毎日が日曜日・・・のようなもの

仕事もリタイア 家での生活を中心に気楽な毎日
明るい引きこもり人生を送っております

美人の作り方

2018-09-04 12:40:52 | 日記
時折激しい雨が叩きつけて
我が家の「雨漏り」を脅かしてます
早く通り過ぎて欲しいよ・・・・21号

何度もリピ買いしている ラウンドペーパーボックス大小セット
昨日新入りの青いのが2セット届きました

   

モノを整理するには四角いカタチの方が使いやすいけれど
私はなんだか丸が好き
それに箱の中は整理なんか出来てないw ぶち込んでいるだけの便利?さです

          

階段に置いているものには
小さなタオル(掃除用)ストック 
ソックスやレギンスのストック
コロコロ(猫が来てからの必需品)半年分wストック
猫のオヤツその他雑多のストック

私にはこの階段置き場
キッチンとリビングの中間付近がとても便利な「置き場」でして
一日何度もフタの開け閉めをしている
紙のボックスだけれど 強度ですよ 赤いのなんて3年以上も使用してますがへこたれてません

写真を撮って気が付いた!
やだ 黒板ドアのカレンダー まだ8月だよぉ 9月に書き直そう

         

キッチンの青い箱には
お菓子とコーヒー粉のストックがギッシリです
セットで580円は嬉しい (送料の方が高いんだよねぇ aha)

    

今朝 クロリンのお給仕に手がすべり
玄関のタタキにカリカリをいっぱい溢してしまったの(寝ぼけてる)

ワンコならこんな時 ラッキーとばかりに全部食べて片付けてくれるけど
猫は 猫は何故食べない 
さっきから食べてくれるのを待っているんだけれど・・・ダメだこりゃ

ドラもナツメも 自分のご飯ボールから落ちたものは食べようとしない
私は食べる テーブルにこぼしても拾って食べてる
床に落ちたのだって・・・モノによってはw口に入れる

最近 クロリンがご飯を残して去ってゆく・・・
猫ってどこまでも限りなく贅沢になってゆく生き物らしい

ああ 玄関 片付けないと・・・


     

本の題名は忘れたけれど
確か・・・
美人の作り方・・・とか
30メートル離れても美人に見える化粧法・・・ちょっと違うかな

タイトルはどうでもイイけど
何しろ
「美人」を作ろうと思ったら こうしたらイイみたいな事が書いてある本だと思います

本は買わなくても
大体の事は見出しの文章とレビューを読めばわかるよね

美人になるには何しろ潤いが大事 
顔はテカっている方がイイ 
オイルファンデを推奨
シミやソバカスはあって当然 デメリットを生かすには顔をテカテカにテカらす
にきびがあってもテカテカにする
セレブはみんなテカってる

何しろね テカテカ ピカピカ にする事らしいの
粉っぽくしないって事だよね
シミやソバカス にきびをマットなファンデーションで隠さない

想像するに
白いペンキを塗るんじゃなくって
目地を生かす透明ニスを塗るって事らしい

私は賛成 大賛成ですね ぜったいその方が美人に見えるかどうかは分からないけど
若々しく健康的には見えるもの
テカらすモノなら ニベアとかワセリンとか・・・安価で済むし

映画「トランスポーター3」に登場する顔中ソバカスなのかシミなのかわからないけど
どうよ!と言わんばかりに顔中テカテカに光らせてシミやソバカスを自慢?していたヒロイン

     

この女性はニューヨークのヘアサロンにお勤めをしていた美容師さんだったの
街で見かけた彼女に監督のリュックベッソンが一目惚れ
女優にならないか・・・と声を掛け「トランスポーター3」に出演 シンデレラガールに♪
(確かそうだったような 興味があったら調べてみてね)
日本人にはこの女性・・・不評?だったようだけど
私はすごく魅力的に感じました カワイイよ

男性は・・・シミでもソバカスでも隠すよりは(どうしても厚塗りっぽくなる)
ピカピカに手入れをしている顔が好きなような気がする

若い頃 私は相当ニキビに悩まされ
テカテカどころか 顔を乾燥(ニキビを治すためだと思って)させ
粉ふきイモみたいなw カサカサの冴えない顔をしてました

成人してからは
薬害で肝臓を悪くして顔中紫のシミが出来 それを隠すためにカバーマークが必須でした
意を決して化粧品を全部辞め
そのまんまの汚い顔にテカテカのオイルを塗って過ごし始めたら
何かわからないけど・・・モテ始め 
若い男性陣たちからは「化粧しない方がキレイだよ」と言われ始め・・・・
うつむいてばかりで過ごしていた時期が嘘みたいに自分に自信が持てるようになったの

いつの間にか紫のシミは消え失せ
今じゃシミなんて一つもない(大嘘付きにゃ)美しい肌をワセリンでテカらせて暮らしてます


テカらすといえば・・・

私の両手ですが 右手はしっとり美しく 左手は何となくカサカサしていて老人シミが目立ちます
なんで? なんで?・・・とずーーっと不思議に思っていたけれど
気が付いたよ その理由・・・

化粧水でもワセリンでも 私は左手にたらして左手で顔に塗る
左手に余分に残ったワセリンは当然「右手の甲」に無意識に塗るよねぇ
この無意識の仕草が「んーー十年」も続いてた訳で
油分をいつも貰ってテカってた右手はシミもなくツルツル
油分を貰い損ねて来た左手はカサカサでシミも多い

最近は意識して右手にワセリンを取り 残りを「左手の甲」に塗ってあげているw
(ちゃんと両手にハンドクリームを塗れば済む事なんだけど・・・いつも忘れる

30メートル先からやってくるレディース軍団がいても
顔が光ってる(テカッてる)人が勝ちってわけですw

若い頃は「油取り紙」が必須のアイテムだったけど
あれは若さの特権だったのね 

やっぱりテカるは若さ 
若さはそれだけで美しい
美しいは・・・だからテカらす事 

今日も朝から元気にテカってます
ちょっとワセリンを塗りすぎて 猫毛が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引っつく


コメント