ずぼらな毎日。・・・これでいいのか?

我が子の振り見て我が振り直せ。ああ、私って一体何を目指してるんだろう?と疑問を持ちつつ、とりあえず今日も頑張る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

将棋熱再び

2013-06-06 12:04:06 | Weblog
香川にいた頃は毎週将棋教室に通っていた我が子たち。

奈良に引っ越ししてからは する機会もなく。
上の子はせっかく初段の許状ももらったのに 本当、残念。

中学校では将棋部がないのだが 小学校では将棋クラブがある。

せっかくなので下の子に「将棋クラブ、入ったら?」と言っていたが
兄ほど、そんなに将棋が好きではない弟。

5月にクラブ見学があり、学校に希望を提出する際
第一希望は「科学クラブ」 第二希望は「卓球クラブ」 第三希望は何故か「バトミントン」で学校に提出していた。

小学校のクラブは6年生5年生から希望クラブに入れるらしく 4年生は残り物。
下の子の希望するすべてのクラブに入れず(あらあら、残念) 
仕方なく(母としては良かったんだけれど)「将棋クラブ」に入ることになった。


下の子にしてみれば 仕方なく入った将棋クラブであったけれど
今はクラブのある日はルンルンで通っている。

どうやら自分が一番強いらしく、6年生はもちろん、先生にまで勝ってしまい、皆から『神』と言われてるようなのだ。
上の子は自分より弱い弟が『神』と呼ばれることにちょっとジェラシーを感じるらしく
「あー、僕も将棋クラブ入りたいっっ!!!」
「将棋、やりたいっっ!!!教室通いたいっっ!!!」とわめいている。

この前、「情熱大陸」で里見香奈女流棋士が出ていたのを見て 
将棋の面白さを再確認し、ますます「将棋やりたい病」をこじらせている。

母としても やらせてあげたいのだが 時間がないのが現実だ。


せっかく関西に住んでるし 何かとチャンスも多そうなんだけれど。

下の子は学校のクラブに加えて JTの大会も申し込めるし色々あるんだけれど・・・。


前みたいに 近くの公民館でお年寄りがやってくれたら一番ありがたいんだけれどなー。



ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ガラケー | トップ | いつ来るのか、反抗期。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事