ずぼらな毎日。・・・これでいいのか?

我が子の振り見て我が振り直せ。ああ、私って一体何を目指してるんだろう?と疑問を持ちつつ、とりあえず今日も頑張る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学びのたより

2012-03-28 09:55:34 | Weblog
「学びのたより」 いわゆる成績表のことである。

今朝、起き抜けの上の子が「そういえば成績表って渡したっけ?」と聞いてきた。
夢で見たらしい・・・。

・・・すっかり 忘れていた、成績表の存在を・・・。

下の子に至っては 「成績表?そんなんもらってないで~」とかいう始末。(ランドセルに入ってました)


母として 成績表のことをすっかり忘れていた自分にショックである。
コメント

同窓会

2012-03-27 20:32:34 | Weblog
日曜日は大阪で中学高校の時の同窓会と言うかクラス会だった。

中学高校 6年一貫教育の女子校に通い 進学クラスだったので6年間同じクラス しかも担任も6年間同じと言う ちょっと濃い環境。

卒業してから約20年。
大体3年から4年に一回は同窓会が開かれているが 私は前回は鹿児島にいて 日程が合わず出席できなかったので 8年ぶりに会う元クラスメート多数。

42人中19名が出席。幹事曰はく「連絡なしでの欠席者が3名」・・・ちょっと残念。
それ以外は欠席者も近況報告を寄せていた。

担任の先生(英語担当)はもちろん、高校の数学の先生も来ていた。
二人とも もうすでに70歳を超えているので 仕事は辞めていて 悠々自適な生活を送っておられる。

ほとんど皆 全然見た目も変わっておらず (私も行った瞬間「全然変わってないなぁ」と言われ・・・。)すぐに昔に戻り、旧姓でのあだ名が飛び交う。
本当 楽しかったぁ。

昔 一緒に勉強したり遊んだりして過ごした仲間たちが今 同じように子育てや仕事や色々頑張ってるんだなぁと思ったら嬉しくなった。 
やっぱ、昔の友達っていいわ~。特別って感じ。

あっという間に時間が過ぎ
次の幹事を決め 次回は2年後にまた集まることを約束してお開きとなった。

また皆で集まれる時が楽しみ。次はもう奈良に帰ってるだろうから よっぽどじゃない限り 参加しようと今から決めている。
次は全員が集まれたら いいのになぁ。
コメント

たこ焼き

2012-03-27 14:04:03 | Weblog
土曜日お昼 子供たちと 高速バスで難波に降り立った。

そのまま奈良の実家に行ってもヒマだろうと 荷物をコインロッカーに預け 妹と待ち合わせをし
たこ焼きでも食べようと 道頓堀へ・・・。

私にとっても久々の難波。

結婚するまで よくブラブラ歩き回っては遊んでいた場所。
店も大きいところは 変わっているところもあったけれど 小さいところは意外と変わっていなくて懐かしかった。

たこ焼き大好きな上の子に 本場のモノを食べさせてやろうと 道頓堀に来たが
先に『粉もんミュージアム』に寄り とりあえず たこ焼きサンプルづくりの予約を入れておこうと飛び込んだら そのままサンプルづくりをすることに・・・。


これは見本のたこ焼きサンプル。


作り方をお姉さんたちが優しく、わかりやすく教えてくれながら 結構真剣に作り始める子供達。



ロウを型に流しいれ タコや天かす ネギ 紅ショウガなどのサンプルを入れ 焦げ目をつけたり
ソースを塗ったりで 30分ほどで完成。
子供達だけでも簡単に上手に仕上がった。
(途中で妹は仕事のため帰って行った。忙しいのにわざわざ来てくれてアリガトね。)

作ったたこ焼きサンプルは舟にいれ 爪楊枝を添え ケースに入れてお持ち帰り・・・。

なかなかおいしそうに出来上がりました。


その後、本物の『たこ焼き』を食べ あまりの美味しさに改めて感動。
やっぱ、本場のたこ焼きは美味しい。外はカリっと中はフワッ、トロ。

子供たちもたこ焼きの屋台の多さに驚いていて、全部、食べてみたいっ!!!とジタバタしておりました。
(おなか一杯になっちゃって、2か所しか行けなかったけれど・・・。)

時間がなくって 雨も降ってきたので 色々観光を考えてきたけど、結局たこ焼きだけで 難波を後にし 奈良に向かうことに・・・残念。
(子供たちも疲れてたしね~…。仕方ない。)
私は 一人でブラブラ色々周りたかったなぁ・・・。

 
コメント

帰省

2012-03-19 11:53:37 | Weblog
今週の土曜日から春休み。
本当、早いものだ。
4月からは上の子が6年生。下の子が3年生。…大丈夫なのか?と不安もありますが。
中身はともかく 体と年齢だけは着実に成長しております。

ブログも上の子が1年生のころから始めたので もうすぐ丸5年・・・。
(途中、何か月も書かなかったりもあり、いい加減だけど。)
一応、子供のコトを中心で書いてますが いつまでたっても あんまり中身のないまま ダラダラと。
成長記録にもなってない。
子供たちは自分たちのことが書かれていることも知らないから いつか発見した時は笑いながら懐かしんでくれるのかしら?


春休みに入る土曜日、さっそく 奈良の実家に帰る予定。
日曜日に久々同窓会があるのだ。
ま、同窓会と言っても そんな大規模のもんでもなく クラス会のようなもの。
しかも中高女子校だったので 集まるのも「おばはん」ばっかりだけどね~。
それでもやっぱり楽しみです。

今回は車でなく 高速バス利用。奈良にも2泊だけで、旦那の実家には寄らず・・・。
関西に行ってて 旦那の実家には寄らずに戻るというのは非常に気を使うのだけれど 仕方ない。
もちろん 義父母は来てほしそうで 「コッチに泊まっていいよ」と言ってくれたけれど。

上の子は明日 将棋の大会で大阪に行きます。(日帰り)
私はついて行かないので ちょっとドキドキ。迷子になりませんように・・・。
(将棋の先生が付き添ってくれるんだけどね) 

春は転勤シーズン。さてさて今年はどうなるのでしょうか?
なんだか毎年、落ち着かない春です。
 
コメント

「和」

2012-03-15 09:16:59 | Weblog
最近 我が家のコメの消費が異様に多い。

今年に入ったくらいから 上の子が「朝食は米がいいっ!!!」と言いだしたからだ。

今までは面倒くさいから 朝は大体 パン食。
っていうか 豚まんの時もあったし ドーナツの時もあったし。
本当適当なものを さささ~って用意して終わりって感じだったのに。

そんな朝ごはんに不満を持っていたのか
急に「やっぱり朝は和食にして。鮭とお味噌汁もほしい」と注文を言いだした。
彼の理想は「旅館の朝食」。

えーっ!!!面倒なっ!!!!と思いつつ、一応、和食にする母。

味噌汁は作ったり作らなかったりだし 鮭も毎朝焼くわけにもいかないから 鮭フレークにし。
適当に海苔の佃煮やら海苔をだして たまに気が向いたら卵焼きを焼いたり。

今日はちなみに 五目炊き込みご飯に卵焼き。

そんなこんなで めったにパンを買わなくなってしまった今日この頃。

下の子はまだまだ食べ盛りとは言い難いが 上の子は食べ盛り真っ最中。
細い体にそんなに食べて大丈夫なのかと言うくらい食べる。
夜ご飯は おかわりは当たり前。たまに4杯くらい食べて まだ食べるというのを「もういい加減 やめといたら」とたしなめることもしばしば。


ご飯に限らず 上の子は「和」が大好きな子なのだ。
畳も大好き。和菓子も大好き。和風の家や庭も大好き。日本のものが大好きなのだ。
小さいときによくお茶のお稽古に連れ出したからだろうか・・・?
でも母が着物を着ても全然無反応なんだけれど・・・。そこは何とも思わないのか?

大きくなったら 和風の家に住むと鼻息荒く宣言をしているので、今から楽しみにしている。
(離れに御茶室も建ててくれたら 尚 ベストなんだけれど・・・。←母の希望)


話はずれていったが 今朝テレビで中国産のお米が売られているのを見て 
かなり値段は安かったけれど お米は絶対、国産でしょ~と思ったことからのブログアップでした。
 
コメント

やめれたのか?

2012-03-14 10:12:00 | Weblog
先日 アップしました 上の子のマーチングの辞める辞めないの続きですが。

一応、マーチングの衣装は先生は受け取ってくれたらしい。
ちゃんと忙しくなるから マーチングにも行くことはできなくなると理由もちゃんと伝え 改めて辞める事を伝えたようだ。

「で、ちゃんと辞めることはできたの?」と聞くと

「うーん、すごく先生にやめないで続けてほしい って頼まれた。僕が辞めることには反対って」

「え?辞めれなかったの?」と聞くと
「わからんけど 僕は辞めたことにしてる」と言う。

突っ込みいれたくてムズムズしたけど 我慢した。


うちの子が改めて「やめること」を先生に伝えた前の日に 違う子(友達)が「やめます」と言いに行ったら すんなりと辞めさせてもらえたと言う。
家に遊びに来た この子が私に「僕は結構簡単に辞めさせてもらえたで」と教えてくれた。
で、一応、この子がその時 ついでに うちの子の辞める理由も 色々先生に言ってくれたらしい。
(なんて美しい友情とちょっと笑ってしまったけど・・・。いい子やね~。)

とりあえず母の出る幕はなかったということでしょうか?




コメント

あらら ビックリ

2012-03-11 22:24:17 | Weblog
今日は午前中 子供たちは将棋の大会だった。

まぁ 将棋の大会と言っても そんな大きいものでもなく。
将棋教室とは場所は違えど メンバーは大して変わらぬ顔ぶれのようで・・・。

自転車で10分くらいのところであったので 私もついて行かず 子供たちに適当に頑張ってらっしゃいとばかりに

「はいっ!!目指せ、準優勝!!!」と言うと 「なんで、目指せ、優勝じゃないんよ~」と笑われ。


何の期待もしていなかったのに 下の子が低学年の部で優勝。上の子が高学年の部で優勝で帰ってきた。 

ビックリである。

下の子は将棋教室でも準優勝したりすることはあるんだけれど(たまにすごく運がいいと優勝したりもあったけど)
上の子が優勝とは・・・っ!!(こちらはすごく運が良くても準優勝どまりだったし・・・)


強い子が来なかったというのと 運が良かったというのもあったんだろうけれど

兄弟そろっての優勝!! 母は嬉しいです。
コメント

早一年

2012-03-11 22:06:36 | Weblog
今日はあの未曽有の大震災から早一年。

新聞やテレビの映像を改めて見るたびに 自然の猛威に改めて恐怖を覚える。

阪神淡路大震災の時とは違って 今回の地震は時間帯がお昼間だったということと 一般の人たちが携帯でムービーを簡単に撮ることができるから かなり多くの映像が残っていて

地震発生時 津波の様子 被災地の被害状況に胸が締め付けられる。

そして一年たち 被災地の人たちが力強く生きている姿を見て ホッとし泣きそうになる。

特に何ができるわけでもない私だけれど 頑張ろうって思う。
コメント

将来の夢

2012-03-09 16:03:52 | Weblog
子供はよく大人に「将来、何になりたいの?」と聞かれる。

小学生の子供で本当に将来を考え なりたいものを決めている子がそんなにいるとは思えない。
多分、聞かれるたびに 適当に答えたり その時の思い付きで答えたり
または 本当になりたいものがあるけれど 「無理だ」と半分あきらめ 妥当なものを答えたり
聞く 大人の喜びそうなことを答えたり・・・。

もちろん 夢を持って頑張っている子供もたくさんいるだろうけれど。

私は小学生のころ 「何になりたいの?」と聞かれ 困ったように 聞かれても困る子もいっぱいいると思う。

ニュースでは バブルがはじけてから 就職氷河期が当たり前になり 毎年 内定がもらえず 就職活動に駆けずり回ってる姿を映している。

中学生、高校生になると将来が現実味を帯びてくるので 無邪気に「将来何になりたいの?」って聞けるのは小学生までだろう。


でも うちの子は そう聞かれるたびに 内心 困っている。

それがわかるから 私は絶対聞かない。


子供とは やはり敏感なもので うちの親の無言のプレッシャーをなんとなく感じているようだ。

しかも今 上の子の周りには何故か 医者の子供がかなりいる。
地域性なことだろうが 通っている小学校に医者の娘、息子が何故か すごく多いのだ。

上の子の親友二人も 医者の息子たちで 将来の夢も「医者」を目指している。


うちの子も「医者」になりたい と言えば 皆が喜ぶと分かっているから 「医者にならなきゃいけないのかなぁ」と漠然と考えているようだけれど。
私はまだ決めてほしくない。

「僕、将来、何になってほしい?」と聞いてくる。

「なんでもいいよ、何になったとしても幸せにはなれるから。」

「うーん・・・。医者になった方がいいのかなぁ・・・」

「今、まだ決めなくても いいよ。色々なりたいものをいっぱい探しなさい。で、とりあえず見つかるまではお医者さんになれるくらい勉強頑張っときなさい。で、なりたいものが見つかったら それに向かって頑張ればいいやん。医者になれるくらい勉強できたら とりあえず大丈夫やし。で、なりたいものが見つからなかったら 仕方なしに医者にでもなればいいやん。」

そう答えておいたら 何だかすごく吹っ切れたようだった。


大丈夫。何になったって うちの子たちは幸せに生きるはず。

コメント (2)

立場もあるのでしょうが・・・。

2012-03-07 17:49:19 | Weblog
上の子が「6年生になったらマーチングはやめる」と決めた。

練習も行けてないし、塾にも行きだして時間もなくなったというのもあるが
楽器演奏も最初のころは楽しかったけれど
なんせ4年生のころからずーっと演奏する曲も同じで つまらなくなってきたというのが一番の理由のようだ。

私も別に続けたらいいのにと言う思いも全くなくなっているし 『その分、勉強の時間に当ててくれたら良いわ』くらいで反対もしなかった。


クリーニングに出したマーチングの衣装を返すため 学校に持っていかせた。


今日、子供がマーチングの先生に『やめます』と言って 衣装を返そうとしたら
「だめですっ!!だめですっ!!だめですっ!!!!」と衣装を受け取らず マーチングも辞めさせてくれなかったと言う。

マーチングの生徒数も年々減ってきているので 簡単には辞めさせてくれないだろうとは思っていたけれど。

それ以前に このマーチングの先生(音楽の先生)は かなり自分勝手で、あまりいい印象は元々なかったのだが 
我が子に理由も聞かず、頭ごなしに「ダメです!!!」と言ったというのを聞き ますます嫌な感じに思った。

友達の子もピアノのコンクールに出るくらい音楽が昔からよく出来る子なのに
この子の友達が理不尽な理由で この音楽の先生に怒られてるのに意見をしたら それまで一番良かった音楽の成績が一番悪い成績にされてしまったそうだ。

そんな私情で成績を決められたら 子供も頑張る気が失せるというものだ。

まぁ、うちの子がマーチングを辞めて 音楽の成績は下げられたとしても 全然気にしないけれどさ。


マーチングに入るときは 自由にやりたい人は来てくださいって感じなのに 入ったら最後 辞めさせないっていうのはなんかおかしいと思う。
マーチングの生徒数が減ってきてる理由も 先生の指導があまり良くないんじゃないのと思ってしまう。

音楽の先生なのに ピアノ演奏もあまり上手くないと聞いている。
学校での歌のピアノの伴奏は別の、しかも音楽の先生ではない先生がいつも弾いているし・・・。


うちの子の衣装も4年生の始めにもらって ずっとそのままだったので サイズが全然合わないのに 変更してもらえず もはや着れないモノを持っているので
とりあえず それは 辞める、辞めない以前に返してしまいたい。


マーチングの件は しばらく子供に任せようと思う。
先生に説得され マーチングを続けるもいいが
もし うちの子の辞める気持ちが変わらずなのに 辞めさせてくれない場合は 親がしゃしゃり出ていくけどね~。 
コメント