「ブランド越後守」⑤へようこそ

骨董美術の紹介
コメントやEメールなどで、ご相談お待ちしております。
momocchi1205@gmail.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大田垣蓮月 和歌掘り 茶碗

2016年02月17日 | 茶道具
大田垣蓮月 和歌掘り 茶碗


蓮月焼(れんげつやき)は江戸時代後期の尼僧、大田垣蓮月が自詠の和歌を釘掘りで刻んだ陶器


山家

山里は松のこゑのみ聞きなれて風ふかぬ日はさびしかりけり

【通釈】山里にあっては、松がたてる響きばかりを聞き馴れて、風の吹かない日はかえって寂しいのであった。

【語釈】◇松のこゑ 松の梢が風にあたって立てる響き。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 乾山 茶碗  | トップ | 志野茶碗か?!  大きい 重い »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

茶道具」カテゴリの最新記事