12月31日(土)

◆1面「公務員OB 年金給付 削減へ」
ようやく削減が始まったという印象ですが、
逆に一度削減され始めるとそのまま削減され続け
最終的には給付がなくなる、という危険性もあります。
色々と改革が始まっている年金制度ですが、
今後の動向に要注目です。

◆2面社説「一歩進んでミサイル防衛」
確かに、使えないシステムを作るために資金を
投入することは無駄なことです。ですが、同時に
このような設備を整えなければいけないという
現実がやはりとても寂しいです。使えるシステムが
完成されたとしても、それが使われることが
ないことを祈ります。

◆6面「インドIT各社 技術者採用 急ピッチ」
ただでさえ優秀だといわれいているインドのIT各社が
雇用を拡大し、教育を行えば日本にとっては
ますます驚異的な存在となります。対策としては
やはりより上流工程での開発に関われる
スキルを蓄積していくことが大切です。
そのためにも、今後は人をマネジメントする
能力を中心に育成していくことが要求されます。

◆7面「ダイムラー、新社長就任へ」
個人的には、やはり低価格帯の車種はブランド
イメージから手がけてほしくないと思ってしまいます。
事業展開をするのであれば、高級ブランドという
イメージを維持したまま、車以外の生活に関わる
面にダイムラーブランドを進出させるという
戦略も考えられます。今後の動向に注目です。

◆9面「家電、ソフト欠陥に悩む」
人が作っているものである以上、欠陥のない
ソフトを作ることは絶対に無理です。
いかにバグのないプログラムを作成するか
ということももちろん大切ですが、それ以上に
バグが見つかったときにどのような対策を
とるかということのほうが大切です。
消費者側にも、お金を払っている側ではありますが
バグがあることを前提として商品を利用する
というくらいの寛大な気持ちが必要です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月30日(金)

◆1面「ネット取引 年末活況」
私も社会人になったら密かに株を始めようと
思っていますが、これだけ変化が大きいと
近いうちに大きな制度の改変が起きそうだ
という印象を受けます。
具体的にどのような変化が起きるかは
皆目検討がつきませんが、何にしてもまずは
株の勉強をしなければいけません。
一度、勉強会に出てみてもよさそうです。

◆3面「談合防止、建設大手足並み」
日常生活においても駆け引きがあるように
本音と建前、という考え方がある限り
談合を根絶するということは不可能です。
ただ、減らすことはできると思うので今回の
取り締まり強化と同時に、入札の仕組み自体を
検討しなおすことが大切です。

◆9面「パチンコホール上場へ」
これまで事実上上場ができなかったパチンコ業界の
企業がなぜ今回上場できることになったのかが
とても気になります。また、実際に上場してからの
株価の変動にも注目が集まりそうです。
ピーアークとダイナム、要注目です。

◆9面「ダイエー 食品で高級ブランド」
ダイエーというと、どうしてもすでに「安い商品を
扱っている」というブランドイメージがあるので
それを変えるためには、例えばロゴを変更する
というくらいの変化が必要です。他の商品が
安い中で高い商品を扱うと必要以上に高価格
という印象を受ける可能性もあるので、例えば
せめて売り場を別にするといった戦略が必要です。

◆13面 株価
相変わらずプロダクションIGの株が見つかりませんが
代わりに関門海の株を見つけました。
マザーズの一番左の列の上から2/3あたりにあります。
現在の価格は2500円。今後、この価格がどう
変化するのか、こちらにも注目していきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月29日(木)

◆1面「自動車、販売網に大型投資」
最近「ブルーオーシャン戦略」という本を
読み始めたのですが、それをあてはめると、
ある会社が他店にのまれないためには
全く新しい販売サービスを提供することが
必要とされます。
例えば試乗コースの途中にあるレストランを
利用すると割引になるというサービスなどは
いかがでしょうか。割と普通ですが…。

◆3面「年末商戦 幅広く好調」
ひとりおせちが好調だという状況が
少し寂しいですが、逆にひとりでも
おせちを食べたいという日本の伝統に
対するこだわりを感じます。独り暮らし用に
「すぐに作れる一人分カンタンおせち」
メニューをつけたりしてて販売しても面白そうです。

◆10面「IBM 昇格望むなら自己申告を」
この制度が導入されれば、逆に「昇格しない」
という選択肢も選べるようになります。
そうなれば、例えば女性がずっと同じ
時間の融通がきく立場で働き続けられるように、
昇格を希望しないという働き方も考えられます。
働き手としては利点が多そうですが、会社側から
どう見られるかはまた別問題になってしまいます。

◆23面「和風アイス店、来秋展開」
テイクアウト用のアイスで100円は安いですし、
同時にヘルシーさも売りであれば、強みが
ふたつあるのでとても売れそうです。
開店されたら食べに行かなければ…。
【えん】http://www.rakuten.co.jp/okaimono-en/

◆23面「京都らしさ体験 長期滞在プラン」
「非日常」は旅行での楽しみの要素の
ひとつですが、このように徹底した
「非日常」であればそれだけの
付加価値があるとして高くても売れそうです。
これ位のお金がぽんと出せるくらい
稼げるようになりたいものです(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月28日(水)

◆1面「社長100人アンケート」
一度だけアンケート調査を取るのではなく、このように
何度か行ったものの結果をまとめて表示すると
面白い発見があります。特に「1年後の景況感が
良くなる」という数値はあまり上がっていないのに
「消費者物価が上がる」という数値が大幅に
上昇しているところが興味深いです。
これが、なぜこうなっているのかというところまで
読み込めるようになる力が必要です。

◆3面「ATM稼動、ばらつく」
年末年始もお仕事をしている方々のための
「代替年末年始休日」という制度を作っても
よさそうです。例えば、そういう方々に向けた
お正月っぽいイベントを開催しても面白そうです。

◆15面「女性向けフィットネス」
居酒屋チェーンと提携するのであれば、食事と
連動させない手はありません。食事とまでは
いかなくても、運動後の野菜ジュースなどを
居酒屋から提供する、というサービスがあれば
利用率も高まりそうです。

◆15面「『使いやすさ』価値高める」
ある分野に特化することで、それがそのサイトの
付加価値になります。ここでも、物事の二極化を感じます。
そして、この他にどのような「専門サイト」が出てくるのか
個人的にとても楽しみです。

◆21面「ジャスダック」
実はプロダクションIGの株価を追いかけようと
銘柄を探したのですが、見つかりませんでした。
「サービス」に入っていたと思ったのですが
分からなかったので明日またゆっくり見てみます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月27日(火)

◆1面「2008年度にも年金カード」
これまでとは違った発想での年金への取り組みなので
とても驚くと共に歓迎できる動きです。
あとは、実際にこれが実行されることを
期待するだけです。端末整備などでコスト的な
問題があるならば、例えば現行のクレジットカード
会社と連携するといった柔軟な対応が
検討されることを期待します。

◆34面「指導的地位に女性3割」
このような具体的な数値目標に向けて
取り組みが行われるのはとても良いことです。
ただ、もちろん目標を掲げた次は
それを達成することが求められます。
具体的にどのような対策で目標達成を
目指すのか、今後の動向に注目です。

◆15面「障害者向け企画社に出資」
高齢化も進むなか「ユニバーサルデザイン」は
今後益々注目を集めそうですが、「誰にでも」
優しいデザインということは、例えば若者に
とっても優しいデザインだということです。
そう考えると、機能性だけではなく、デザイン性にも
優れた商品が開発されれば人気が出そうです。

【IRIユビテック】http://www.ubiteq.co.jp/

◆11面(広告)「アントレ 独立準備完ペキ指南」
「女性のための独立BOOK」というとても魅力的な
冊子付きで、思わず購入してしまいそうです。
34面の記事や、5面に「ハローワーク 母親向けに設置」
という記事も掲載されていたりと、今日は女性の労働力に
関する記事が多い印象を受けます。
例えば、女性の社会進出率と、新聞に掲載された
女性の労働に関する記事の数との相関をとってみても
面白い結果が得られそうです。

◆27面「『えびフィレオ』通年販売商品に」
商品の付加価値を高めるひとつの要素として
「期間限定」という要素が挙げられます。
この「えびフィレオ」もその付加価値が
あったからこそ売れた商品なのか、あるいは
有名なモデルさんをCMキャラクターとして
起用したから売れたのかが気になります。
最近経営戦略があまり成功していないという
印象を受けるマクドナルドの動向に要注目です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月26日(月)

◆1面「セブン&アイ 西武百・そごうを傘下に」
24時間営業のスーパーが増えるなか、もしかしたら
24時間営業の百貨店まで出てくるのではと心配です。
それぞれの差別化のためにも、コンビニにはより
地域密着型のサービス展開が期待されます。

◆1面「富士写、300億円で買収」
電子ペーパーの技術が発展し、紙媒体での
印刷物が減ればインクの需要も減少します。
ただ、消費者ベースでは記事にもあるように
需要は見込めます。それぞれに応じた取組が大切です。

◆2面「インド洋大津波 無償供与246億円 大半が未使用に」
提供した支援金が使われずに残ってしまっているなんて
非常にもったいない事です。使い方が分からないのであれば、
支援金を提供した側が用途についてのアドバイスをする
という対応も考えられます。

◆5面「年金不振は大きな誤解」
年金未支給世代として一番不安な事はとにかく「結局
いくらもらえるのか」ということです。現在出されている
見込み金額だけでもいいですし、景気によって変動する場合も
その最大値と最小値を示してくれるだけでも構いません。
こちらが一番知りたいと思っている情報が
明示されることを期待します。

◆17面「宮里藍さん」
彼女をとても魅力的に感じる理由が少し分かりました。
素敵な親子ですね。お父様の考え方も素敵ですし、加えて
娘と一緒に成長していこうとする姿勢がとても魅力的です。
私もこんな親になれるよう、弱いだけではない
偽らない自分を見せていく練習が必要です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月25日(日)

◆1面「『中国に親しみ』最低の32%」
何をもって「親しみを感じる」と考えているかも気になるところですが
もっと気になるのは、内閣府がどういう目的でこのデータを
集めたのか、ということです。私一人で考えても想像の範囲には
限界がありますが、いずれにしても隣国なので仲良くしたいとは
思います。国同士の利害関係に個人の力が及ばないとしても
個人同士であれば自分の気持ち次第で仲良くなれます。
大切なのは、仲良くしたいと思う気持ちです。

◆5面「『ニート』支援 25拠点」
働く意欲すらない「なまけもの」たちは自主参加型の合宿には
絶対に参加しないだろうと思い調べてみたところ、
案の定入塾のきっかけは両親という身近な人によるものだという
場合が多いようです。入れられた塾に「行く」という行為が
まだできるうちから、早めに対応をしてくことが大切です。
http://www.jiritsu-juku.jp/

◆7面「CD、品揃えには限り」
「中高年ファンの取り込みカギに」と書かれていますが、
ちょうど13面に「作詞を学び人生を表現」という記事が
掲載されています。例えばどこかのカラオケ会社と提携し
ネットサービスを利用した人にはカラオケでの特典を
与えるというサービスを展開すれば「中高年ファンの
取り込み」も実現できそうです。

◆15面「自分の資産は自分で守れ」
日本ではお金の話はタブーだという暗黙の了解的な
雰囲気がありますが、その理由を調べようと思っていたところ
また別の印象的なページに出会ってしまったので
アドレスを転記しておきます。
http://www.saveinfo.or.jp/child/ronbun/ronbun03/ron0302.html
こんな高校生が増えたら逆に日本は手がつけられないくらい
活性化しそうですね。

◆34面「不登校生徒向け 専門コース新設」
このような取り組みが始まるという動きは歓迎すべき動きです。
ですが、不登校は入学のときから始まるものではなく、
入学後に徐々になってしまう場合が多いものです。
今後は途中入学も可能になるような柔軟なコースが
開設されていくことを期待します。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月24日(土)

◆4面(プラス1)「来年こそはと思ったら」
「来年こそは」と思ったので、新しい目標はきちんと
エグゼで発表し、有言実行を目指します。
また、しっかりと紙に書き、手帳に入れるなどして
目につくところに目標を置いておくことも意識します。
来年の年末にどれだけ達成できているかを
確認することが楽しみです。

さらに、今年の最初に立てた2005年の目標を
見つけたので公表してみます。

#昨年は、前回も書きましたように、
#私にとってはとにかく「変化」の一年でした。
#今年も負けずに変化し続けたいのですが、
#その上に、今年は「忍耐力」をつけることを目標とします。
#忍耐力をつけ、そして同時に寛大な心の持ち主になれるよう
#まずは少しずつ、良い意味で「我慢」することを
#覚えていきます。

具体的な数字がなくてどれだけ達成できたかを
評価することは難しいですが、個人的にはまだまだ
忍耐力は足りないと思うので、そういう意味では
あまり達成できていない目標かも知れません。

ですが、変化はし続けた一年だと思います。
とても幸運なことです。

◆1面「自動車大手 米で小型車攻勢」
中国では高級車の売れ行きが伸びており、
国内でもややその動きがあるなか、
米国で小型車が伸びているということであれば
世界全体ではバランスがとれている気がします。
今後も小型車の攻勢が続けば、そこにさらに
インテリアやカーオーディオなどのこだわりを加えた
特殊車が増えてきそうです。

◆1面(広告)「プロ論。2」
この本の1冊目に相当する「プロ論。」のファンとしては
思わず買ってしまいそうです。このような、自分自身を
奮起させる本を手元に置いておくこともモチベーションの
維持につながりそうです。
もしまだ「プロ論。」を読んだことのない方が
いらっしゃったら、是非お読み下さい。「働くとは」
ということについて考えさせられます。お薦めです。

◆7面「米リアル 月25曲まで無料」
新しいサービスが普及すると、同時に新しいビジネス
モデルも生まれてきます。例えば、テレビのように
ネットの「ゴールデンタイム」というものも出てきて
その時間の広告料金が高い、といった仕組みも
出来上がりそうです。今後の動向に要注目です。

◆12面「週間株式」
以前、プロダクションIGが上場するという記事を
読んだことを思い出しその値段を調べてみたのですが
22日に株式公開をして、何と公開価格の3.5倍の
値段がついたそうです。今後もどのように株価が
変動していくのかますます楽しみで、目が離せません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051222-00000201-rtp-biz
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2006年に向けての10ヶ条

2005年の自分の目標を書いたメールを探していたところ、
昨年ある社長さんが教えてくださった
「2005年に向けての10ヶ条」を見つけたので転記します。
皆さんも、是非来年に向けてチェックをしてみてください。
-----
1)明るい
2)成功体験を持っている
3)運が良いと思っている
4)負けん気が強い
5)素直で、他人の話を受け入れる姿勢がある
6)勉強好きである
7)常に、プラス思考である
8)具体的な”夢”・”目標”を持っている
9)(その夢の達成の為に)時間管理ができること
10)(その夢の達成の為に)
 「お金・時間・才能・能力・人的資産などの」
 わずかな「投資」が”潔く”できること
-----

ちなみに私の場合、どれだけ2004年に達成できているものが
あったかを考えたところ、以下の通りだったそうです。

1)明るい:○
 気分のムラはありますが、基本的に明るいです。
2)成功体験を持っている:○
 成功でもあり、同時に失敗でもあるという
 貴重な体験を持っています。
3)運が良いと思っている:○
 今こうして生きていられること自体、運が良い事です。 
4)負けん気が強い:×
 「何が何でも負けない」という気持ちを
 いつも持っている訳ではありません。
5)素直で、他人の話を受け入れる姿勢がある:×
 この姿勢を維持することが、今年のひとつの目標と言えそうです。
6)勉強好きである:×
 勉強は好きですが、学んだ事を実践に移せていません。
 行動力が必要です。
7)常に、プラス思考である:×
 「常に」ではありません。波があります。
8)具体的な”夢”・”目標”を持っている:○
 小さな「夢・目標」ですが、あります。
9)(その夢の達成の為に)時間管理ができること:×
 漠然と夢を持っているだけなので、そこまで
 きちんと考えられていません。「夢に日付を」
 つける必要があります。
10)(その夢の達成の為に)
 「お金・時間・才能・能力・人的資産などの」
 わずかな「投資」が”潔く”できること:○
 昨年の後半から「自己投資」の大切さ、
 そして面白さに少しずつ気づき始めました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月23日(金)

◆1面「銀行向け公的資金51兆円 8-9割回収可能」
公的資金関係で久しぶりに明るい話題が出て来た
気がします。損失はまだ10兆円あるとのことですが
改善がされたということで評価はされそうです。
大切なことは、これから回収分をどう利用するかなので
今後の動向に注目です。

◆1面「大雪、広い範囲に」
交通や物流には打撃があったようですが、逆に積雪に
よって儲かるところはどこかを考えてみました。
単純に考えて、家から出ない人が増えるので
テレビ通販などの商品の売上が伸びるのでは、と
予想できます。そういう意味では、コンビニのように
天候によって扱う商品や商品量を変えることで
さらに利益を上げることもできそうです。

◆4面「郵政公社 北海道のコンビニと提携」
コンビニで24時間受付ができるという点ですでに
便利ですが、さらに利用を促進するためには
例えばゆうぱっくを10個送ると、1個無料になる
代わりにそこのコンビニの名物商品を自分自身と
もう一人誰かに贈ることができる、といった
サービスがあっても面白そうです。利用促進だけではなく
その地域の宣伝も期待できます。

◆9面「中国で『環境・省エネ』展開」
人件費などの関係でやや中国に押され気味の日本ですが
このようなノウハウによって中国に対して優位に
立つことはできます。大切なことは、そのノウハウを
どう中国でさらに蓄積し、再利用していくかです。
例えば中国のような大規模な市場でのノウハウであれば
同様に大きな規模を持った他国への進出、といった
戦略も考えられます。今後の動向に注目です。

◆25面「QUOカード導入 ジュンク堂書店」
書店でしか使用できない図書カードと違い、QUOカードは
他店でも利用できるので利便性が高く、他の書店にも
この動きは普及しそうです。逆に利用を大幅に限定して
「このカードではこの本しか買えない」といった
プリペイドカードを作っても面白そうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ