毎日が日曜日・・・のようなもの

仕事もリタイア 家での生活を中心に気楽な毎日
明るい引きこもり人生を送っております

お豆腐を冷凍すると・・・

2017-02-28 12:11:29 | 日記
何日か前に
ネットで見かけた
「お豆腐を冷凍するとお肉になる」

えっ?♪ どういう事だろ?・・・・

だって世の中には「高野豆腐」というものがあるではないか

意味が分からなかったので試して見た

    
    笑いがこみ上げてくるほど お肉ですよw

一日凍らせた豆腐をレンジで解凍
水分を絞れるだけ絞ったらふぁふぁのスポンジ状態になった
細かく切った玉ねぎ 卵 調味料 パン粉をつなぎに使して
ナゲット風におまとめし片栗粉をまぶして揚げてみた

    コレ・・・彼に黙って食べさせたら
    間違いなく鶏肉だと思うだろうなw

別に「お肉」関係なく
これはイケますね・・・今朝 又もやお豆腐を冷凍庫に入れ
今度は豆腐ハンバーグを作って見ます



ひとりごと

今朝 洗濯をしようと思い
彼のバスタオルやTシャツを何気に手に持って・・・衝撃的な事実に気がついた

匂いが消えている! なんにもしない・・・ってどういう事
そう言えば・・・

何度がブログでもお話しておりますが
彼の体臭は「お花」の香りで そりゃあもうスゴイの何のって バスタオルなんて洗っても洗っても匂うw

私にはなんとなく わかるんだけれど
あれば「霊臭」で彼のからだの中で住んでいる?「天使族」ではなかろうかと感じていた

そう言えば・・・・
気がついていたんだけれど なんとなく口に出せずにずっといた

あの事故以来 彼からはあの花の匂いを感じない事を・・・。

きっと 間違いなく 彼の天使は 彼の命を救って そして 去っていった
きっと 間違いなく ニンゲンの生死に介入してはいけないオキテを破ってしまったから去るしかなかった

いやいや そうじゃなくって
2017年2月2日 彼が事故を起こす事を知っていた彼の天使が
彼を守るべき使命でずーーっとそばに寄り添い
その使命を果たしたから去っていったのか・・・・

そんな取りとめのない私の妄想を
今朝 勇気を出して彼に話してあげたら

「なんとなく・・・その話は分かるよ 話してくれてありがとう

あの うっとりするほどの花の香りが彼から消えた事は寂しい
もしもあの匂いが体臭だったら突然消えるわけがない
あの匂いはまぎれもなく彼のからだに住んでいた高次元の天使族の香りだったのね

ん?♪
もしかしたら ひょっとして
あの香りは 誰もが気がつく匂いじゃなかったのかも知れない
私は感じられた 強く強く 天使族の香りを感じられた 嬉しいな
本当に彼を助けてくれてありがとう 心からありがとうを伝えます

ふと 目をあげて
ドラの窓から外をみたら
風もないのに桃の一枝だけが大きく大きく揺れている

この世界は不思議な世界と重なっていて・・・たまに私は感じる時がある


     
     ドラちゃん降りておくれよぉ トイレにゆきたい

     イヤにゃイヤにゃ 我慢するんにゃ

・・・って
強硬手段で下ろしたら
ドラもトイレにゆきました
連れションかよ




 



      

コメント

春の花選び♪

2017-02-26 11:14:01 | 日記
もうすぐ3月ですね

我慢我慢で「花苗」を買わずにいたけれど・・・
(植えてもこの地域の寒さで葉牡丹までが枯れてしまいました もうビックリです

今朝は
焼き芋を食べながら
ネットで花選びに没頭

    
    予算は5000円!

    あれもこれもは買えない金額ですから
    ターゲットを絞って 今年はハーブの中でも「セージ」をメインに植えようかと考えております

    暑さ寒さに強くって 花がキレイで 香りもステキ
    いろんな種類があって目移りしてしまいます このひと時が楽し過ぎる~


ふと 画面から目をあげたら
窓辺でドラがウトウトしてる いいお天気だものね
おかあしゃんの膝より今朝はお日様を選んだようです

      
      目線は・・・・どこかと言うと
      点点点・・・・・・・と追ってゆくとぉ


      ハイ ナツメくんでした
      
      アッシもそこの窓から外がみたいでっす


      
      
      ダメにゃ ここはドラの窓にゃ


昨日 彼がナツメを抱っこしてリビングにやってきた
知らないオウチに遊びにやってきた子供のように
もう瞳がキランとしちゃって あれもこれも見て見たいと首がグルングルン回ってたw

そして最後に一点! ドラの窓から目を離さない
ドラちゃん 仁王立ちで窓を死守w 

10分ほどリビングを抱っこで見学して
ナツメルームに帰ってゆきました

「なっちゃん お前何キロあるんだ?! 重たいよぉ
「イヤ アッシは それほどでもないはずなんでっす

いいの いいの
痩せた猫より ちょっと太った猫の方が長生きするっていうデータがあるらしいからさ

ちょっとってどれくらいかが問題だけどね




      


コメント

枝のインテリア

2017-02-25 14:37:25 | 日記
今日は朝から庭仕事に精を出し・・・くったくたです

お日様が出ていれば暖かさも感じられるほどのガーデニング日和でした

先日の強風で折れたらしい?モミジの枝・・・・

「どうする?♪」・・・と言いながら
子供のように振り回している彼

「枝ぶりがおもしろいから ひとまず中に入れよう♪」

・・・・・で こうなった

      リビングの隅っこに
      
      何かを引っ掛けられそうだったので
  
      ・・・と言ってもぜんぜん思い付かなかったから
      庭のヘデラを間引いたので それを絡ませて見ました

      フェイクっぽいけど これは本物 2メートル以上の堂々の長さ!


       

「まさか 重いものとかぶら下げないよね
「うん そこで懸垂はしないw」
「・・・・良かった」

軽いものね
エアプランツを何種類から育てて見ようかな

(枝にグイッと力を入れて見たけれど イヤイヤ相当ガッチリくっ付いてます・・・懸垂はしないけどw)


なにしろ 今日は疲れた
足も腰も悲鳴をあげている
もう何にもしたくない・・・・海外ドラマを観ながらお茶ですね

コメント

勝手にふんふん♪の日

2017-02-24 11:03:12 | 日記
ふんふん♪
予想通りの快晴日!

今日は庭の小道(延長している)作りのヘルプに彼がやって来てくれる(・・・予定)

先日の会話

「ホントだ 庭の小道 勾配がきついんだね 足をケガしてよくわかったよ
 ゴメンね 分かってあげられなくて・・・・」

ふんふん♪ 怪我の功名でますます優しくなってくれた
(・・・で私が安心して歩けるように工夫してくれるらしい)

レジで小銭を落とした時
横断歩道を青で渡り切れない時

そっと誰かの手が優しく手助けしてくれる
本当に本当に心から有難く・・・
自分以外に注意を向けられる人は幸せである 

「おばさん・・大丈夫?」
ぶっきらぼうな高校生男子の眼差しに ふと甘えたくなる

「大丈夫じゃないから手を貸してくれる?♪」

ふんふん♪ 横断歩道を若い男性のエスコートでゆっくりゆっくり 車を待たせて渡るんだ
どこぞのどんな子なのか知らないけれど
優しいキミの未来に幸あれ!と魔法をかけてお別れする


以前 知人と東京方面に用事があって出かけた時のこと・・・
目的の場所を探せず 誰かに道を尋ねようという流れになった

なんと知人は・・・
道端でウンコ座りしながら円陣を組んでいる(どっからみて不良一味w)若者たちに声を掛けた
知人は帽子を脱いでお辞儀をし丁寧に道を尋ねている
若者たちは一瞬たじろぎ・・・その後全員が身振り手振りで道を説明していた

「ねえ 聞く人間違ってないw 怖いよぉ・・・金髪軍団
「イヤ ああいう子たちにこそ 丁寧に声を掛けてあげるべきなんだよ 親切だったろ?♪」

誰だって誰かの役に立ちたい 
ありがとうを貰えたら きっとその日 一日中ハッピーでいられるのかも知れないね ふんふん♪


    朝からおにぎり握って ふんふん鼻歌まじり

    
    後は 卵焼きとトン汁作って♪

今日のラジオのお題(F横)は
アナタにとってプレミアムな時間は?♪

好きな庭仕事をしながら 好きな人と
青空の下でおにぎり食べ食べトン汁をすする

ささやかではありますが プレミアムな時間です ふんふん♪

    
  
    







コメント

彼女と彼女の猫

2017-02-23 17:04:14 | 日記
「彼女と彼女の猫」を観ているその画面の前で 寝ているドラちゃん (新海誠の短編アニメーション)

 
 
 おもしろいかにゃ


 
     
     刺し子の「花ふきん」あと1枚で 完了・・・なんだけど
     ドラの邪魔が入り なかなか進まない お仕事させてくれーーーー!

          手・・・・貸すにゃ


昔飼っていたネコちゃんたちも
ニンゲンが集中するテレビの前に座ったり テレビの上にのっかったり
一生懸命視線を自分に向いて欲しいアピールをしていたけれど

ドラも同じ PCのディスクトップのまん前に陣取り
「ドラを見るのにゃ 」のアピールに忙しい

(シッポでキーボードをバシバシ叩くからw・・・アラアラ画面が・・・どこへゆく


雨も止んだようですね
明日は晴れ!なんだそうです

そろそろガーデニングにも力を入れてゆかないと

     
     鶏のファミリーが囲んでいるのは15歳になるサボテン
     
     父さん鶏の言うことを聞いて見るだけね トゲがすごいんだから 触ったら痛くするよぉ

     今年こそは必ず植え替えてあげよう!




彼女と彼女の猫

大きな事件もない 限りなく平凡な日常でも 
小さな喜び 小さな悲しみ 小さな悩み 誰だってあるんだけれど
一人暮らしの女性と住む猫の視点で物語は進んでゆく

ニンゲンと住むペットたちはこんな気持ちで飼い主の帰りを待っているんだね
特に猫は 大きなサプライズなんて欲しくない
優しい声で呼ばれ 柔らかい手で触ってもらえたら 極上の1日となるのだろう

極上の1日・・・
私はドラとナツメに今日はプレゼントできただろうか

たまには アニメも良いものですね 




     

 

コメント