ずぼらな毎日。・・・これでいいのか?

我が子の振り見て我が振り直せ。ああ、私って一体何を目指してるんだろう?と疑問を持ちつつ、とりあえず今日も頑張る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自由研究

2010-07-27 17:49:52 | Weblog
いやぁ~。また 何だかご無沙汰になってしまいました。


夏休みにも突入してしまいましたね。
夏休みになって、まだ、一週間しか経ってないのに
もう、毎日が暑苦しくって「早く、9月になってくれ~っ」と一日一回は念じてます。


子供たちの宿題も結構順調に片付いていき
下の子の宿題はほとんど終わってしまった。

上の子の宿題はさすがにたくさん出てるので まだまだだけれども いつもの夏休みよりかはかなりペースは速く進んでいっている。


今日は自由研究の宿題をすべく 近くの川に水質調査に行ってきた。
国土交通省が多分主催で 人を募集していたので(応募はコープだけれど) 行ってみたのだ。

バケツ、網、ピンセット ルーペ、バットなど 道具は全部 貸してくれて
川にすんでいる虫たちを捕まえ、どんな魚、虫、生物がいるのかを書き出し
その虫の種類を調べて その川がキレイなのか否かを調べたりする。



子供たちは結構楽しげで きれいではないけれど 汚くもない川に躊躇うことなく入って行き
小一時間で色んな虫をバケツに捕まえ、主催者のおじさんに名前を教えてもらい 数を数える。
なかなか、勉強になった。


私は、そういう虫たちに全然興味がないのだけれど
「プラナリア」を捕まえ、発見した時には ちょっとテンションが上がってしまった。


高校時代、生物の時間 「プラナリア」を切って 再生していく様子を観察した日々を鮮明に思い出してしまったのだ。


ちなみに「プラナリア」はきれいな水質の川にしか生存しない。


帰り道々から 「で、この自由研究って何に書いたらいいのかしら?」とちょっと疑問に思ってたんだけれど。
改めて 学校から配布された自由研究についての紙を見る。

「とりのこ用紙 一枚にまとめる」と書いてある。


「とりのこ用紙って何っ?」


そこにつまづいて、記憶が鮮明なうちに取り掛かろうと思っていたのに ちょっとやる気がなくなってしまった。
ちなみに子供たちは川で虫を捕まえた段階で 宿題は終わった気分です。


とりのこ用紙・・・香川(四国?)の方言で模造紙のことらしいです・・・。(ネットで調べた)
    
コメント

いつなの?

2010-07-09 07:43:15 | Weblog
昨日 書いた 下の子のミニコンサートの件。

昨日はどうやら学校でミニコンサートは行われなかったらしい。

てっきり昨日あるもんだと思っていた私。
学校から帰ってきて、まず「どうだったの?」と待ちきれなく、根掘り葉掘り尋ねる準備をしていた・・・。

「友達とお笑いをする」と言うのは子供の思いつきで 実際は結局「やらなかった」と言うことになるのでは・・・と内心思っているのだが。


子供の答えは
「今日はミニコンサート なかったけれど、ちゃんと申し込みしてきた」と笑顔。


申し込みしたの?本当にするの?


「いつするん?なにすんの?」と聞いても 全て

「ひみつーっ!!!!」


メンバーは いつも 家でも名前の出る 仲良しのクラスメート。


とってもとっても 気になる母です。
コメント (2)

晴れ舞台?

2010-07-08 12:35:12 | Weblog
今週は息子達の小学校で 昼休みに「ミニコンサート」と言うのが開催されているらしい。

自由参加で 誰でも気軽に何か芸を披露できるようだ。

上の子の仲のいい友達も ピアノの演奏をしたらしい。
その時「香川一 ピアノ演奏が上手」と紹介されたみたいで うちの子達は家に帰ってから
「木下君は ピアノ 香川一 上手いねんで!!!」と
自分のことでもないのに 威張っていた。


下の子のクラスメートも手品を披露したらしい。
小学一年生なのに なんて度胸があるのかと感心してしまった。



で、今日もお昼休みに ミニコンサートがあるのだそうだ。


「僕もミニコンサートで お笑いするんやでっ!!!」と下の子が昨日、突然言い出した。

「えっ!!!何するん?漫才?変顔?一人で?どうするん?」と
あまりのことで 思わず、質問に質問を重ねてしまった。


「えっと・・・。友達と4人で お笑いするねん」と笑顔。

「練習したん?」

「休み時間にするわ」と無邪気に言うけれど 

時間がなさ過ぎやろ~・・・。と心配するのは母ばかり・・・。

上の子はそれを聞いて 笑っていたけれど。


果たして、本当にミニコンサートで何か披露しているのだろうか。
考えただけで 何やら 緊張してしまう 母です。

コメント