ももんがのつぶやき

ミニチュアダックス3わんこ+居候の1わんこが家族のももんがの独り事。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手指の炎症を巡るモヤモヤ

2016年12月02日 13時45分55秒 | 病気,ケア
今年、6月頃右手が痛くなり、なんで痛めたのか全然心当たりがなくて、iPhoneの使いすぎかなぁ?くらいしか思い当たらなくて。

しばらくほっておけば治るかも?と放置していたのだが、痛みが引かないので9月に地元のN整形外科で受診。

診察の結果は、『なんらかの炎症』

右手が痛くて病院にいったのだけれど、実は左手の親指、人差し指、中指の3本が痺れていて、これは、多分頚椎の5、6番のヘルニアが原因なんだけれど、
このN整形外科で、同時に診療され、レントゲン、そして、以前MRIを脳神経外科でとっているのだけれど一年経過しているので、他のC病院でのMRI(この病院にはMRIがないので)を撮るようにとのことで、MRIを撮り、その結果を持ってまたN整形外科へ。

左手の痺れはもうかれこれ20年。
脳神経外科では、首の7番の骨を人工骨に入れ替える手術で痺れは治るとのことでしたが、生死に関係ないので、リスクを考えて行いことにしました。
左手の痺れは、病院ではなく、カイロや他の東洋医学に頼り治療することにしました。


今回の、右手親指の痛みの原因と治療が希望なのに、今通院しているN整形外科では、なぜか、治療という治療はない。
ここでは、月に一回の担当医(私の場合は院長)の診察を日にち予約で受診しなくてならなくて、その他は、理学と運動のリハビリを受け、なぜか?ここでは、理学療法と運動療法を同じ日には受けてはいけないことになってます。

理学療法は、バイブラやら、SSP、マイクロウエーブなどの電気を当てる治療で、これは予約なしでいつでも行ってよし。

運動療法は、いわゆるマッサージなど、こちらは予約が必要です。

そして投薬。
炎症を抑える薬とビタミン剤、湿布と塗り薬。

院長の診察では、症状を聞いてカルテに書き込んで、患部をうごかすだけ。
いつも、握力検査をさせられるのだけれど、右手は痛くて握力計を思い切り握れないし、左手は痺れているから、やはり無理。

結果、私の握力は15〜19

院長曰く、『80歳』の握力で、このままだと将来寝たきりだよ。

毎回診察では、ストレッチが足りない。筋トレが足りない。

こればっかり!

筋トレは、器具を使ってにぎにぎしてトレーニングして、今の握力19を27にして来いとのお達し。



ストレッチはどうしたいいか?聞くと、痛い指を曲げたり伸ばしたり、???痛くて出来ないのに?

運動療法の先生は、炎症があるのだから動かさないほうが良い。と、院長と正反対の意見。

院長は、筋力がないから、手を使う負担に負けちゃうのだから負けない筋力をつけろ!っていうことなんだろうけれど、、、、。

私の仕事は別に手を特別使う仕事ではないし、日常の水仕事や家事や、パソコン、、、当たり前のことが出来ない筋力だとは思えないんですが。


週に2、3回の通院で、電気やらマッサージ。
しかも、右手の治療は何もなくて、治るとは思えない。

院長の診察っていうのが、いつもいつも嫌で仕方ない!!
この院長の一言ひとこがムカつくし、到底納得できないことばかり。

肩に耳がつかないのは、背中のストレッチが足らないからだ!とか、
『ほら、僕はつくよ』って。

ちなみに、教えをしているBDCでイントラのみんなにやってもらったけれど、みんな、つかない。
普通つかないよね。
あ、一人だけつく奴がいた〜。(男子)

とにかく、横柄な院長。
痛い原因も教えてくれないし、何が悪いのかも明らかにせず、筋力、ストレッチしか言わない。
筋力つけて痛みが無くなるなら、医者の仕事じゃぁないじゃん。



FBに愚痴をアップしていたらダンサーの知人が接骨院を紹介してくれたので、先日行ってきました。



そこの先生のアドバイスは、N整形外科の院長とは、正反対。

やはり、炎症を起こしているのだからなるべく使わない。安静。そして冷やす。
しっかり、治療もしてくれて、その日は、痛みも軽減しました。

左手の痺れの原因も探ってもらったのだけれど、
こちらは、首からでも、腕からでもなさそうで、わからず。
先生にも左手は治せない、、、らしいです。

左手は痺れだし、半ば諦めてるので、致し方ないです。


が、

今のモヤモヤ、痛くて日常生活にストレスが半端ない、この状態に救いの手を差し伸べて貰えたことで心がすっきりしました。
先生は治せるよっておっしゃってくれたので、安心しました。

接骨院の先生にお世話になりたいと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« まこの車イス | トップ | ふわふわオムレツとクリーム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

病気,ケア」カテゴリの最新記事