かりん暮らし

ヴィーガンでアニマルライツな起業家です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワンコご飯

2008-01-05 11:39:39 | ワンコご飯
昨日と打って変わって今日の千葉は寒いです

実はわたし、今年のお正月に久しぶりに“お年玉”を貰えたんです
誰から?なんと神様からです(きっと)
元旦に、ちょっと入れておくものがあり、使用済みの封筒を探すため
引き出しを掻き回して捜していたところ封筒があったので
中身を見ると、なんと
34000円も入っていたんです
なんじゃ、この金はっっっ

もちろん、旦那には内緒で、息子には1000円口止め料をあげて
ポッポに入れました。
未だに何のお金だったかは思い出せませんが
神様が私にワンコのために使いなさい。とくれたんだろうと
思います(きっと)

前フリ長すぎましたか、すみません

では材料です

マカロニ、きゃべつ、大根、人参、豚肉、スキムミルクです

マカロニは塩なしで茹でておきます
鍋に刻んだきゃべつ、大根、人参をいれて柔らかくなるまで煮て
豚肉も細かくして煮ます
灰汁をとってくださいね
茹でたマカロニを入れて火を止め、スキムミルクを入れれば出来上がり


あっという間に出来ちゃいました
おためしあれ

今日も↓に地球のことの記事を載せました
興味がない方はすっとばしてくださいな
コメント (1)

美しさの犠牲

2008-01-05 11:14:45 | 地球のコト
今日からは動物実験についてお話したいと思います

みなさんは動物実験というとどんなイメージが浮かびますか?

TVのニュースなどでよく“ラットの何何実験に”とか、
“マウスで実験したところ、~”とか、言われますね。
医学で使われるのもそうですが、私たちのもっと身近な商品のためにも
使われているのです。

今日はまずその中でも化粧品や日用品の毒性実験についてお話していきたいと
思います

あなたは今までどれだけの化粧品を買いましたか?
全部使い切ってますか?
普通は新製品が出るごとに飛びつき、今まで使っていたものは
そのまま。という感じでしょう
化粧水、乳液、クリーム、美容液、ファンデーション、アイシャドウ
口紅と、たくさんの種類があふれ、美しくなりたい。という女心をくすぐります

TVではきれいな女優さんやカリスマモデルを使って
新しいシャンプーや化粧品のコマーシャルを流し購買意欲を掻き立てます

ほとんどのメーカーでそれら新しいものを作る時
動物実験をしているのです

有名な実験の一つに“ドレイズテスト”というものがあります
アメリカのドレイズという人が考えたものです

うさぎを1匹ずつ固定された首だけ出る箱に入れます
そして目の中に検査したい液や、粉末を入れ、まぶたの変化をみます
うさぎは涙を流さないので、その特徴をいかして使われます
まぶたがどれくらい腫れるか、目の周りがどのように異常に変化するか
そして眼球がどのように溶けていくのか、
その反応によって毒性を計るのです

化粧品だけでなく住宅用洗剤(バスクリーナー、トイレ洗剤など)や
殺虫剤、シャンプー、ヘアケア製品など、沢山の商品の試験が行われているのです

うさぎの中にはあまりの痛さに暴れ、首の骨を折ってしまうものも少なくないです
この実験は3日~3週間くらい続けられますが、この間麻酔などは当然ありません

薬を少しずつ濃縮していき、テストは目が溶けるまで何回も繰り返し行われます。

もちろん、動物実験をしていないメーカーもたくさんあります
あなたの化粧品の選択肢に、そういう条件をつけてもいいのではないでしょうか?

次回はLD50という実験についてお話したいと思います
コメント (5)