心と自分を大切にするエクササイズ~トラウマ解凍ワーク

即興演劇(インプロ)の手法を使った、
トラウマ(心のキズ)回復のためのワークショップです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トラウマ解凍ワークへのQ&A

2011年07月07日 | ワークショップ

トラウマ解凍ワークについて
よくあるご質問に、Q&Aでお答えいたします。

この他にも、ちょっとしたご質問や確認されたいことなどありましたら、
ご遠慮なく、このサイトの左バー「メッセージを送る」より
お知らせくださいね。

 

Q.どんな方が参加されているのですか?

A.参加者の方々の背景や動機は人さまざまですが、
共通していますのは、心の苦しさや傷つき体験でしょうか。

中でも、親子関係の傷つきの思い出や、強い抑圧(支配的な命令)が、
現在のご自身に影響しているという方は多いようです。

実際のお悩みを列記しますと
・親子関係の傷つき
・恋愛への不安や傷つき
・自分に自信が持てない
・職場での人間関係の悩み
・ご近所トラブル
・職業上のストレス(患者さんの寿命への罪悪感というお医者さまも)
・いじめ被害
・性的被害

もちろん、「どこか気持ちがスッキリしないため」
「人づきあいを改善したい」という方も
いらっしゃいます。

属性でいいますと、女性が7~8割です。
最初は、主催者である百世とかめおかが女性のため女性が集まりやすいのかとも
思いましたが、他のカウンセリングでもやはり女性が多数派のようですね。

理由はいろいろ考えられますが、女性は社会的な立場がまだ弱いことや、
夫婦関係でも夫から命令されたりと自分を抑える状況が多いためかもしれません。

世代は、学生さん~50代くらいまで幅広いです。

1回のワークの参加者は少ないときで3人~多いときで15人くらい。
少人数制でしっかりとご対応しています。


※また、DVや性的被害など、男性と一緒の場に不安がある場合は、
どうぞ事前にご相談ください。
「女性クローズド(限定開催)」で、ご対応いたします。

 

Q.トラウマというほどではないのですが……

A.はい。なんとなくという方もたくさんいらっしゃいます。

ご自身でどことなく不調を感じられる、
原因がわからないけれど・・・といったことでかまいません。

ワークに参加される中で、
「あ、引っかかっていたのはこれだったのか」と気づきのある方も。

それも、ご縁なのでしょう。
きっと必要とされている時期だったのではないでしょうか。

また単純に、ちょっとスッキリしたい、リフレッシュしに・・といった
リピーターの方も多いですよ(笑)。

 

Q.初めてでも大丈夫でしょうか?

A.インプロの基本は「イエス・アンド」

つまり、「すべてがOK」というのが基本原則にあります。

もちろん、他人に何をしてもいいという意味じゃありませんよ(笑)。

「誰からも否定されない」
「自分の感じること・考えることにOKを出す」
ということを、
大切にしています。


とはいっても、初めてカラダを動かしたり、演劇的なワークに参加するには、
抵抗や迷いがあることでしょう。

まずトラウマ解凍ワークでは、カンタンなウォームアップから、
誰にでもできるゲームのような形でワークを進めていきます。

ですので、
・演劇経験がない方
・ワークショップに初めて参加する方
・あがり症、テレ屋の方
も実際に参加されていますし、ご心配ありませんよ。

また、もしいくつかのワークの中で抵抗を感じるようなものがありましたら、
そのワークはお休みいただいて、見学されてもかまいません。


特によく心配されるのが「感情解放」のワークです。

ふだんから感情をおさえていると、

本当は泣きたかったはずなのに・・・

大声で怒りたいと思っていたのに・・・

なぜかできない、感情を出せないという方は多いです。


でも、それって当たり前ではないでしょうか?

たとえば長く封鎖されていた道があったら
突然、車がたくさん通ったりしませんよね。
少しずつ交通量が戻ってくる。

これまでせき止めていた感情が快復するには、
時間やタイミングも必要です。

なので、最初からできなくてもいいんです。
自分は泣きたかったんだ、怒りたかったんだ、
心の底から大声で笑いたいんだと、

だけど周囲に気づかって、それをできない自分がいたとしたら、
「いまの自分へのOK」
「心の底の気持ちへのOK」
「それをやることへのOK」
ここで、そういったOKサインを一つずつ出していきましょう。


具体的なワークに関しては、こちらをご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/momose1000/e/76da49d79220007278db55468218dc20

 

Q.自分の悩みを話したくありません。

A.はい、大丈夫です。

トラウマ解凍ワークは、シェア会ではないので、
具代的な心のキズや体験に関して、
何もお話しいただく必要はありません。

 

もちろん、ご自身から話すことで胸のつかえを降ろしたい場合は、
ワークの中で手短に、
傷つきのテーマなどお知らせいただいてもかまいません。

事前にご相談いただくこともできますよ。
左バー「メッセージを送る」よりどうぞ。

 

Q.個別のカウンセリングはないのですか?

A.トラウマ解凍ワークでは、
グループワークのメリットを大切にしています。

というのも、誰かに言われた言葉で傷ついたとしたら・・・

やはり誰かからのうれしい言葉を「実際に耳から聞く」
という「体験」が効果が高いからです。

それはある意味、感情の塗り替え。


カウンセラーや先生からの「アドバイス」は
「体験」とは違います。

ここではアドバイスではなく、「体験」と感じられるシチュエーションを、
ワークという形で
作っています。


シェア会が効果があり、喜ばれるのは、

「他者からの共感」を得られるためですよね。


トラウマ解凍ワークは、参加者どうしで「共感」も活かせるグループワーク。

ですので、個別のカウンセリングは行っていませんが、
帰りに飲み会でお話を伺ったりすることもありますよ。

 

 

Q.悪化することはありませんか?

A.まずトラウマ解凍ワークは、強制的に
「これをしなくてはいけない」といった形のワークは、一つもありません。

ですから、合わないものはやらなくても結構ですし、
基本がゲーム的な誰でもできるやり方にしていますので、
心のご負担やムリを感じられることがないと思われます。


他にPTSDに効果があるとされているEMDRや催眠療法、暴露療法を、
私は受けることができませんでした。

なぜなら・・・「体験に直接介入」することで、フラッシュバックが起きないか?

また、受ける「患者側が受動的」なことで、自分の意思が効かない不安。

そんなリスクを感じたこと、同じ思いです。


ですから、トラウマ解凍ワークには、そういったリスクがない

「参加者自身が主体的にワークを楽しむ」
安全性の高いワーク
を作りました。

もちろん一概には言えませんが、
リピーターが多いことも安心材料かと思います。

 

Q.一度で効果が出ますか?

A.実際に参加された方々から感想では、
みなさま一回でも参加されることによって
効果を感じられています。

 もちろん個々によって違いはありますが、「過去の心のキズ」への効果は得やすいと思います。  

一方、「原因が現在進行中」の場合
(たとえば、いじめや職場のいやがらせなど)は、
いくら心が癒されても、
根本的な問題解決の方が第一です。

もちろん1回でも効果は感じていただけると思いますが、
繰り返しワークを続けることで・・・

「問題への対処能力」や「コミュニケーション力」をアップでき
心のアベレージを高められる効果
があります

 

 

Q.ロールプレイとどう違うのですか?

A.一般にロールプレイと呼ばれる演劇形式のワークショップがあります。

ロールプレイは、ロール(モデル)のプレイ(演習)ですから、
「良い対処法の練習」であったり、
ネガティブな反応をしてしまう場合の「原因探し」などを行います。


一方、トラウマ解凍ワークをひとことで例えるなら、

「体験の塗り替え」ですとか、「良い体験の先取り」
と言えるでしょう。


具体的に例を挙げてみましょう。
「会社でムリな残業を断れない」という悩みがあったとしましょう。

ロールプレイでは、ブレーキになっている断れない心理を掘り下げたり、
きっぱりと断る話し方や態度
を実際にやってみます。
いわば予行演習。

これって、かなりハードなんですよね。
だって予行演習とはいえ、いま自分ができないことを
(往々にして、自分ではなく相手に原因があるにも関わらず)
なんとかできるようにしようというのですから、ストレスが高いでしょう。


一方、トラウマ解凍ワークでは、
「残業なんかイヤだ」と声を出してもらい、

残り全員が・・
「そうだよね」「わかるよ」「ムリしないで」と
受け入れの言葉かけ
をします。

すると・・・

皆さん「不思議な感じがした」

「受け入れてもらって、うれしい」

「言っちゃいけないと思ってたのに、受け入れられることで、
言っていいんだって気がしてきた

・・・ほら、知らずにブレーキがはずれちゃうでしょ(笑)。

つまり、うまくいくシーンの感覚・体験を先取りしちゃうんです。


「引き寄せの法則」とかでも言われていますけれど、
望む結果の疑似体験を先にすることで、

イメージがリアルに、それでいてあたたかく
自分の中に出来上がるんですね。

しかも、ストレスがありません。


なので、よく他の演劇ワークと同じようにとらえられることが
あるのですが、

トラウマ解凍ワークは、私自身がPTSD体験者として
心のキズに焦点をあてて設計したオリジナルワークで、

他の演劇療法とはまったく違います。


しかもすごいことに、「このワークで言ったことが叶った!」
という方が何人も・・・(@O@)

本当に「引き寄せ」が起こっています。しかもラクに楽しく♪

ぜひ一度体験してみてくださいね。

 

心療内科やカウンセリング、シェア会との違いや特性は
こちらにまとめました。ご覧ください。

「トラウマ解凍ワークと、他の治療法の比較」
http://blog.goo.ne.jp/momose1000/e/ea91249b8a65022d372d56e3d567d8a9

 

★ワークのお申し込みは、こちらから
   ↓   ↓   ↓
http://don.jp/ezform109/486/form.cgi

わからないことや、ご質問などありましたら、
ご遠慮なく左バー「メッセージを送る」からお問い合わせください。

 

『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 7月16日(土)トラウマ解... | トップ | トラウマ解凍ワーク・インス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ワークショップ」カテゴリの最新記事