ごまめ~の~いちょかみ・Ⅱ

趣味(落語と本)の話を中心に、ごまめになってもいちょかみで幅広くお届け

上方落語の舞台裏~小佐田定雄

2019-01-10 05:05:05 | 本の少し
上方らくごの舞台裏 (ちくま新書)
クリエーター情報なし
筑摩書房

☆☆☆☆

小佐田定雄さんの“舞台裏”シリーズの枝雀、米朝、に続いての第三弾。

今回は演目の精選38も、ど定番の演目ではなくちょいと捻ったもの。

実際、演者として紹介されるのも、三代目春團治、六代目松喬、五代目文枝、
四代目文紅、六代目松鶴、先代福郎、三代目文我、先代春蝶、先代歌之助、
露の五郎、吉朝、二代目染丸、仁鶴、雀三郎、松之助、ざこば、鶴瓶、
と生の高座を聴いた馴染み方ばかりで、親しみがわく。

ほんと裏ばなしに相応しい内容で、
例えば、吉朝さんがいかに落語が好きだったのかをと、「連鎖落語」を紹介。

「東の旅の発端」からスタートして、「ふたなり」「野崎詣り」「蔵丁稚」「饅頭怖い」
「不動坊」「口入屋」「親子茶屋」「持参金」「崇徳院」「つる」「小倉船」「皿屋敷」
「蛇含草」「狸の賽」「高津の富」を繋ぎながらの落語に。
そのときのネタ帖には「全十六席ヲ八分デ演了ス」と、聴きたかったですな。

「お囃子さん列伝」と称して、歴代のお囃子さんから、当代のお囃子さんまでご紹介。
師匠、お弟子さんの関係がわかって、スッキリと。

“舞台裏”シリーズの中では、個人的には一番のお薦めですな。
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« お友だちからお願いします~... | トップ | いずみコミセンワンコイン寄席 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本の少し」カテゴリの最新記事