「ブランド越後守」⑤へようこそ

骨董美術の紹介
コメントやEメールなどで、ご相談お待ちしております。
momocchi1205@gmail.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

曾我蕭白(曽我蕭白) そがしょうはく

2015年12月10日 | 掛け軸

曾我蕭白(曽我蕭白) そがしょうはく


絹本


(重)曾我蕭白(曽我蕭白)
Shohaku Soga

日本画

1730 ( 享保15 )~ 1782 ( 天明元 )

本名:三浦暉雄
号:蕭白、鸞山、飛鸞、鬼神斎、蛇足軒、祐邨、師龍、如鬼

京都出身 師、高田敬輔

正確な略歴などは解明されていないが、京都の商家の出身との説が有力で初名を三浦暉雄と称しており、画風から当時の狩野系画家高田敬輔が師であったとされている。
又、独自に中国の古画を研究、極彩色、墨画共に優れた花鳥、山水、人物画を残し、顔貌描写にも優れ、大胆な筆使いの中に緻密な描線を混在させて画風を確立、代表作に「寒山拾得図(重文指定)」「久米山人図屏風」「群仙図屏風」などを残している。

〔主な作品所蔵館〕
東京国立博物館/文化庁/東京芸大美術館/京都国立博物館/群馬県立近代美術館/千葉市美術館/三重県立美術館/奈良県立美術館/北九州市立美術館/ボストン美術館/ベルリン東アジア美術館/クリーブランド美術館など

〔印 名〕
「曾我氏」 「曾我暉雄」 「曾我師龍」 「師龍」 「蕭白」 「祐邨」 「鬼甲」 「虎道」 「蛇足軒蕭白」 「「輝一」 「暉」 「鬼神斎」 「如鬼」 「鸞山」 「明雄」 など

〔市場評価〕★★★★★〔美年鑑評価〕4000万

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 神青 水墨書 | トップ | 耕右 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

掛け軸」カテゴリの最新記事