ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライラの冒険 黄金の羅針盤

2008-03-10 | 映画 や行ら行わ行
パラレル・ワールドでは動物の形をしたダイモンの中に人間の魂が入っている。そして、その世界に住むライラが、真実を知ることが出来る羅針盤を読める唯一の人間として冒険する物語。

2008年(公開) アメリカ ファンタジー、アドベンチャー
2008年3月9日 ワーナーマイカル・シネマ新百合ヶ丘
監督・脚本 クリス・ワイツ(アバウト・ア・ボーイほか)
原作 フィリップ・プルマン
出演 ニコール・キッドマン(ザ・インタープリター、めぐりあう時間たち、コールドマウンテンほか多数)、ダコタ・ブルー・リチャーズ、ダニエル・クレイグ(007/カジノ・ロワイヤル、ミュンヘンほか)、エヴァ・グリーン(007/カジノ・ロワイヤル、キングダム・オブ・ヘブンほか)、サム・エリオット(マスクほか)、
声の出演 イアン・マッケラン(ロード・オブ・ザ・リング、X-MEN)
(出演作品などは私が観たものに限る)

12歳のライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、孤児としてオックスフォード大学の学寮に住んでいる。デイモンは、パンタライモンである。彼女の叔父のアスリエル卿(ダニエル・クレイグ)は他の世界とつながっているダストの研究のために北極に向かう。コールター夫人(ニコール・キッドマン)が彼女に目をつけ近づいてくる中、子供たちが消える事件が次々と発生。親友のロジャーも消えてしまう。彼女は真実を知ることができる羅針盤を学長から受け取るが、隠し持つように言われる。特にコールター夫人には知られぬようにと・・・

いろいろな人のレビューを読んでいましたが、みなさんおっしゃっているように詰め込みすぎではしょった感じ。「なぜ魔女が助けに来たのか?」「なぜコールター夫人がライラに目をつけたのか?」など、説明不足でわからないことが多すぎます。まあ、続編で分かっていくのかもしれませんが、1作を観ただけで分かって楽しめるように作るのが観客への礼儀だと思うので、こういうの、どうなんでしょうか?原作を読んでいないから分からないこともあるのだろうけど、映画って原作を読まなくても楽しめるものじゃなかったのかな?
確かにパラレル・ワールドは魅力的。特にそれぞれの人に寄り添っているダイモン(ディーモンと発音していましたが)は、とても興味深かったです。ライラのパンは、まだ子どもなので形が定まっていないです。いろいろな形になる。とてもかわいくてうらやましかったです。学校に行くときも寝るときも、ずっとダイモンが一緒なんて・・・。でも、それが虫だったり蛇だったりしたら最低。コールター夫人のゴールドの猿も、いや~な感じでした。ニコールはすばらしく美しいのですが、内面に持っているずるがしこさが猿の形で表れているみたい。
大学の理事(?)たちの中にクリストファー・リーがいました。ほとんど台詞もないちょい役でしたが、顔が顔だけに目立っていて、何か絡んでくるのかと、心待ちにしてしまったのでした。続編に登場するのでしょうか?ダニエル・クレイグも、登場が少なかったです。彼でなくても良かったような?
それに引き換え、CGの熊たちの活躍が印象に残ります。エンドロールでイアン・マッケランの名前を発見して、「どこに出ていた?」と思ったのですが、よろい熊のイオレク・バーニソンの声だったのですね。すばらしかったはずです。
ダコタちゃんはかわいく、お転婆ぶりも魅力的。色々文句を言ったけれど、続編も見に行くのだろうなあ~。

コメント (5)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« エリザベス ゴールデン・エイジ | トップ | ダーウィンが来た(3月16日放... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (AKIRA)
2008-03-10 11:01:42
パンが可愛かったですね!

ダイモンの魅力に尽きるファンタジーでした。
虫と爬虫類は嫌やけど。。

ガンダルフのイオレク素晴らしかったぁ~。^^
Unknown (ふぴこママ)
2008-03-10 21:35:35
確かに、ダイモンとイオレクに尽きました。
ライラのダイモン、かわいすぎ。

私も始めは、コールター夫人のダイモンが猿?
と思いましたが、あの猿のゴージャスな雰囲気と
狡賢さが会ってるように思いました。
豪華な出演者でした。
声優さんもね。
ダイモンとイオレク (ももママ)
2008-03-12 13:39:03
>AKIRAさん
一人っきりでいても、ダイモンがそばにいてくれたら寂しくないし、励ましてくれ、助けてくれるなんて、パラレルワールドはうらやましいですよね。

>ガンダルフのイオレク素晴らしかったぁ~。^^
同感です!


>ふぴこママさん
その人の内面まで分かってしまうダイモンは、ちょっと困っちゃうかも。良い人を演じても、ゴージャスでずるがしこい金の猿が、コールター夫人の正体を現してしまうのですからね~。

豪華な出演者は続編をにらんだキャスティングでしょうか?文句を言いながらも、観に行くだろうという私です。
Unknown (zooey)
2008-03-13 07:30:39
私はこれ、原作読んだのですが…
がっかりしました。
これだけ豪華な出演者が揃っているだけに
よけい残念です。
パンタライモンとイオニク・バーニソンはよかったのですけど。
TBさせて頂きますね。
原作を読んでも (ももママ)
2008-03-17 17:41:36
がっかりされてしまったのですね。残念です。原作は面白いのかな?出演者の豪華さも、残念度をあげてしまいましたね~。

コメントを投稿

映画 や行ら行わ行」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

ライラの冒険/黄金の羅針盤 (Akira's VOICE)
観客にも羅針盤で道を示して下さい。
ライラの冒険 黄金の羅針盤 (ふぴことママのたわ言)
久しぶりの劇場鑑賞は、楽しみにしていた「ライラの冒険」。{/kuma_fly/} 先週先行もありましたが、今日が初日です。 ネットでみたら、朝の回は余裕だったので行くことにしました。{/choki/} 「LOTR」以降のファンタジーものは、 どうしても比べてしまいます。{/ase/...
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」□監督・脚本 クリス・ワイツ □原作 フィリップ・プルマン(「ライラの冒険」シリーズ)□キャスト ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、サム・エリオ...
『ライラの冒険:黄金の羅針盤』 (ラムの大通り)
(原題:The Golden Compass) ----これはフォーンも観たいニャあ。 “ダイモン”と呼ばれる動物の形をした 守護精霊が出てくるんだよね。 「うん。 このお話ははね一種のパラレルワールドもの。 全体のイメージとしては イギリスのレトロフューチャーって感じになってる...
The Golden Compass: (fantasia*diapsida)
『ライラの冒険 黄金の羅針盤 "The Golden Compass" (2007,米,監:クリス・ワイツ)』を観に行きました。ファンタジー映画にしちゃ久々に原作未読のままの作品です(笑)。もちろんそりゃあ、原作の知名度は高いし存在は前から知っていたんだけども、なかなか。映画原題の通り...
「ライラの冒険」 (Zooey's Diary)
"12歳のおてんば少女ライラは、何者かに連れ去られた親友ロジャーを探すために守護精霊のパンタライモンと共に北の国へと冒険の旅に出る。 しかし、真実を示すという「黄金の羅針盤」に導かれ進んでいく旅の行く末には、全世界を巻き込む驚くべき戦いが待ち受けていた…...
ライラの冒険 黄金の羅針盤 (eclipse的な独り言)
 先行上映で観てきました。マイナー系だけでなく、こういうのも観ておかなければ。で
ライラの冒険♪黄金の羅針盤:THE GOLDEN COMPASS (銅版画制作の日々)
 世紀の大ベストセラーの映画化 3月10日、MOVX京都にて鑑賞。次々と児童文学が映画化されますね。この作品もそのひとつです。二コール・キッドマンとダニエル・クレイグが再び共演というところも、見どころなのですが・・・・。残念ながら、ダニエル・クレイグの出番...
ライラの冒険 黄金の羅針盤 (利用価値のない日々の雑学)
また新しいファンタジー作品の登場である。 「テラビシアにかける橋」でも書いたが、ファンタジー作品というのは製作者は創造という作業から世界観を導くが、鑑賞者には想像力を与えるどころか、寧ろ低下させるのではないか。実際にパラレル・ワールドという考え方...
真・映画日記『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月5日(水)◆735日目◆ まだまだ寒いよ。 帰る時には手がかじかんでいたよ。 それでも今月はとにかく劇場で映画を見まくる。 昨日、ロサのイベントに行った時にわかったんだけど、 3月はナイトイベントが少ない。その分劇場へ、とい...