8月30日(火)

◆1面「党首討論『改革』で応酬」
ある党があらゆる事について納得のできる改革案を
提示してくるということはあり得ません。その中でも
自分が最も大切だと思うことに対して納得のできる
改革案を示している党を選ぶことが必要です。

◆1面「サントリー ビール工場25%節水」
1/4削減とは、驚異的な数字です。是非他の企業も
追従し、節水が進むことを期待します。次にどこの
企業が実際に節水に取り組むのか、要注目です。
根拠はないですが、伊藤園あたりでしょうか。

◆11面「動画ニュース配信」
このようにネット配信による「テレビ視聴」が増えると、
それぞれが好きな時間帯に番組を見ることが可能となるので
「ゴールデンタイム」がなくなります。そうなれば、
従来のテレビと同様の手法での広告展開では不十分なので、
視聴者の属性を的確に汲み取る仕組みが必要となります。

◆12面「携帯にAMラジオ」
現在の中高年は確かに簡素な携帯を好みますが、現在の
若年層が中高年になる頃にも同様の傾向があるかどうか
いつも疑問に思います。その層は簡素化を求めずに
そのときの若年層が簡素化を好む、という逆の動きが
起きていそうです。

◆33面「1人暮らし 高齢の親」
そこまで親の事が心配ならば、機器に頼らず定期的に
電話をして様子を聞くなど、自分から行動を起こすべきです。
その方が親も気持ちから元気でいることができるでしょうし、
同時に安否確認もできるので一石二鳥です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ホームパーティーのススメ


昨日、友人と研究室の先輩とに自宅に来て頂いて
ささやかながらホームパーティーを開きました。

来て下さった先輩がとても張り切っていて、
ピザ生地やカボチャプリンなどを持って来て下さって
本当に楽しく過ごすことができました。

ホームパーティをしてみて気づいたことは、
外食をする時よりも楽しめる要素が多いということです。
まず一緒に買い出しに行くことも楽しいですし、
その材料で食事の支度をすることも楽しいです。
話題に関連した写真などもすぐ見ることができますし
「完全個室」なのでのびのびとしていられます。
後片付けも、皆でやれば苦になりません。

もちろん、値段も安くすみます。
ちなみに昨日はピザ2枚、ホッケ2匹、サラダ、
カボチャプリン、ワイン2本、ウーロン茶1本
というメニューでしたが、一人1,000円強で
済ませることができました。

そして何より、食べ物が残ったときにそれを
とっておくことができるというメリットもあるのです。
ものによっては持って帰ってもらうこともできますし、
難しければ残しておいて次の日のご飯にできます。

なんだか、いいことづくしのホームパーティで
ややはまりそうな勢いです(笑)。
また絶対開催します。
皆さんも、機会があれば是非開催、または
参加してみて下さい。お薦めです☆
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

8月29日(月)


◆1面「上場企業 年金積み立て不足半減」
「全国民」と「全社員」とでは対象が確かに違いますが、
年金制度を企業が維持できているところを見ると国の力不足を
感じます。やはりいっそのこと国が年金を運用することをやめ、
全て民間企業に任せた方が良いということの表れです。

◆1面「『もろい東京』に現実味」
ブロードバンドの整備が全国単位で進められている中で
首都圏外にシステムを置き、そこからシステムの運用をする
という構図が出来上がっていないことが不思議です。
防災に対する各党のマニフェストにも注目が必要です。

◆1面「春秋」
クールビズもウォームビズも一年目なので効果はまだ
分かりにくいのですが、数年、数十年続くことで定量的な
変化が認識できるのではないかと期待しています。
新規性だけで終わらずに、今後も継続されることを望みます。

◆2面「社説 企業価値決める、能力備えた多様な人材」
有能な人材を引き止めておくためには、企業内に
魅力的な人材が必要です。そして、その「魅力的な人材」が
社長であることが理想的です。そうであれば、社員一人一人が
より会社の経営を意識できるようにもなります。

◆3面「字幕放送普及へ 今秋にも研究会」
ここ数年、バラエティ番組では必要以上に「字幕」が出ます。
それだけコストがかけられるのであれば、ニュースなど
字幕が必須である番組にそれを移行させるべきです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

床初体験

ここ数日、連日で外食生活を送ってしまっています。
そうなると日々体重計から足が遠のく訳ですが、
何と昨日は「床でのお食事」という
とてもスペシャルな外食をしてしまいました。

なんでも、「千と千尋の神隠し」で登場する
お風呂屋のモデルになったお店の床で
もうそのお料理の美味しさと
鴨川沿いの空気の気持ちよさとで最高でした。

京都に来てよかった…と心から思う瞬間です(笑)。
ありがとうございます!

食生活の見直しは…明日から?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月28日(日)


◆1面「ブロードバンド 空白地 2010年解消」
過疎地であるということは、同時に高齢の方が多い
ということなので、ブロードバンドを導入した後の
教育活動が必須、かつ非常に重要です。どの民間企業で
ブロードバンドを整備するかを決定する際には、
そのようなアフターフォローが充実しているところを
選択する必要があります。

◆1面「春秋」
海外に行く際、あるいは外国の方と会う場合、私たちは
常に「日本人の代表」として見られてしまいます。
会った人達に「日本人が好き」という気持ちを
持ってもらうためにも、日頃から周りへの気配りを
忘れない行動を心がけることが大切です。

◆2面「共産CM、勝利も『確か』?」
このような広告宣伝費にも巨額の税金が投じられている
と思うとやりきれなくなります。各政党が広告制作に
かけた費用を全て公表したら投票結果に影響が出るのでは
と思ってしまうほどです。一度「テレビ・ラジオでの
広告一切禁止」という選挙があっても面白そうです。

◆9面「ハローワーク 上手に活用」
求人企業を選別する基準が「法令に違反していないかどうか
のみ」だということに驚きました。公共だからこそ
利用者が安心できる情報を提供することが必要です。
中高年という労働力を有意義に活かすためにも、
ここは投資してでも情報収集・提示をしていくべきです。

◆9面「親から『二世帯住宅にして』と頼まれたら?」
自分の両親との二世帯住宅であれば問題ありませんが
相手の両親と、であればやはり不安を感じてしまいます。
お互いが気持ちよく生活するためにも、例えば
「一緒に食事をするのは週に一度」といった
ルールを話し合って決めることも一つの方法です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月27日(土)


◆13面(プラス1)「自分だけのお手軽写真集」
手軽に作れるということに加え、利用者の自己満足を
満たしてくれるサービスであるため、成功している
と考えられます。ネットで日記を公開したり、ガラス張りの
美容室を利用したりという「人に見られたい」という
現代のニーズをうまくとらえています。今後は
携帯から利用できるサービスも登場しそうです。

◆1面「2大争点『改革』で応酬」
どれだけ改革を「実行」できるかが重要ですが、
例えば過去に各党がどれだけマニフェストを実現できたか
という調査はないようです。「マニフェスト 実現率」で
ネット検索をすると公明党のみ具体的な数値を出しています。
他の党もこれに習うことを期待します。

◆13面「災害用伝言板 ネットで提供 NTT東西」
どれだけサービスを用意しても、それが利用できる
環境がなければ意味がありません。例えば、被害を
受けていなければネットカフェなどの無料開放を
支援するといった取り組みも必要です。

◆35面「禁煙居酒屋 出足は好調」
そもそも家族連れで居酒屋へ行くということ自体
私は反対です。居酒屋へ行くと目につくのは、
酔っぱらっている親の横で騒ぎ回っている子供の姿です。
親は酔っているせいもあってかほとんど子供を
注意しないので、あまり良い印象を受けません。
お店も遅い時間まで空いているので、子供の
就寝時間にも良い影響を与えません。
私はやはり家で家族そろってゆっくりご飯を食べる
という方が好きです。

◆39面「竹で『iPod』ケース」
伝統的な味と最新技術との融合は、不思議なミスマッチを
生み出します。例えば同様にして、携帯電話の本体を
竹にするといったものがあっても面白そうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月26日(金)


◆1面「介護予防に成功報酬」
様々な介護予防方法があると思いますが、できれば
家族内で複数人で行えるものが普及することが
理想的です。高齢者の独り暮らしが増えるなか
家族で取り組めることがあれば、介護予防にも
家族の交流の場作りにもなるので一石二鳥です。

◆1面「国家公務員新規採用 3年間は3分の1」
人件費の削減と同時に、サービスの向上を希望します。
例えば「顧客満足度を○年までに○%上げる」
という目標の設定も必要ではないでしょうか。

◆4面「ペソ建て新発債 個人向けに募集 イー・トレード証券
なぜメキシコか、ということを「Nikkei Net」で
調べてみました。直接の理由は分かりませんでしたが
「東証、メキシコとイタリアの証取と包括協力協定」という
興味深い記事を見つけたので、次は「ユーロ建て」だ、
と思ったのですがこちらは既に野村証券などが商品として
扱っていました。今後、どのような国の通貨が
導入されるのか、注目してみます。

◆5面「少子化対策28%増」
少子化対策のためには、子育て支援と同時に
性教育の充実が必要だと感じます。
性教育から子育てまでを一連の流れとして教えることで
初めて自然な流れとして「子育て」というものを
学ぶことができます。性教育に関しては海外でモデルが
数多くあるので、それを参考にすると良さそうです。

◆27面「食安心と価格 『次の一歩』模索始まる」
文字通り「顔の見える販売」を一部実施する、という
方法もあります。これは生産者の方が直接店頭に立ち、
自分が育てた野菜や食材が使われている
お惣菜等を売るという方法です。
実現可能な範囲は狭いかも知れませんですが、
同時に生産履歴の公開も行えば消費者も安心です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月25日(木)


◆1面(24日夕刊)「小泉政権 小谷真生子」
著名人が出馬すると必ず当選するように、選挙や政治が
芸能人的な人気先行になってしまっているという懸念は
良く分かります。ですが、一人でも多くの人に関心を
持ってもらうためにはそのような人気も必要です。
大切なことは、関心をもった人達がより政治を理解
できるよう、周りやメディアが情報公開をして
支援をしていくことです。

◆4面(24日夕刊)「普及が進むサインレス」
サインレスで安全性を確保するためには
やはり生体認証が最も有効だと考えられます。
もしかしたら、将来的には人間の体内にIDチップが埋め込まれ
それと指紋などを認証することでサインの代わりを果たす
という日がくるかも知れません。

◆19面(24日夕刊)「05衆院選 我らエコ派」
経費削減を意識して「エコ派」となることは良いことです。
ただ大切なことは、それを当選のためだけに短期的に
行うことではなく、その意識を国家予算単位でも持てるように
姿勢を維持しておくことです。そのためにも、例えば定期的に
「エコ派」なイベントを開催し、初心を忘れないようにする
などの工夫が必要です。

◆1面「厚年基金4割が給付減」
同じ金額の給付でも、給付方法を工夫することで
お得感を出すことは可能です。例えば月ごとに誕生日の人は
少し多めに給付し、その分は他の人の分から差し引く、
といった方法です。給付減の解決にはなっていませんが
そのような柔軟な発想も必要だと感じます。

◆42面「高卒程度の漢検2級 大学1年正答率39%」
読みはともかく、漢字の「書き」はパソコンを使っていると
どんどん忘れてしまいます。対策として、手紙を書く
という習慣をつけると良さそうです。これによって
漢字忘れの防止ができると共に、人とのご縁も
つなげていくことができます。まずは実践ですね。
週に1回、誰かに手紙をかくようにします。宣言です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

徹底挨拶


昨日、同じ研究室の同級生に
「竹島さんは、いつもきちんと挨拶をするところが
すごいと思う」というお褒めの言葉を頂きました。
実は挨拶は結構意識してやっている事なので
そう言ってもらえて嬉しかったです。
どうもありがとう!

ただ、私が尊敬している人は私よりもっともっと
積極的に挨拶をなさいます。
見習わないと!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月24日(水)


◆1面(23日夕刊)「今年、初の人口減の可能性」
人口が減少する中で労働力を維持するためには、一人当たりの
生産能力を高めるかことが必要です。そしてそのためにも、
教育現場でより「物事を効率的に行う能力」を身につける教育が
必要となってしまいそうです。

◆9面(23日夕刊)「骨折治療 体の負担軽く」
技術の進歩を感じます。病気の治療では、体への負担が
少ない方が精神的にも安定するので回復も早いと考えられます。
以前ギプスをしていたときに入浴がとても
大変だったことを思い出しました。

◆1面「顧客満足度、ネット銀上位」
ネット銀行の利点は、インターネットという媒体によって
消費者ととても近い位置にいる、という点です。
当然利用者は全員インターネットを使用しているので
ウェブアンケートを実施し、結果をサービスに反映することで
今後ますます顧客満足度を高めていくことも可能です。

◆13面「日本IBMなど 災害情報携帯に配信 導入期間を短縮」
確かに情報を早く伝える仕組みも大切ですが、
伝えられた情報をどう利用するかというノウハウも大切です。
今後は、このような「情報をどう利用するか」という技術が
より大切になってきます。

◆26面「進化する生産履歴開示」
上記の記事と同様に、履歴情報をどのように活用するかが
重要です。異なる店舗でも共通して情報が見られるような
仕組みづくりが今後必要になってきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ