デパートで迷子★そのまま大人

毎日のいろんなこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「どうでもいい美容室と床屋の話」

2008-04-30 20:55:20 | どうでもいい話
昨日、美容室に行ってきたので「どうでもいい美容室と床屋の話」。

田舎育ちの僕が初めて「床屋」から「美容室」に変わったのは、
たしか高校2年生の時だった。

その当時は男性が髪を切る場所を床屋と言い、
女性が髪を切る場所を美容室と言うもので、
たいして区別もよくわからなかった。

だから、初めて田舎の美容室に入った時なんて自分は場違いなんじゃないかと思ったものだ。

床屋ではテレビで野球中継が流れていたり、AMラジオが流れているのに対して、
美容室はなんだかオシャレな洋楽が流れているというのも驚きだった。
(今考えると全然オシャレでもないんだけども)

そんなこんなで、その雰囲気の虜になった僕はそれから美容室に鞍がえしたのだが、
数カ月して床屋に戻ることになった。

その理由とは情けないことに『胸』である。

自分と同じく美容室に鞍がえした友人が突然床屋に行き始めたので理由を尋ねたところ、
「あの床屋だと、髪を洗ってもらう時に若いおねぇさんの胸が当たるときがある」と答えた。

その一言で僕もその床屋に行くことにした。

これまた今だと、そんなもんが当たったら気になって赤面すらしてしまいそうなので、
逆に行きたくなくなるのだが、その当時はそこまで考えつかなかった。

でもって、数回行ったのだがそのおねぇさんに髪を洗ってもらう機会もなかったので、
また美容室に戻った。

その友人も胸が当たったのはあの1回だけだったということで、
同じく美容室に戻った。

そんな「どうでもいい話」を地元に帰って、
その床屋の前を通ると思いだして情けない気持ちでいっぱいになる。
コメント (2)

短い「どうでもいい話」

2008-04-28 22:54:56 | どうでもいい話
短い「どうでもいい話」

①聖火リレー

なんだかスッキリしない感じで日本を通過した聖火リレーだが、
何のための聖火リレーだったんでしょうね。

今現在の「いや~な雰囲気」もオリンピックが始まったら忘れてしまうのだろうか?

②1歳の記念撮影

昨日、我が家の第一子「ひな」の1歳の記念撮影に行ってきた。

毎年家族写真を撮って、自分は毎年同じ服装で写ろうと思っていたのだが、
その日の朝になって、ある程度成長した「ひな」に『お父さん、いつも同じ服着て写るから行かない!』と、
いつか言われる姿が想像できたので断念。

で、「ひな」は100日の記念撮影同様に超ご機嫌で撮影もすんなり終了。

これで料金が安ければ大満足なんだが・・・

③クイックジャパンの爆笑問題のインタビュー

爆笑問題の表紙につられて久しぶりに買ったクイックジャパン。
お目当ての爆笑問題のインタビューは非常に興味深いものだった。

松本人志がオーバーグラウンドとアンダーグラウンドに分けて笑い(作品)を表現しているのに対して、
(それが適切な分類かどうかは別として)
爆笑問題は分類しないという凄さがあると個人的には思っていたのだが、その辺も語ってくれていた。

生粋のサブカル好きに「クイックジャパンなんてサブカルじゃないよ」なんて言われそうだが、
僕はクイックジャパンを買う度に、サブカル少年に戻るような気持ちになります。
コメント

ある日の携帯カメラから(№52)

2008-04-24 21:27:00 | ある日の携帯カメラから
頂き物の行者ニンニクこと『アイヌネギ』を入れてジンギスカン。



北海道以外でこれを食しているのかは謎だが、
非常に美味しい。

でも、明日間違えなく臭いです。
コメント

どうでもいい話(4/22)

2008-04-22 22:07:17 | どうでもいい話
昨日に引き続き「どうでもいい話」。

①立ちそうで立たない

1歳になった我が家の第一子「ひな」。
これがまた立ちそうで立たない。

四つん這いの状態で「う~ッ!」と声を出しながら、
頑張って立とうとしている姿を見ていると、こっちまで力が入る。

結局は立てていないんだけど、
こういう姿を見ることが出来るというだけでも自宅通勤の醍醐味だなぁとしみじみ。

②Perfumeの1位獲得

いわゆる『音楽好き』の評価とセールスが結びついた久しぶりの作品、
(それに『サブカル好き』も結びついているから凄い!)
Perfumeのアルバム「GAME」。

すでに報道されているように、
これが4/28付週間アルバムランキングで1位を獲得。

『テクノユニットとしてはYMO以来約25年ぶりの快挙』という、
ツッコミどころ満載のオリコンの記事には驚いたが、
この作品が売れることに関しては素直に嬉しい。

③マイクロソフト、Windows XP SP3を出荷開始

・・・というニュースを見ると、
仕事用のノートパソコンをVistaにして色々と不都合が出てきた身としては、
まだまだXPで良かったんじゃないだろうかと思わずにはいられない・・・
コメント (2)

どうでもいい話(4/21)

2008-04-21 21:25:40 | どうでもいい話
どうでもいい話。

①公共事業の話

先週の話なのだが、
北海道のローカルニュースで去年仕事をしていた現場が映って、
アナウンサーが「ここに本当に道路が必要なのでしょうか?」なんて言って、
近隣の人やドライバーにインタビューをしていた。

この手のモノって「必要なのでしょうか?」っていう聞き方をしている時点で、
「必要ない」って言っているようなものであるし、
説明も不十分だったりする。

あくまでも個人的な意見だが、
確かにあの場所に道路なんて必要ではない。

さらに言うと、必要な公共事業なんて一握りである(と思っている)。

どこの場所でも言える事だが、
何年もかけて何十億という税金を使って作っているものを、
見直して必要ないからといって中止するのも問題である。

せめて完成までもっていかないと、
完全な税金の『無駄遣い』ということになる。

まぁ考え方の問題だが、
ニュースだけじゃ伝わらないこともあるんだなぁと思ったりした・・・という話。

②毛ガニ

昨日、実家に行った時に毛ガニを貰った。

でもって、妻の指が荒れていてカニを剥くと沁みそうなので、
剥いて皿に入れてあげることにした。

そんなこんなで、毛ガニを2人分台所でせっせと剥いて身を取り出していったのだが、
僕もそんなに得意な方じゃないので非常に時間がかかった。

情けない話だが、完成した頃には自分の指も皮がちょこちょこ剥けていた。

で、食べると美味しくて苦労した甲斐があったなぁなんて思っていると、
妻の箸が進まないので「どうしたの?」と聞いたところ信じられない答えが返ってきた。

「カニは好きだけど毛ガニはあんまり・・・」
コメント

ライジングサン08 第一弾発表。

2008-04-18 21:22:39 | 音楽の話
毎年行けないなぁと思いつつも、
何だかんだ行っている北海道が誇る夏の風物詩「ライジングサン」。

今年は本当に仕事で行けないと思うので、
出演アーティスト等の情報を見るのを極力避けようと思っていたが、
我慢できずに見てしまった。

そして、愕然。
10周年だけに豪華すぎる。

椎名林檎、電気グルーヴ、SHERBETS、The Birthday、LOSALIOS、東京事変、ゆらゆら帝国、
横山健、清志郎、くるり、THE BACK HORN、ビークル、菊地成孔、安藤裕子、ブッチャーズ、
スチャダラ、rei harakami、ジュンスカ、スカパラ・・・・・

第1弾の発表だけでも、
ざっと書いてこんなに観たいものが多い。

だいたい椎名林檎と東京事変と分けている時点で、
椎名林檎のステージが特別なものの感じがする。

これに銀杏BOYZまで決定したら悔しくて泣いてしまいそうだ。

う~ん、行きたい!
コメント

どうでもいい話(4/17)

2008-04-17 21:21:10 | どうでもいい話
久しぶりの「どうでもいい話」

①よくある光景

今の職場は独特な仕事内容ということもあって、
前任者との引継ぎ期間が1ヶ月ある。

その前任者とは年齢も近いし会社でも仲が良いので、
一緒に仕事をするのは非常に楽しい。

でもって、いろいろと話したりするのだが、
結構「夫婦ネタ」で盛り上がることが多い。

で、そのお話。

お互いに妻に言われることが多いのは、
『あなたは子供のことを何もしないで』という一言。

もちろん何もしないわけなんてないのだが、
何かの度に言われる一言。

小さい子供がいる旦那の8割はその一言を言われているんじゃないかと思う。
そう考えると非常にありふれた光景なのかもしれない。

なんだかなぁー。

という、30歳っぽい話でした。

②良い匂い

朝に時間があるときは髪を洗っていたのだが、
(寝癖を直すという意味合いが強い)
ここ1ヶ月くらいはコンディショナーのみで髪を洗うことが多い。
(夜に洗っているので)

理由は単純にマシェリのコンディショナーだけが余っていたからである。

で、ごくごく普通のマシェリなのだが、
なぜか「良い匂いだね」とか「シャンプー何を使っているの?」などと言われることが多い。

単純に余っていたマシェリを使っているだけなので、
聞かれる度に恥ずかしくなってしまう。

しかも、今日なんかは無くなりかけているので容器に水を入れて使用しているくらいだ。
コメント

ここ最近の私的日記

2008-04-16 20:55:25 | おもに日記
①最近の音楽ライフ

通勤用の軽自動車に取り付けたi-Pod置場が助手席側のために、
運転席から操作しづらいので最近はiPodのシャッフル機能に素直に従って音楽を聴いている。

すると、いつもは飛ばしがちな曲もちゃんと聴いてみると味わい深かったりする
から面白い。

なんだか新譜なんて当分要らないなぁなんて思ってしまうくらいだったりする。

とはいいつも、20分もかからずに職場に着いちゃうんだけど。

②記念写真

再来週に我が家の第一子「ひな」も1歳になったということで、
写真館に写真を撮りに行く予定。

「ひな」の100日の記念写真以来だ。

今の時点ではひなの誕生日ごとに記念写真を撮ろうと思っている。
(写真館で写真を撮ってもらうとお値段が高いのが気がかりだが・・・)

で、僕は毎回同じ服装で写ろうと企てている。

深い理由はもちろんないのだが、
毎年同じ服装で写っているというのも馬鹿馬鹿しくて何とも面白い。

我ながらなかなか良いアイデアだと思って、
自信満々に妻にも勧めたところ、あっさりと断られた。
コメント

ある日の携帯カメラから(№51)

2008-04-15 20:57:25 | ある日の携帯カメラから
前回同様「自分スクラップブック」からの1コマ。



今から22年前の1986年、
当時小学2年生の僕が書いた卒業文集でテーマは『友達との思い出』


写真では見づらいが、
「ぼくの思いでは、よく太一くんとよくあそんだことです。」
と書いてあって微笑ましいのだが、
その後に続く「ぼくの家でほとんどあそびました」を読むと、
その当時何かあったのかしらと思わず疑ってしまう。
コメント

祝1歳!

2008-04-14 21:02:02 | おもに日記
早いもので我が家の第一子「ひな」も1歳になった。

ということで、一升(一生?)餅を昨日やった。

御餅の方は親が用意してくれたので、当日になって初めて見たのだが、
バランスをとりやすくするためにお腹と背中に分けて背負うタイプのもの。

とはいえ、我が家の第一子「ひな」はまだ歩けないので、
テーブルにつかまって立っていた。

よくよく考えるとどうってことのないようなことなのだが、
その瞬間は何だか微笑ましくって幸せな気分になった。
コメント