JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

さわやかの気持ち MITO / Michel Reis

2018-05-23 22:49:34 | 聞いてますCDいいと思う


かなりのファンのつもりがつもりがあんりゃ、こんなの知らないというのが、またシスターのところにあった。
Michel Reisに出会って気に入ってライヴであったり、なんと街をあるいていたら店の前にいるReisにばったり出会ったりしたことがある。とても好青年で、その素直さが演奏するピアノをより純粋に感じさせる。

なんと水戸で録音されたソロだそうで、そこでレコーディングされ、タイトルにしてくれているところがうれしい。
この人のピアノはテクニックがどうのとか、迫力がどうのとか、ないわけじゃ決してないのだけれど、そんなことよりピアノに向かい合っている喜びみたいなものが素直に伝わってくる。
トリオになると仲間同士のインタープレーに聞き惚れるけれど、ここではアクセントとかハーモニー、休みの日に風を感じながら聞くのが一番のような五月、水戸のアルバムです。

こんな地味なアルバムは以後再発されないだろうし、それでいてとてもいい気持ち、こういうのを持っているって気持ちいいです。



MITO / Michel Reis

Michel Reis (p)

1. Rising ライジング
2. Sunae スナエ
3. Forest's Edge フォレスト・エッジ
4. Lost Temple ロスト・テンプル
5. Looking Glass ルッキング・グラス
6. Echoes エコーズ
7. Folk Song フォーク・ソング
8. Labyrinth ラビリンス
9. Repose リポーズ


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 演奏曲 | トップ | 再びパリから  joue Sidney... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
100人残留\(^o^)/ (キャメル)
2018-08-18 17:46:34
最中さん大変ご無沙汰しています。お孫さんのご誕生おめでとうございます!
来週ですがミシェルのトリオの8/27コットンクラブ1st.セットに参ります。
3月にルクセンブルクでのコンサートに行ってきました。彼のトリオ&ジョシュア・レッドマン&ルクセンブルクフィルハーモニーオーケストラ&ヴィンス・メンドーサ指揮、翌日はフランス郊外でカルテット。初の海外旅行はエキサイティングな一人旅でした!
エキサイティング (monaka)
2018-08-19 17:00:32
キャメルさん、ご無沙汰でしす、monakaです。
今年はある意味とても新鮮な時間を過ごしています。
ただし生のほうは、これが一番かもしれませんがた減りになってしまいました。
ミッシェルなんかはとても親しくなっていたので残念ですが、キャメルさんのエキサイトがとてもうれしいです。

コメントを投稿

聞いてますCDいいと思う」カテゴリの最新記事