JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

本命盤 Seymour Reads The Constitution! / Brad Mehldau Trio

2018-05-30 17:04:30 | 聞いてますCDおすすめ


年間ベストアルバムを選ぶけれど、それは記事にしたものというくくりをつけている。だからこれはと思うものは記事にしなければいけない。まあ記事にはしやすいけど。

これは書いておかなければというのがこのアルバム。
1曲目、アルペジオの少し淀んだ世界から後半のそこにかかる早いパッセージ、この両手の動きをきいていたら、なんだか初期のメルドーを思い出してうれしくなった。
2曲目ベースとの掛け合いがうれしい。この2曲を聞くとこれはまさにJAZZピアノの音作り、このサイドの二人がいて出来たことで、ここ数年でもトップクラスのジャズ・ピアノ・トリオの演奏だと思う。
トリオのインタープレー度、音の良さ、フレージング、これはメルドーがここのところ演ってきた。デュオであったり、バッハであったりの総体が、本来のトリオでの演奏に一層の自信を与えたとしか思えない。

このあと、ほかの人の曲になっるとアレッと緊張がほどけるのだけれど、これも許せるか。結構普通に聞いてしまうのも逆にメルドーのなせる業で、飽きさせない。ただ私的には1,2曲目の雰囲気でいかれたら1位にしたと思う。

日本盤ボーナス・トラックの9曲目、はオリジナル“Beatrice”の軽やかさを引き続いて初めて、7分39秒、起承転結をリズムバックに一人で弾いているから、もしかして完全インプロかもしれません。いづれにしてもジャズ・ピアノの本命盤、年末どの位置にいるのだろうか。

Seymour Reads The Constitution! / Brad Mehldau Trio

Brad Mehldau (p)
Larry Grenadier (b)
Jeff Ballard (ds)

1. Spiral
2. Seymour Reads the Constitution!
3. Almost Like Being in Love
4. De-Dah
5. Friends
6. Ten Tune
7. Great Day
8. Beatrice
9. Middle Game *Bounus track

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 再びパリからミラノも加えて | トップ | ページを埋める STILL DREAM... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボーナス・トラック付きだったとは...。 (中年音楽狂)
2018-06-05 00:02:19
monakaさん,こんばんは。

このアルバム,実にMehldauらしい音楽が聞けると思いますが,オリジナルとカヴァーでだいぶ印象が違うのが面白いです。その辺りはおそらくmonakaさんの感じられている部分と似通っているのではないかと思います。

それにしても,国内盤にはボーナス・トラックが入っているというのは想定外でした。コンプリートを目指す私としては,買わないわけにはいかなくなりました(爆)。

ということで,当方の記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2018/05/brad-mehldausey.html
と思った。 (monaka)
2018-06-05 07:59:15
音楽狂さんこんにちはmonakaです。
このアルバム最初に2曲だけ聞いて熱狂して最高点をつけたのですが、そのあと通して聞いたらちょっと落ち着きました。
記事を書いているときに、必ず貴殿がため息をつくと思っていました。

コメントを投稿

聞いてますCDおすすめ」カテゴリの最新記事