ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブーリン家の姉妹

2008-12-17 | 映画 は行
若くて綺麗な女優二人は、タイプは違えど実力派。その個性に合わせた色違いの豪華衣装と、その裏に秘められたドロドロの愛憎劇。主演二人も、歴史物も好きな私にはたまらない一作でした。上映している映画館が少なめだったため、やっとの鑑賞~。

2008年 イギリス・アメリカ ヒューマンドラマ、歴史
2008年12月11日 ワーナーマイカル・シネマズ・多摩センター
監督 ジャスティン・チャドウィック
出演 ナタリー・ポートマン(マイ・ブルーベリー・ナイツ、クローサー、レオンほか多数)、スカーレット・ヨハンソン(私がクマにキレた理由、ブラック・ダリア、マッチポイント、真珠の耳飾の少女、モンタナの風に抱かれてほか多数)、エリック・バナ(ミュンヘン、トロイ)、
(出演作品などは私が観たものに限る)

16世紀のイングランド。ヘンリー8世(エリック・バナ)には世継ぎの男子が生まれなかった。また王妃キャサリンは死産だったのだ。それを知った野心家の新興貴族トーマス・ブーリンは、長女アン(ナタリー・ポートマン)を王の愛人にしようとしていた。一方、次女のメアリー(スカーレット・ヨハンソン)は「優しいだけではだめだ」と商家に嫁がせた。しかし、王が気に入ったのは才気あふれるアンではなく、メアリーだった。そのため姉妹の間に溝が生まれるが、一族は王室に取り立てられた。そんな中、アンは兼ねてから思いを寄せていたヘンリーと秘密に結婚するが、父に反対されてフランスに送られてしまう。一方、王の愛人になることに乗り気でなかったメアリーだが、王の優しさに惹かれ始め、身ごもる。しかし、体調の悪さから引きこもりがちになった王の感心が離れがちになってしまう。危機感を感じた父はフランスからアンを呼び戻す。フランスで洗練されたアンは、王の関心を引くことに成功するが・・・

陰謀と画策がどろどろと渦巻く王を取り巻く人々の世界。権力を手にするためにはまさに、なんでもあり、何でもやれちゃうのでしょう。
今では考えられませんがヨーロッパの国々は皆、キリスト教を深く信じていました。そのため、一夫一婦制の建前があります。権力者たちの間では政略結婚が当たり前なので、必ずしも仲が良くなるとは言えず、その建前の裏には不倫という本音がかならずあったと思われますが、この建前を覆すことはできないのです。なぜなら、王に国を治めるように任命しているのが神であり、その代行をローマ教皇がしていたので、教皇に表立って逆らうことはできなかったからです。そのため、世継ぎを生めない王妃は大変な苦しみを得ることになる割には、徳川幕府のように公のシステムとして大奥を作ることはできなかったのでしょう。
子供の頃に「1000日のアン」という映画を見たし(すっかり内容は忘れましたが)、「エリザベス」もお気に入りの一作です。この二本の映画をつなぐのが今回の一作。アンだけでなく、歴史上にほとんど登場しないメアリー・ブーリンを取り上げたのが見所ですね。
ナタリーがキリリとした顔立ちに寒色系のドレス、スカちゃんがブロンドに例のぷっくりとした唇で、暖色系のおそろいのドレスを着て、それぞれに美しく違う個性を際立たせる演技も見事で目の離せない一作でした。
アンたちの母であるエリザベスだけがまともな感覚の持ち主なのですが、結婚している娘が夫と共に宮廷に取り立てられ、王の愛人になるために差し出されていくという不可思議な感覚は、現代人にはなかなか受け入れられませんね。その上、この時代は何かというとロンドン塔に幽閉してみたり、残忍な斬首や火あぶりの刑が生きていた時代なのです。魔女裁判が行われている一方で、プロテスタントが台頭し、ローマカトリックは大ピンチ。強大なカソリック国であるスペインから嫁いで来たキャサリン王妃をないがしろにはできなかったのです。そのあたりの国際情勢が描かれていなかったのが少々不満かな?
また、ヘンリー8世が世継ぎを欲しがる浮気者のように描かれていたのも、もの足りませんでした。彼も早世した兄の妻だった年上の妻を王妃にして、不満だったのではないでしょうか?
とにかく、今回はそのあたりを切り捨て、野心家のブーリン家がその野心ゆえにドロドロと崩壊していく様と、血塗られた王家の血筋、王の心変わりゆえに起きた姉妹の愛憎という視点に集中したのでしょう。そういう面では大変な成功です。ドロドロは、半端じゃなかったです。美しい二人の女優の容姿とそれを引き立てる衣装の数々、イングランドの自然がさらにそのドロドロと対象をなしていました。

コメント (7)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 私は貝になりたい | トップ | 風のガーデン 最終回 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二大女優 (ひらりん)
2008-12-18 02:55:28
今年はナタリーさんとスカちゃん出演作を沢山観たので、共演してくれて面白かったです。
タイプの違う姉妹の愛憎劇は、果てしなくドロドロでしたね。
なるほど。 (えい)
2008-12-18 08:08:06
おはようございます。

>イングランドの自然がさらにそのドロドロと対象をなしていました。

これ、確かにそうですね。
自然は、人間のそんな思惑とは関係なく
そのままでそこにある。

もっとも最近は自然破壊が進み、
そうとばかりは言えなくなりましたが…。
私もです (ももママ)
2008-12-18 12:58:00
>ひらりんさん
私もスカちゃん好きです。
この作品では脇役的で、清楚なスカちゃんを楽しめましたね。
その姉妹がはてしなくドロドロですごかったですけど~。
Unknown (ももママ)
2008-12-18 12:59:47
>えいさん
コメント、TBありがとうごさいました。
アンたちが幼い頃、自然の中で戯れている無垢な姿が対照的でしたね。
まさか、成長してからあんな悲劇が待っているとは誰も想像していませんでした。(涙)
Unknown (moriyuh)
2009-01-12 21:11:52
ももママさま

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

TBのお返しが大変遅くなりごめんなさい。

>野心家のブーリン家がその野心ゆえにドロドロと崩壊していく様と、血塗られた王家の血筋、王の心変わりゆえに起きた姉妹の愛憎という視点に集中したのでしょう。そういう面では大変な成功です。

権力に血はつき物ですが、ちょっとひどかったですね。
ナタリーの嫌な女ぶりは、なかなかのものでした。
なりふり構わず…まさにコレに尽きます。

すごい野心家だったのでしょうね…。エリザベス1世のお母様となるとうなづけますね。

ブラッディ・マリー (ももママ)
2009-01-12 23:38:31
エリザベス1世の姉に当たるメリー女王は、ブラッディ・マリーと呼ばれたとのこと。あのカクテルの名です。
それほど、あの時代は血まみれなんですよね。ブーリン姉妹も例外ではなかったということで・・・。えぐくて参りましたが~。
ブラッディ・マリー (ももママ)
2009-01-12 23:38:31
エリザベス1世の姉に当たるメリー女王は、ブラッディ・マリーと呼ばれたとのこと。あのカクテルの名です。
それほど、あの時代は血まみれなんですよね。ブーリン姉妹も例外ではなかったということで・・・。えぐくて参りましたが~。

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

★「ブーリン家の姉妹」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはたっぷり・ゆったり映画が見れる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 この映画のために、計画した 「大スカちゃん祭り」のメイン・イベントの作品だよー。
ブーリン家の姉妹 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した...
『ブーリン家の姉妹』 (ラムの大通り)
(原題:The Other Boleyn Girl) ----ブーリン家って、どこの家のこと? 「家?(笑) でもそうだよね。 この名前、ちょっと日本にはなじみないものね。 ところがなんと、 これはかの有名なヘンリー8世の話だった」 ----その人、有名ニャの? 「うん。有名も有名。 なに...
『ブーリン家の姉妹』 (Sweet*Days**)
監督:ジャスティン・チャドウィック  CAST:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 他 16世紀、イン...
ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl (我想一個人映画美的女人blog)
スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikari_blue/} (この会場、劇場仕様じゃないからパイプ椅子並べての鑑賞{/m_0156/}) ...
ブーリン家の姉妹 (映画鑑賞★日記・・・)
【THE OTHER BOLEYN GIRL】2008/10/25公開(10/25鑑賞)製作国:イギリス/アメリカ監督:ジャスティン・チャドウィック出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティン・スコット・トーマス、マーク・ライ...
ブーリン家の姉妹 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン__。世界を変えた美しくも哀しい運命の恋の物語。 物語:16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む...
ブーリン家の姉妹 (ふぴことママのたわ言)
公開されている劇場が少なく、いつものシネコンではやっていないけど観たかった作品。 観て来ましたよ~ 150席の劇場で前3列くらいは空いていたようですが、ほぼ満席。 レディスデーではありませんが、そのほとんどが女性でした。 男性は、3人ほどお見かけしまただけ。{/f...
映画 【ブーリン家の姉妹】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブーリン家の姉妹」 16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。 おはなし:16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポー...
ブーリン家の姉妹 (ネタバレ映画館)
アミダラがフシダラなことを・・・
「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブーリン家の姉妹] ブログ村キーワード   “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね~、今が旬の美女2人が共演。吾輩的にはとっても嬉しい!でも姉妹役ですか~、全然似...
『ブーリン家の姉妹(The Other Boleyn Girl)』 (CHAOS(カオス))
深いね。なかなか良い作品でした。 封建的な貴族社会×女の意地×姉妹の愛×運命・・ 姉妹の愛と駆け引き。 エリザベス女王誕生に隠されたブーリン家の歴史。 イギリスの王家には昔からいろいろあったのね。。 陰で歴史を動かすのは女性のチカラなんで...
ブーリン家の姉妹 を観ました。 (My Favorite Things)
チョー久しぶりのスクリーンです。観たかった作品のひとつでしたので迷わず…
「ブーリン家の姉妹」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
歴史物、実話を基にってやっぱり面白い
「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL) (シネマ・ワンダーランド)
16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コロンビア映画配給)。本作はフィリッパ・グレゴリーの小...
【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです{/face_hekomu/} 17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業{/face_hekomu/}{/down/} …(チョイ愚痴ですが{/face_ase2/})私の計画通りだとこんな残業は発生しないんですけどねぇ{/face_ikari/}…人の後始末みた...
映画『ブーリン家の姉妹』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・...
映画『ブーリン家の姉妹』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・...