JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

トレーンのカードを作った Mostly Coltrane /Steve kuhn

2009-07-15 22:45:19 | 聞いてますCDおすすめ


blogのお仲間のほとんどの方が記事にしているアルバムを少し遅れて買いました。
面白いのは私もそうだったのですが、多くの人が一瞬躊躇しているところと、その後にほっとしているところです。
これがコルトレーンへのトリビュートでなかったらたぶん買わなかったと思っています。もちろん今は手に入れてよかった、よかったの状態になっています。
なぜ躊躇したかというと、ロヴァーノのユレユレテナーに硬質キューンのピアノでアルバム一枚を演奏されたらと危惧するわけですが、それはまるでありませんでした。
1曲目、実に美しい始りかたで、私は持っているLPの「エクスプレッション」に続いているかのように聴き始めました。
2曲目、モーダルな曲になると、Joey Baronのドラムスが、エルビン・ジョーンズとラシッド・アリをあわせたような感じで凄く良い。ジョン・コルトレーンへ捧げている演奏と実感します。
4曲目はコルトレーンのサックスが聞こえてきそうな、しかしピアノトリオの演奏です。
コルトレーンの変遷についてはよく解っているわけで、いろいろな形の演奏がカードのように並べられます。
キューンのピアノもマッコイ風だったり、フラナガン風だったり、ロヴァーノもそれに合わせて変わります。ドラムスとベースは逆に一環して今風その塩梅が良い組み合わせです。
いろいろなコルトレーンのカードをキューンが並べているようです。
6曲目、静かなスピリチュアルな演奏で7曲目はスローバラッド、ちょっと古いカード風です。
8曲目“Like Sonny ”も古めの感じですが、この演奏はコルトレーンまで回路が行きません。
10曲目、11曲目は最晩年の曲、キューンがガシガシ弾く曲とスピリチュアルなフリーインプロの演奏ですが、結構統制がとれていて聴きやすい、ECMらしいとこかもしれません。
12曲目がソプラノサックスをくすめて素朴にしたような音色の木管楽器で、この曲とても個性的な演奏で、キューンがコルトレーンと一緒だったら、こう弾くだろうと思います。
最後がピアノソロの“Trance”でどのような経緯で再演したのかわかりませんが、キューンが代表曲を入れることでこのアルバムの重要性をあらわしたのでしょうか。
一枚一枚のカードを眺めると、それぞれにキューンの思いが込められているようなさすがに、キューン、上手いECMを選んで、素敵なアルバムを作りました。

Mostly Coltrane /Steve kuhn

Steve Kuhn (p)
Joe Lovano (ts, tarogato )
David Finck (b)
Joey Baron (ds)

1.Welcome
2.Song of Praise
3.Crescent
4.I Want To Talk About You
5.The Night Has a Thousand Eyes
6.Living Space
7.Central Park West
8.Like Sonny
9.With Gratitude
10.Configuration
11. Jimmy’s Mode
12.Spiritual
13.Trance

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« タイミングをはずさないで D... | トップ | 信頼の人 Frendshop / Hein... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらからもTBさせていただきます (nary)
2009-07-15 23:42:04
最近のキューンのアルバムはヴィーナスの「Pavane For A Dead Princess」にしてもブルーノートの「Live At Birdland」にしても、昔の硬質なイメージとは違うためにイマイチ納得がいかなかったのですが、本作は久しぶりの(かな?)ECMへの吹き込みだけあってさすがに素晴らしかったです。
コルトレーン・トリビュートにしてはちょっと大人し目の曲が多いとはいえ、ミディアムテンポ以上の曲ではバロンのドラミングが容赦がないおかげで、結果的にはアルバムとしてもメリハリがついてましたね。
特に後半は最高でした。
KuhnもLovanoも見直しました (中年音楽狂)
2009-07-16 07:19:03
monakaさん,おはようございます。当方ブログへのコメントありがとうございました。

当初はKuhnとLovanoのコンビの相性に不安を覚えていた私でしたが,全くの杞憂でした。やはり予断はいけません。私にとって,本作はKuhnが久々に放った(場外)ホームランって感じです。最高です。

TBさせて頂きます。
TBさせていただきます (910)
2009-07-16 08:57:43
やはり皆さん当初のコルトレーンの企画ものトいう点と、メンバーでちょっとちゅうちょされた方が多かったようですが、聴いてみて納得の一枚でした。私は上半期の私的ベスト3に入れてしまったほどです。

コルトレーンそのままの雰囲気ではなくても、うまく楽曲を表現できるものだなあ、と感心しました。
コルトレーン (すずっく)
2009-07-16 22:44:50
ブラザーこんばんは。

キューンもロヴァーノもみんなよかったけど。。
やはり、わたくしはコルトレーンが好きなんだな、、って、おもった一枚でした。

彼らが素晴らしかったからそうに素直に感じたんだろうな。

ありがとうございました。
テクニシャンですね (monaka)
2009-07-17 10:32:38
naryさんこんにちは、monakaです。
私2曲目のちょっとモーダルなのがやはり一番きにいりました。
キューンはもういいやなどと思っていましたので、これは良かったです。入魂だと思います。
キューンの実力 (monaka)
2009-07-17 10:35:02
音楽狂さん、こんにちはmonakaです。
キューンのピアノを最近はつまらないと思っていましたので、これは驚きました。
入魂の一枚みたいなキューンにとって重要テーマだったのでしょうね。よく練られた感じです。
コルトレーンは (monaka)
2009-07-17 10:37:18
910さん、こんにちは、monakaです。
私はキューン、ロバーノで躊躇して、逆にコルトレーンで買ったくちです。
とてもよく練られたアルバムだと感じます。
TBありがとうございました。
for コルトレーン (monaka)
2009-07-17 10:47:26
すずっくさん、こんにちはmonakaです。
コルトレーン好きは独特ですからね。
いままでのフォー・コルトレーンでたくさんのアルバムがでていますから、一度まとめてみるといいですね。
このアルバムはある意味、時代を経た重要なアルバムになるみたいに思います。

コメントを投稿

聞いてますCDおすすめ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

Steve kuhn Trio w. Joe Lovano/Mostly Cotrane (Jazz&Drummer)
Steve Kuhn(P) Joe Lovano(Ts,Tarogato) David Finck(B) Joey Baron(Ds) Rec. December 2008,NY (ECM 2099) スティーブ・キューンは「Trance(74年)」や「Oceans In The Sky (90年)」、あるいはビル・スチュワート絡みの「Love Walked In(98年)」あたりが大好き。...
Steve Kuhnの新作は傑作である (中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar)
Mostly Coltrane Steve Kuhn Trio with Joe
Mostly Coltrane/Steve Kuhn Trio w/Joe Lovano (ジャズCDの個人ページBlog)
ECMレーベル聴きで新譜2日目。一段落です。ミロスラフ・ヴィトウスの「Remem
MostlyColtrane/StevekuhnTriow/JoeLovano (MySecretRoom)
漆黒の宇宙に浮かぶ地球。暗黒の中で静かに浮かび上がる姿。何者にもたとえようの無い美しさ。でも、、耐え難い孤独。コルトレーンオリジナルのバラードにもこんな孤独感が漂いますね。宇宙に、この世界に、自分は独り。仲間がいる、家族がいる、、、天涯の孤独を埋めあわ...