M's Den with V-Strom DL650AL3

流れる雲を追いかけて…SINCE 2004

キャンプツーリング:2018/10 西へ漂う D2(グリーン・ウッド関ヶ原)

2018-10-12 18:37:33 | Motorcycle/Touring

【20181007】

かじかの里公園キャンプ場~(ナビR361:道の駅 飛騨たかね工房0577-59-6020)~ナビR41:道の駅 飛騨街道なぎさ0577-52-4100~ナビK58:間吹郵便局0575-49-2251~ナビK288:岐阜市消防本部中消防署鵜飼分署 058-245-0911~温泉:池田温泉本館0585-45-1126~買物:ザ・ビッグ エクストラ岐阜池田店~ゲンキー関ヶ原店~グリーン・ウッド関ヶ原0584-41-0033/293km

朝は最近定番のこれ、「とりだんごにゅうめん」、齢のせいか温かいものが良い。昔の様にサラミとパンはもう無理かもしれない。これまた定番のお座敷スタイル、テントの中でZライトソルを折りたたんで座布団の様にしてそれに座って食べる。

 

出発時のODOは、

ナビの入力を省いて「ナビR361:道の駅 飛騨たかね工房」を入力しなかったらR158から安房峠にナビされそうになり、流石に荒れ果てた安房峠を今更走る気にもならず(通行可能なのか?!)安房トンネルを抜けて高山へ。

このあたりは既に紅葉が始まり上高地へ向かうバスやタクシーで混雑、今年は紅葉が早いかもしれない。

R41を南下、下呂からK58へ、この道、中々走り易い。関市に入ると刃物祭りの看板、一寸寄ってみたいがもうこれ以上刃物は(欲しいけど)要らない。横目でみてパス、長良川沿いに走る。

久し振りにミニストップで休憩、もうハロハロの季節は終わってしまったので雪梨パフェ@350、ハロハロの方が好きだなぁ~

池田温泉本館@500で入浴、この温泉、混んでいるけど何となく印象が薄い。頭を洗えればいいので気にしないけど。

近くにスーパーが無いか聞くと一寸戻った所にあるというので温泉の後に向かう。とは言っても今日は色々と料理を用意していてくれるようなので飲み物とデザートを少し買うだけなのだが。

ここからグリーン・ウッドまでは20km程と近い、ゲンキー関ヶ原店で休憩。グリーン・ウッド到着は1430。前回のオフミと同じバンガローの前でVienaさんと再会、2年前のGWに能登を一緒に走った以来、久し振り。何か関西人の顔になってきたなぁ~、ドイツ人の血は何処に行った?

 

小銭入れ紛失事件

取り敢えず重たいライディングウェアを脱いで着替える為にバンガローの中へ、着替えてVさんと話をしていると小銭入れが無い。部屋へ戻って荷物を全部出して探すが見当たらない。

これが問題の小銭入れ、後で失くさない様にショックコードを追加してツーリング中は常にパンツにつないでいた。

ゲンキー関ヶ原店で自販機で飲み物を買う時には有ったから取り敢えずそこまで6km程探しながらバイクで走り、ゲンキーで小銭入れが届いていないか聞いたが無いとの事。

キャンプ場まで探しながら戻るとケイちゃんが電話でニトロの処方が出来ないか聞いてくれていて、hattoさんも横にいた。小銭入れには予備金1万円、これは諦めても仕方ないが他に家の鍵2つ、1つは電子キーで再交付がメンドクサイ。

後はニトロ舌下錠を入れたピルケース、実はジッポーオイルを入れるコンテナを代用しているもので一年に一度か二度しか使わないが持っていないと不安ではある。別の財布にも少量を分散して入れてはある。

仕方が無いので最寄りの警察へ遺失物届の電話をして部屋に戻るとAYAチャンがいた。このバンガローはロフトが有るけど使わないよねって話をしながら何気にロフトに上がる階段を見ると小銭入れが有った。何でそんな所に置いたのか全く記憶が無いのだがやはりボケたか。

周囲に迷惑を掛けてしまい申し訳ない。

後はケイちゃんの海釣りの獲物、シカ肉等々含めて料理の嵐、写真には無いものも、どれも美味しかった。

炊き込みご飯はイカと琵琶湖産のタテボシ貝、これが抜群の味だった。

     

焚火をして薪が尽きた頃にお開き、広い部屋で各々勝手に雑魚寝、夜は少し冷えた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« キャンプツーリング:2018/10... | トップ | キャンプツーリング:2018/10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Motorcycle/Touring」カテゴリの最新記事