goo

お能鑑賞

久しぶりに金剛流のお能を鑑賞し改めて古典芸能の素晴らしさを感じたひとときでした。私は午後からの演目「三輪」と「殺生石」(せっしょうせき)を観ました。
 「三輪」は三輪山伝説を基にした女の恋物語です。
三輪明神は「古事記」にも言う通り本来は男神ですが、平安末期には女神と見る説もあり、本曲は後説に従ったものと思われます。シテが品よくゆったりと冗長に演じるので途中眠くなりましたが、神体の気品がよくあらわされていました。(筋書きは省きます)
殺生石」は玄翁という旅の僧が大石の上に飛ぶ鳥が落ちるのを見て不思議に思って近づくと里の女が現れ、それは殺生石という石で近寄ってはならないと言って石の由来を語ります。縷々語って実は自分はその石塊だと明かして石の中に隠れます。
玄翁が仏事を営むと、石が二つに割れて妖狐(女体)が現れます。ここが一番の見せ場で面白かったです。(画像はパンフレットより)


20分の休憩時間に資料展示室で桃山~江戸時代の貴重な能面や文献・絵画、装束などを見ることが出来ました。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )