「ブランド越後守」⑤へようこそ

骨董美術の紹介
コメントやEメールなどで、ご相談お待ちしております。
momocchi1205@gmail.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

箱の中の焼き物達

2016年03月08日 | 焼き物
箱の中の焼き物達


実家を整理した時、亡くなった父の残したものが、

貴重なものと粗末ものが入り乱れ、仕方なくグレーなもからは

ダンボールにぶち込んでおいた。


あれから3周忌を終え、多数のダンボールの一つを開けてみた。


中からは古い焼き物達が出てきたが、中国や朝鮮のものと思われる

ものなどはひび割れが目だっていた。


その他ではもしかして安土桃山時代の焼き物かと思わせるものも

共箱なしで混在していた。


取りあえず、写真に収めたのでご覧いただきご評価いただきたいと

思います。




中国・朝鮮製を思わせる



花生を思わせる


乾山を思わせる 一つは清二郎の銘があり、野々村仁清、通称清右衛門(せいえもん)の弟の名にひとしい。もしかして銘品の可能性も?!


茶壺・水指など
(※茶壺は特に時代そうとう古く見える)


茶碗



安土桃山時代ではと思わせる茶碗 井戸茶碗



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 九谷焼 若杉窯? 御盃(同... | トップ | 棗(なつめ)たち 茶入れ ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

焼き物」カテゴリの最新記事