American Beauty


先日「アメリカンビューティー」のDVDを友達から借りて観ました。

第一印象は「難しい映画」。正直、良く分かりませんでした。

ただ、漠然と感じたことは、人は誰でも心に闇の部分を持っていて
それに向き合うことができる人もいれば、あえて目を
伏せてしまう事で自分のバランスが危うくなってしまう人もいる
ということです。

目を伏せてしまうということは、ひとつの弱さかも知れません。
自分自身の正の部分はもちろん、負の部分も認めることが
大切ですね。当然、負の部分も含めて自分自身ですから。
自分とじっくり向き合うことも必要だと改めて感じました。

ただ、特典映像で監督などのインタビューを観ると
私が感じたこととは違う事を伝えたかったようで
少し複雑な気分になりました。
人はそれぞれ感じ方が違うから、という理由で
自分を納得させましたが…。

久しぶりに「う~ん…」と考えるネタが欲しいと思う方は
(もしそういう方がいれば)是非一度ご覧になってみて下さい。
ケビン・スペイシーの演技もとても素敵です。

American Beauty
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4月30日(土)

◆29日分「社説」
要約:2月に京都議定書が発効されたが、この目標を
達成するための、例えば環境税導入といった強制力のある方策に
日本は慎重な姿勢を示している。欧州では排出量取引と
環境税を組み合わせた排出削減システムを運用しており、
日本でも同様の強力なシステム導入を行う必要がある。

気づき:増税をするのであれば、それに対する反応が必要です。
例えば「現在6%削減目標の○%削減済み」といった、視覚的な
効果の提示がなければ、国民の反発を強く招くことになります。

◆1面「日産、現金2280億円拠出」
日本は、先進国の中でも異例の早さで高齢化社会を迎えます。
他国の手本となるような、高齢化社会に対応した方策を
提案・実施・検証していくことが望まれていると感じます。

◆1面「W杯サッカー 北朝鮮・日本戦 第三国で観客なし」
本来、スポーツとは共通のルールの元に国境を越えて交流を
楽しむものですが、それが逆に作用しているとは悲しいことです。
やはり互いを認め合う思いやりの気持ちが大切です。

◆1面「JR脱線 速度超過が主因」
何よりもダイヤの正確さが重用視するべきであるという社内意識に
問題を感じます。3面にもあるように集団心理は強いので、
組織内で何か違和感を覚えた場合はそれを示す勇気も必要です。

◆8面「アップル新OS 『タイガー』発売」
新しいMacOSでは、必ずその「目玉」となる魅力的な新機能が
搭載されています。私もこのような新しい価値の創造を目指し、
これからも日々感性を磨いていかなければなりません。
http://www.apple.com/jp/macosx

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4月29日(金)

◆28日分「社説」
要約:水素を用いた法人向けの燃料電池が商品化された。
この燃料電池は、火力発電に比べ発電する際に
二酸化炭素排出量が40%削減でき、同時に分散発電が
可能になるので、送電コストがかからないという利点を持つ。
日本でこの技術をさらに成熟させ、世界の牽引役に
なることが期待される。

気づき:確かに利点の多い燃料電池ですが、材料となる
水素をどう入手するかが問題です。また、水素は発火生が高く、
安全面で不安が残ります。やはり、太陽電池のような安全かつ
地球にやさしい発電装置のさらなる技術発展を期待します。

◆1面「救助終了、死者106人」
残念ながら運転手の方は亡くなっていたとの事なので
事故の原因究明には時間がかかることになります。
また、最初にJR側が発表していた置き石の可能性も低い
とのことで、JRという会社の体質が変化する時間も
まだまだかかりそうです。

◆1面「働くということ 下積み『想定外』」
自分自身の市場価値を高めるためには、企業を利用し
転職をするという事も必要です。ですが、どこへ行っても
人とのつながりは絶対に大切なものです。
それをないがしろにすると、一人の人間としての魅力が
少なくなる危険があるということを忘れてはいけません。

◆1面「春秋」
日本の夫婦は、二人でどこかへでかけるという事が
恥ずかしいという意識があるようで、同じ休日の日も
それぞれ別のところへ出かけるという事が多いようです。
「夫婦50割」のような、二人で出かけるきっかけとなる
サービスが今後も増え、そのような先入観が
少なくなって行く事を期待します。

◆15面「分別不要で効率30%」
ごみを大量に出す先進国として、日本はそれらを効率的に
再利用できる技術を開発する義務があります。
例えばこのごみ発電装置の小型化が実現され、
一般家庭でも使える大きさになれば、ごみ削減と同時に
社説に書かれていた送電コストの削減も可能になります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「コンスタンティン」


先日「コンスタンティン」を
観て来ました。

どういう内容か全く知らずに見に行ったのですが、
宗教とか、自分が一生のうちに果たすべき使命は何か
といった事について考えさせられました。

自分の使命というものは、コンスタンティンの様に
特別な能力があって明確な場合を除いては、
まず見つける事自体が困難であったりします。
これを見つけるためには、やはり日頃から「自分の使命は
何なのか」という意識を持つ事が必要だと感じました。

もちろん私自身、自分の使命というものはまだ
分かっていないので、今後もアンテナを立てて
探していかなければなりません。

最後に、言い方は悪いですが、単なる
アクション映画としても楽しむことができるので、
少しでも気になった方は是非観てみて下さい。
格好良いミスターリーブスもポイントです。

CONSTANTINE
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

4月28日(木)

◆27日分「社説」
要約:政府は、郵政民営化法案を国会に提出する。
郵政民営化の目的のひとつは、資産が安易に財政赤字などの
補填に使われないようにする事であるが、現在の三事業一体の
経営方針ではそれが実現できるかどうかは不透明である。
民営化後、経営を監視する民営化委員会の役割は大きく、
改革が必要であれば早急に行うべきである。

気づき:まずは動き出してみるべきです。そしてその上で
問題点が見つかれば、社説にあるように再改革していけば
良いと感じます。ただ、その再改革に時間がかかってしまっては
結局無駄が増えるだけなので、民営化委員会などの監視が
正しく機能することを期待します。

◆1面「『残業代ゼロ』一般社員も」
残業代をなくすことにより、社員の効率化を図れるのか
あるいは逆に社員のモチベーションを下げることになるのか
実行してみなければ見えてこないのが現状だと感じます。
しばらくは企業側が模索を続けることになりそうです。

◆1面「企業決算情報 『日本基準は不十分』」
これだけ国際化が進んでいても、このような基準の統一は
まだ不十分のようです。EUの基準と米国の基準も
異なるようなので、これらの統一も検討するべきだと感じます。

◆12面「CCC 『複合カフェ』参入」
よく利用している方には申し訳ないですが、漫画喫茶
というとどうしてもあまり綺麗ではないという
イメージがあります。女性客を取り込むのであれば
内装をアピールしたり、あるいは簡単なネイルサロンの様な
女性向けのサービスを導入することが必要です。

◆42面「オンデマンド 『自慢の授業』配信」
授業の公開が行われることによって授業が外部の目に
触れる機会が増えるので、その質が向上することが
期待できます。著作権などの問題もあり複雑だとは
思いますが、今後もこのような動きが進む事を期待します。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4月27日(水)


◆26日分「社説」
要約:現在、日本とオーストラリアで自由貿易に関する
共同研究を行うことが決定されている。
日本国内の農業を守るためという理由で自由貿易の
交渉までには至っていないが、一方で中国は既に
オーストラリアとの交渉を行うと発表している。
日中関係に陰りが見えている今、日本も積極的な
姿勢を見せるべきである。

気づき:現在、日本の食糧の自給率は40%ですが、
その理由のひとつに食生活の変化があるそうです。
食事内容が欧米化したことで、国内で生産できる食料の
消費量が減少してしまったと考えられます。
自由貿易がもし実現した場合、日本国内の農家を
守るためにも、改めて日本食への見直しを行うことが
必要となりそうです。

◆1面「JR脱線 制限超え100キロ超で進入」
報道を見るたびに犠牲者の数が増えていることに胸が痛みます。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
未だに運転手の容態は安否不明と発表されていますが、
事実が解明されるためにも、無事に回復されることを願います。

◆1面「前期純利益 トヨタ最高の1兆1700億円」
「さすがトヨタ」といったところかも知れませんが、やはり
プリウスの売り上げが貢献しているところが大きいようです。
これからは、ハイブリッドカーなどの「エコカー」を持たない
自動車企業は成長が難しいとも言えそうです。

◆15面「ピザの箱活用し 携帯通販開始」
宅配ピザは複数人での利用が多いと考えられるので
それだけ広告効果も期待できそうです。
やはり二次元コードが利用されるようですが、
この二次元コードによって起きている、広告の変化を
最近身近に感じます。今後の更なる動向に期待です。

◆31面「リクルート 携帯で駅前の店舗検索」
携帯電話の普及により、待ち合わせの時間や場所が
あいまいでも互いに会えるようになったため、
待ち合わせ場所の下見を行う機会が減りました。
同時に、その周りには何があるのかという下調べも
行われなくなったので、このようなサービスは
新しい需要として発生していると考えられます。
是非一度利用してみたいサービスです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4月26日(火)

◆25日分「社説」
要約:バンドン会議の50周年を記念して、アジア・
アフリカ会議が開催された。参加国は計100カ国と、
50年前の29カ国と比べ大幅に増え、欧州の
植民地減少と、独立国の増加を伺わせる。
参加諸国が抱える問題は様々であり、解決のためには
多国間の連携や各国の自立促進が必要である。G9として
唯一の正式参加国である日本の役割も大きい。

気づき:バンドン会議というものがある事を
初めて知りました。バンドン会議とは、アジア・アフリカの
旧植民地国が独立後に欧米諸国を入れずに開催された
初の国際会議で、各国がそれぞれの立場をこえ、平和に生きる
という目標の元での団結・連携を示しています。
当然ですが、世界平和は多国間の協力が必要不可欠なので
このような動きが少しずつでも今後広がることを期待します。

◆9面(25日夕刊)「プロムナード
 等身大のドキュメントが持つ力」
(憲法に記されている「男女平等」の草案作成についての
 ドキュメンタリーに対するコラムです)
確かに男女平等は大切なことですが、そもそも
男女平等とは何なのかを最近考えます。
性別で給与に差をつけることは男女差別となることに対し、
映画館のレディースデーは男女差別にはなりません。
これらの違いはどこにあるのか、現在考え中です。

◆1面「尼崎の脱線 JRで最悪」
昨晩、梅田駅で振替輸送の対応が行われている様子を見て
改めて事故の波紋を直接感じました。
確かにダイヤ通り電車が運行することも大切ですが、
やはりお客様の命を預かっている仕事であるという認識は
絶対に忘れてはなりません。電車に限らず、自分の仕事が
他人に与え得るマイナスの要素があるとしたら
それを常に頭に留めておく必要があります。

◆1面「食品スーパー ヨーカ堂進出」
食品スーパーと薬局とが連携したサービスを考えてみました。
例えば薬局で自分の体調に関するアドバイスをもらい(有料)、
それを改善するための食材が食品スーパーで割引で買える
といったサービスがあれば、両方が同敷地内にあることの
付加価値を提供できそうです。

◆5面「少子化対策 内閣府、仏独を分析」
政府側が体制を整えることが大前提ですが、同時に
必要なことがその体制を利用したモデルの提示です。
「この制度はこう使うと良いですよ」という「お手本」を
示していくことで、より制度の効果が期待できます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4月25日(月)


◆24日分「社説」
要約:参議院の憲法調査会による報告書が提出された。
概要は二院制を維持するという趣旨であり、保守的な
姿勢を示唆している。憲法改正には両院の総議員の
3分の2以上の賛成が必要であり、参院の前向きな検討が
望まれる。

気づき:今回の社説では憲法改正を実現するためにも
参院は保守的な姿勢をやめるべきである、という
強い主張を感じます。個人的には、政治には明るくないので
要勉強です。どなたか「政治の仕組みが簡単に分かる」
というような本をご存知でしたら教えて下さい。

◆1面「上場企業、8%に迫る」
就職活動で中小企業などの説明会に参加していると
「上場を目標のひとつとはしていない」という話を時々聞きます。
企業の利益はできるだけ社員に還元したいため、という
考えをお持ちだからだそうです。どの企業も、成長するためには
上場するべきであるとは言い切れません。
上場企業数はひとつの指標にはなりますが、その数の大小が
絶対的な企業全体の評価の基準にはならないと感じます。

◆1面「タカラ株 コナミが売却へ」
少子化が進み、玩具業界にとっては益々厳しい時代になるので
多角経営も必要だとは感じます。ただ、それを成功させるためには
ただ風呂敷を広げるだけではなく、それによって付加価値を
生み出すことが必要です。その具体的な付加価値を考え出すことが
難しいのだとは思いますが。

◆13面「トッパンフォームズ 肉声聞けるブロマイド発売」
将来的には、自分の声を吹き込んでメッセージカードとして送れる
といった商品も出てきそうです。メールへ音声ファイルを
添付するだけとはまた違った味が出るので、それをきっかけに
手紙を書く人が増えれば、と淡い期待を抱いています。

◆23面「人が何を見ているか把握 脳画像から推定」
まさに「以心伝心」が可能になりそうです。
この技術を応用すれば、将来顔しか思い浮かばない女優さんの
名前と出演映画などをネットで一発検索、といったサービスも
実現されるかも知れません。今後の技術開発に注目です。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「世界の中心で、愛を叫ぶ」

出遅れた感満載ですが、昨日映画版の
「世界の中心で、愛を叫ぶ」を観ました。

短い命だからこそ強い想いを持ち、そして何かを
成し遂げようとする力は大きくなります。

私たちは、例えば亜紀ちゃんのように大きな病気に
なったりしなければ、あまり死というものを認識しません。
そして、何となく日々を過ごしてしまうこともあります。

ですが、やはり命は有限です。
その時間が長いか短いかだけの違いで、必ず終わりが来ます。

そしてその終わりが来たときに、心残りを一つでも
少なくしておくことができる様、毎日を一生懸命生きる事が
大切だと改めて感じました。

一方で、息抜きとして時には非生産的な日があっても
良いのでは、とも思います。
大切なのは、メリハリをつける事ですね。

原作者の片山恭一さん、ありがとうございます。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

4月24日(日)

◆23日分「社説」
要約:独占禁止法が改訂され、談合などを行った企業に対する
罰則が厳しくなる。罰則金額が増えると同時に、
問題の顕在化を促すため自己申告した企業の罰則金を免除する。
法改訂により、少しでも談合数が減る事が期待されている。

気づき:談合の背景にある「人のつながり」も大切ですが、
それが違法行為につながっては社会にとって不利益です。
社説と同じですが、法改訂によって、例えば「第二価格
オークション」が普及するなどして、談合の数が
減少して行く事を期待します。

◆1面「日中友好維持で一致」
最大の焦点の首相の靖国神社参拝には私は反対です。
個人として参拝したいという気持ちは分かりますが、
やはり首相の行為は「日本の行為」と見なされます。
今後の日中関係のためにも、今年は参拝されない事を望みます。

◆1面「ウイルス対策ソフトで障害」
何故動作確認を行わずに配信するという初歩的なミスが
起きてしまったのかが不思議です。以前からこのような事は
あったのでしょうか。他社はこれを教訓に、プログラムの
チェック体制の強化を行う必要があります。

◆3面「都市緑化で企業格付け」
企業の取り組みに対して経済効果を促すためには、
例えば「ザ・ベスト緑化企業」のような、消費者投票型の
コンテストを実施し、優勝企業には補助金を出す、といった
取り組みも考えられます。格付けするだけではなく、
やはりそれに対する評価が必要です。

◆7面「Theチョイス 妻に働いてもらいたい?」
出産後、女性が正社員として再就職できない理由として、女性が
企業から欲しいと思われるだけの人材に成長していない、という
問題もゼロではありません。やはり、常に自分自身の市場価値を
考え、それを向上させながら仕事に取り組むことが大切です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ