「ブランド越後守」⑤へようこそ

骨董美術の紹介
コメントやEメールなどで、ご相談お待ちしております。
momocchi1205@gmail.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

圓山應震(円山応震)  梅にスズメ

2016年01月12日 | 掛け軸
圓山應震(円山応震)  梅にスズメ


絹本肉筆 木箱


圓山應震(円山応震)
Oshin Maruyama

日本画, 円山派

1789 ( 寛政元 )~ 1840 ( 天保11 )

本名:応震
通称:主馬亮、主水
字:仲恭
号:(別号)星聚館、百里、方壷子(方壺子)

円山家三代目

円山応挙の次男木下応受の子として生まれるが、その後、叔父に当たる(応挙長男の)円山家二代応瑞の子が早世であった為、その養子となり円山家三代を嗣ぐ。
特に目立った仕事はしていないが、応瑞が繊細な筆致を展開していたのに対し大胆で力強い筆致を特徴とした大幅物や襖絵などを残す。
代表作に宝鏡寺「四季耕作図」襖絵など。

〔主な作品所蔵館〕京都国立博物館など

〔印 名〕
「應震」(「応震」) 「應震之印」(「応震之印」) 「應震畫印」(「応震画印」) 「百里」 「方壷」(方壺) 「方壺子」 「長命豊貴」 など

〔市場評価〕★〔年鑑評価額〕180万

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 寿老人 彩色 | トップ | 栖鳳 水墨山水 竹内栖鳳 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

掛け軸」カテゴリの最新記事