モモにゃんの部屋

愛猫モモにゃんとライムにゃんと福にゃんのお部屋です

体重測定

2014-05-30 21:39:18 | 体重測定
モモにゃん 3.6㎏
ライム   7㎏
福     4.8㎏

モモにゃん、ちょっとだけ増えた
体つきも微かにふっくらしたような気がしないでもない

でも家の体重計なので正確ではない

ライムは…こんなもんかな
お腹の横がパツンパツン

福は…ちょっとマズイか
いやいやまだ若いからこんなもんか?
福もライムみたいに腹の横がパツンパツンです

モモにゃんを太らせようと食い付きが良いと言うカリカリに換えてみたんだが
福に効いたようだ

モモにゃんにはササミを湯がいたヤツを与えてます
カリカリよりもササミが好きらしい
私が家にいるときはササミ要求が激しいです

不思議なことにライムも福も茹でササミに興味なし

今度の楽天セールで体重計買おうかしら
コメント

どっちだろう

2014-05-27 23:09:46 | 日々
右足の外反母趾が半端なく痛い
歩いてなくても痛いってなんでだ

色々と靴のインソールを試してみたが微妙
外反母趾に効き目が~とか説明してるグッズを使うも効き目なし
テーピングも一時間くらいで外したくなるほど痛みが増すし
どーしたもんかのう?

やっぱ病院か
形成外科なのか整形外科なのかどっちだろう?

歩き方がおかしいのかしら
右足の甲も足首も少し痛いし…
病院やだなぁ

猫たちなら引っ付かんで速攻で連れていくんだがw
コメント

植木

2014-05-25 22:50:22 | グチw
夫が植木に対して執着し過ぎ

土曜に植木を切ったんだが
切りすぎだと怒鳴り散らしてきた

庭で何かしらドカドカ蹴るかなんかして
大きな音をたてたあとに
部屋に戻って来て
台所と部屋の間の引き戸をバンバンバン!と3度も叩きつけ大きな音を出した。

顔面痙攣するほど怒ってましたよ
私を怒鳴りつけたあと
2階に上がって自室の扉を乱暴に開け締め

南東側の隣家に枝が入って
毎日のように葉っぱが落ちて
隣家の人が困ってる
雨どいに枯れ葉がつまるから
枝をカットして。

こう言われたら普通、切り落とすよね?
夫も多少切るが
盆栽並みに枝をチョロッとだけなので
その年の終わりにはまた隣家に枝が入る

ちなみに隣家に落ちる葉っぱは
山茶花と豆みたいなのが生える木の葉っぱ
よく目隠しように植えられる木もある

どれもこれも風が吹く度に
簡単に落ちていく

山茶花なんて中に蜂の巣がいっぱいあったし
電線に繋がってるモデムの細いケーブルに引っ掛かってた

私がおかしいのかしら?

夫の言い分は
あれだけ切ったら枯れる
枯れたら根っこが腐って地面が沈む
地面が沈んだら家の土台に影響が出る

私の言い分は
これ以上大きくなったら根を張って
家の土台に影響が出る

どっちも素人なので
植木が育った場合にどーなるのかは知らないんだけどね

植えるならレッドロビンみたいに
こっちで高さ調整できて
あまり葉が落ちない植木にしてほしいわ

あれなら蜂も巣を作らないだろうしね~

コメント

イラッとする

2014-05-23 22:43:19 | グチw
久々にイラッとした

Nさんなんですが彼女には今週は外回りの作業をお願いした

一日の生産数を計算して数量表に書いてもらう
1パレット出来る毎にホワイトボードに正の字を書いていくので
何も難しいことはない

1ケースには製品が10本入ってる
それが60ケース
60ケースで1パレット

今日は7パレットと端数が64ケースと5本

さて今日作った製品は何本になったでしょう?



まぁね、正確に!間違いの無いように!って考えるのはいいけどさ
こんなのに電卓は要らないでしょう?

ホワイトボードとペンもあるんだから
掛け算と足し算を端っこに
チョチョッと書いて計算すりゃ済むことなのにさ~

電卓持って別の作業してる私の所まで来て
「え~と……数、書くんだよね?」って!

今週、ずっと教えてやってただろう?今週いったい何をしてたのよ?

イラッときた


あとね、充填作業の一番最後。
タンクから原料が押し出されて最後の最後

グラム数が足りないのが何本か出る
その足りないヤツ同士を継ぎ足して
1本分にするか止めておくかは
充填作業をしてる人が判断するんだけどね

その何本か出たグラム数が足りないヤツを
「…ん?」と私に差し出してきた。

いや、私今、箱詰め作業してる真っ最中なんですが?

マジイラッとしたわ

「そこらに置いときなよ」と返したが
お前、先週と今週、作業してきて
なんも覚えようとしてないな!?と。

「…ん?」ってやっても可愛くも何とも無いんじゃー!
それやって許されるのは若い新入社員だけじゃ!
今月で40になったヤツがやるなや!


あー駄目だイカンよイカンよ!(T△T)
こっちは必死こいてやってるのに
ノロノロやられると作業中にもイラッとする

もっとシャキシャキ動けやー!
もっと聞きに来いやー!
やる気を見せろやー!
あーイライラする!

同じ作業してるKさんもNさんに色々と教えてるが
右から左らしくてイライラしている

何年か前にやってた作業だから
勘が鈍っていたとしても
出来ないなんて無いはずなんだがなぁ

来週は少しはましになってくれるかな(´д`|||)
こっちが何か言うまで待ちの姿勢でいられるなんてイヤだわ(-_-#)
コメント (4)

一緒に

2014-05-18 19:17:38 | モモにゃん2001-02

今夜もモモにゃんと一緒に寝る

今日、仕事は有給とって休みました
あと二十日くらい残ってるからある程度は使わなきゃね~♪

猫も年取るとイビキかくよね
隣なのでモモにゃんのイビキやら寝息、
たまに腹のなる音なんかも聞いてます

ササミ効果なのかちょっぴり…ほんのちょっぴり肉がついたような…
気がしないでもないような…

ライムはムチムチしてるようでそうでもない感じかも
洗うために少しずつ毛をカットしてるんだが
腰回りは細かったです

あとね、ライムはフケがひどい
肌荒れしてる感じはないけど
コームでとかすとフケがモサモサ出てくる
早く洗わなきゃマズイな

福助は短毛なので見たままムチムチです


コメント

デモドリーナ

2014-05-15 21:23:11 | グチw
お仕事の話




私が受け持ってる仕事って三人でやる作業なんだけど
私、Kさん、Hさんの三人

Hさんは去年派遣で入ってきて今、契約社員になってて
社員目指して頑張ってる若い20代の子

この三人で頑張ってやってきて
生産数が半端なく増えても時間内で何とかやり遂げられるようになったし
何かあってもそれなりに対処して
作業がスムーズに行えるようになってました

でもこの度部署内の人事異動というか・・・

Hさんが別の所に行かされて
代わりに以前こっちでやってたNさんが出戻ってきました

このNさんに対してブログで私かなり愚痴ってますw
何人もの新人さんが辞めてった原因のNさんです

でも元々は私と同じ作業をやってたNさんですから
こっちに入ってもまぁいけるだろうと思ってたんですが・・・

今週頭からNさんとやってるんですが
まぁ動かない動かないw

確かにNさんがいた頃よりもスピードがあがってるし
生産数も上がってる
やり方もちょっぴり変わってる部分もある

が、基本的にやる事は変わってないんだよね


スピードについていけないにしても
一生懸命頑張ってる感がこっちに感じられるんなら良いんだ

それがない

教えてもらえる事をじっと待ってる状態
指示だしても動作が遅い
あーしてこーして!って言えば若干ふてくされ感が。

慣れるまでは仕方が無いとはいえ
以前やってた事なんだからもうちょっとくらいなんか出来ないかな!って思っちゃう

今日はHさんが見かねて
「もうちょっと早くやってくれないと作業が詰まる」みたいなことを言ったら
「これ以上は早くやれない」と言われたらしい

三人でやる作業、それぞれが担当してる所をキッチリこなさないと
後に続く作業がちょっとずつちょっとずつ遅れて
結局バタバタして余裕がなくなりミスってしまう事になる

もちろんフォローをいれてるけど追いつかないくらいw

今の生産数で追いつかないんじゃお盆前や年末前の増産の時どーすんだろかw
その頃には慣れてくれてるのかしら?

今日の帰り際に
「Nさん、分からない事ある?あるなら教えるから言って!」って言ってみた
「・・・分からない事でたときにその時に聞くから・・・」みたいな事を返された

「何回でも教えるからドンドン聞きなさいよ!」とは言っておいたがさてどーなるか



コメント

連休終了か

2014-05-06 23:44:23 | モモにゃん2001-02
休みって終わるのが早いよね
4日もあったのにほぼ寝て過ごしてしまった

次の連休はお盆かな

連休中はモモにゃんとマッタリ
この時期はもう布団には入ってくれないのですが
できれば一緒に寝たいので
毛布を縦半分に折って
私の布団の上におきました

こうしておくとモモにゃんがこの毛布の上で寝てくれるので
ちょうど良い感じに一緒に寝られるのですw

私の枕のすぐ横に丸まったモモにゃん

モモにゃんの寝息や寝言、たまにお腹の音も聞こえます
じっと見つめていたら小さなゴロゴロ音が…
薄目を開けてて私が見つめてたのを分かってたみたいです
指先でおでこを撫でたら盛大なゴロゴロ音になりましたw

モモにゃん好きだなぁ
スゴく可愛い



ちなみにライムは隣の部屋の旦那の座椅子で寝てまして
福助は私の布団の上で寝てます

福助は軽いので上に乗ってても全く平気w
コメント