさんの過去も気になってしまい4巻が非常に待ち遠しい。

おやすみプンプン 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお
小学館

このアイテムの詳細を見る
コメント

あらためまして、はじめまして、ミドリです。/ミドリ

2008-06-17 20:39:28 | 音楽の話
ミドリの新作「あらためまして、はじめまして、ミドリです。」を買った。

今までの作品のよりも少しおとなしめだったり、
曲順が微妙(1~4曲目までの流れは好き)だったりするし、
ベースが前の人の方が良かったりするのだが、
それらを上回るくらいに圧倒的に技術面が向上しているのが素晴らしい。
(ファーストにも収録されている『お猿』が分かりやすい例)

なんだかんだ文句を言いつつも、1週間ずっと聴いていても飽きない。

今までのような衝動的な部分は影を潜めたが、
色んなものをごちゃ混ぜにしているにも関わらず聴きやすいというのも凄い。

ちなみに自分はこれを聴いていて「パンク」よりも、
「メタル」「阿波踊り」「筋肉少女帯のキーボード」といったものを連想しました。

そんなこんなで、モテない音楽好きには必聴な1枚なのです。


あらためまして、はじめまして、ミドリです。
ミドリ
SMA(SME)(M)

このアイテムの詳細を見る
コメント

脈略のない「どうでもいい話」

2008-06-04 11:56:28 | どうでもいい話
脈略のない「どうでもいい話」

①猿岩石の有吉

ここにきて猿岩石の有吉の毒舌が個人的には面白い(と同時に興味深い)。

何かのインタビューで読んだ『僕は1回世間的に死んでいる人間なので』の言葉通りに、
天国も地獄の見てきた有吉の開き直りともとれる芸風には非常に好感が持てる。

青田買いが進んでいるのと、家族(お子様)向けのお笑い番組が増えている現状で、
彼の活躍が僕としてはちょっぴり嬉しい。

②消化していないもの

ここ最近忙しくて観れずにHDにたまっているもの。

・タモリ倶楽部(数ヶ月分)
・アメトーク(1ヶ月分)
・らぶちぇん(数ヶ月分)
・勝手に観光協会(数ヶ月分)
・あしたの喜多良男(全話)
・ライフ(全話)
・めがね

忙しくて消化できずに毎週たまっていく一方。
これに加えラジオもたまっているが聴いていない状態。

無理して観ても気分的に面白くないだろうしなぁ・・・

今となっては、
それらをどんな風に時間を使ってそれらを消化していたのかが不思議。

③妻のブーム

そんな風に色々と消化しきれていない僕とは違って、
妻は時間がないにも関わらずに自分のブームを消化していっている。

妻のブームとは『はいだしょうこ』と『今井ゆうぞう』である。

マメにHP・ブログをチェックして出演番組は高確率で観ている。

終いには今井ゆうぞうがさんま御殿に出演しているのを観て、
『もっと編集で切られないトークをしなきゃだめだ』とか
『もうちょっと割って入ってかなきゃ』とかプロデューサー気取りだ。

余談だが、隣でその姿を見ていて妻は今井ゆうぞうには厳しめだが、
はいだしょうこには甘めである。
コメント