モモちゃんへ
日々の出来事を亡きモモに教えます。
 



諫早眼鏡橋模型 ・・・・実は奥に小さく見えているのが昨日ご紹介した諫早眼鏡橋です。・・・ ミニチュア橋は嫌いなんじゃないの! って言われそうですが。

 

でもね・・・これはソンジョソコラのミニチュアとは違います。。。 こちらが先にできてたんです。れっきとした石橋です。

 

 

昭和32年の諫早大水害後 本明川に架かっていた眼鏡橋を 諫早公園に移築するために 橋の組み立て方や強度など技術的なデータを収集する目的で精巧に5分の1の縮尺で造られたもので 長さ10m 幅1,1mです。

 

水害の跡地に地元では保有する適地がなく 国の仲介で 埼玉県所沢市のユネスコ村に移設されました。

その後 同園が閉鎖され放置されていたのを諫早に戻してもらったものです。 

 

今後は昭和の諫早石工の人達が丹精込めて造られたこの素晴らしい石橋模型を後世への贈り物として大切に保有して行かなければならないと思っております。

(太字は上の  ミニ眼鏡橋の里帰り委員会の記念碑より抜粋)  2012年12月のことですから1年ですね。

 

私 この記念碑を見てあらためて感動しました。。 その場でお名前が飛び込んできましたよ。

設計監督 山口祐造 って書いてあります。

 

私が最初に買った 石橋本 の著者なんです。 表紙の石橋は福岡県の秋月眼鏡橋です。

 

模型のおかげで無事に移築された諫早眼鏡橋・・・・次はいつ会えるかな?   いつものように 目に焼き付けて さよなら しました。

 

 

 



コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )


« もしも私が・... 佐伯・・・・... »
 
コメント
 
 
 
感動です。 (石橋進です)
2013-12-11 07:25:05
模型の記事ありがとうです。
ガイドさんの(左は模型です)に、さっさと目の前の石橋に・・・3回も、4回も周りながら、誰もいない瞬間をパチりと・・・時間の許す限り走り回っていましたよやっぱり素人の石橋好きで終わってますねありがとうです早速私も、秋月の石橋が、表紙の御紹介の石橋の本を探しに行ってきます
風邪が、治っていく気が・・・
 
 
 
石橋本買うなら・・・ (momomama)
2013-12-11 08:59:03
石橋進さん おはようございます。
「石橋は生きている」はデータが主です。

私は ネットで探したデータが主のマニアックなのを持ってるけど
データじゃなく物語が面白い・・・
九州橋紀行・・・・西日本新聞社 
私がはまった 岩波少年文庫 肥後の石工(今西祐行著)これはすぐ買えると思います。

今度行ったら 模型橋もみてね~
風邪 治り際が大事ですよ。。。
 
 
 
凄いの一言 (縄文人)
2013-12-11 09:45:18
ただ通りすがりの人は、
「イヤー眼鏡にそっくに、大きな眼鏡!!」と、関心しながら通り抜けるであろう。
しかし・・・です、
momomamaさんの長いお付き合いがあったればこそ、こうしてジックリ、そこに秘められたる、物語が浮き上がってきます。

単なる石橋といって片付ければですが、そうはいきません。いくら接着技術(セメントなど)が発達したとはいえ、小さな石を繋ぎ合わせ、四角い石で丸く仕上げる、精巧な強度力学で耐久性を持たせる。
≪石橋は生きている≫
本質にせまればせまるほど惚れ込む

眼鏡橋といえば、石橋の特急品でしょう。
 
 
 
石橋描写 (どんこ)
2013-12-11 10:18:15
対象が石橋だと
カメラワークも一段と冴えていらっしゃいますね。
さすがです。
石橋への並々ならぬ想いが
伝わってきますよ。
2回にわたる諫早橋の描写は素晴らしかったです。
私もたまに石橋を撮りますが
こうはいきませんね。
脱帽です。

 
 
 
嬉しいなぁ~ (momomama)
2013-12-11 12:38:06
縄文人さん こんにちは。
>そこに秘められたる、物語が浮き上がってきます。
そうなんですよ~
一つ一つの橋ごとに 橋物語があるんですね~
縄文人さんは構造にも詳しそうだから聞きたいな~ 
葛ハイの折に橋があったら紹介して下さるのも嬉しいことです。。
考えてみれば ブログも橋ですね。。

九州の端っこと お江戸のど真ん中 と繋がってますからね。。
 
 
 
嬉しいなぁ~ パートⅡ (momomama)
2013-12-11 12:46:22
どんこさん こんにちは。
どんこさんから写真を褒められると
ホント嬉しいです。
時々自画自賛してますけど 今回は曇り空が残念でした。
でも私 あんまり日が照ってたら対象物が暗~かったりするから
曇ってたから どんこさんに褒めて頂けたかも。。。
今日は寒いです・・・・

>脱帽です。
ウフフ 重ねて書きたくてコピーしました。
ありがとうございます。。
 
 
 
シミュレーションの実践? (hobashira)
2013-12-11 14:10:44
momomamaさん、こんにちは~!
これは模型なんですか?
これを造った目的がいいですね。 シミュレーションの実践かな?
本物も模型も、益々、行って見たくなりました。
おぅ!momomamaさんのまだ見ぬ恋人の名を見付けたんですね。
感動!感激!雨あられ!でしたか?(嫉妬してゴメン
 
 
 
こんにちは (yuu)
2013-12-11 14:18:15
momomamaさん
私、前回の画像も今回の画像も魅了されています
石橋の事がよく解らなくてもこちらの画像をみているとコメントを打つ手が動かなくなり
画像にみとれます
このような素晴らしい石橋を実際に観たくなります
最近テレビでも石橋がでると気になるのですよ・・笑

今日は私も少し散歩が出来ました
ではまたね~
 
 
 
行かれるご予定 (momomama)
2013-12-11 17:08:58
hobashiraさん こんにちは。
・・・たしかそう書いてありましたよね。
行かれたら 模型 も見てくださいね。
もう少しミニサイズ があったら 私欲しいなぁ~
2連は紙粘土でも難しそうだし・・・・
>まだ見ぬ恋人
たーくさん いるしね~
嫉妬して下さってありがとうございます。
諫早眼鏡橋の記事 楽しみにしています。。。
 
 
 
わ~ どうしよう・・・ (momomama)
2013-12-11 17:16:37
yuuさん こんにちは。
私 普通は自画自賛するのに 今回はイマイチと思ったら・・・
yuuさんからも ほめられたら きっと上手かったんや やったー
とってもきれいな橋でねー
>最近テレビでも石橋がでると気になるのですよ・・笑
うれしい~ 私も野鳥の本 買ったよ~
>今日は私も少し散歩が出来ました
よかったー 三歩はいいと思うけど寒い時はやめてね。
風邪は敵だから・・・
今日は私も咳が・・・
お互いに 気をつけましょうね。。
 
 
 
奇遇ですね (chiro)
2013-12-11 17:54:11
諫早眼鏡橋、水面に2連のアーチが写って、本当の眼鏡のようで、実に美しい石橋ですね。
そうですか。模型のほうが先だったんですね。

石橋の移設にかける情熱が伝わってきます。
埼玉に移設されたものが、またここに帰ってきてよかったですね。

最初に買った石橋本の著者が設計監督・・・
これはまた奇遇ですね。
一段と愛着が湧きますね。
 
 
 
水害で・・・ (momomama)
2013-12-11 19:23:31
chiroさん こんばんは。
移築するにあたって 模型を造ったそうです。。
まだユネスコ村から帰って1年なんですね。
初めてみました。。
山城の跡もあるから ゆっくり過ごせますね。。
車もまん前まで行けるから 奥の方に愛車が写ってます、

chiroさんもいつかご縁があったらいいですね。
山と 石橋と 巨木もあったし 史跡 歌碑
色々あったんですよ。。。
>最初に買った石橋本の著者が設計監
督・・・
昭和34年に造ったときの設計・監督でしょうね。
90歳を超えていらっしゃいますが 里帰りした模型をご覧になったかなーと思いをはせたことです。
 
 
 
諫早水害 (とん子)
2013-12-11 20:05:16
そうでしたか32年でしたか??
水害後すぐ通り吃驚した記憶があります

また眼鏡橋・・そのような物語が有ったんですか??
我が街のと言うか遠いですが同じ埼玉県内の所沢に放置されてたなんて可哀そうに??

諫早に又行って良かったですね!!
カッコいい眼鏡橋ですね~~!!大きな橋の工事の時は中々橋げたが出来なかったりして人柱を建てたとか??悲しい話がありますが・・この眼鏡橋も悲しかったですね!!
ママさんにこうして取り上げて貰いみなさんも解ってくださり何となく嬉しくなりました・・良かったね!!
 
 
 
水害後 すぐに? (momomama)
2013-12-11 20:36:12
とん子さん こんばんは。
びっくりするよね~
北九州は28年の水害で 近くの橋が流れた・・・
人柱・・・・そんな話があるよね~

所沢のユネスコ村がある時は大勢の人に見て貰ったと思うけど
閉鎖された後は仕方ないね・・・
ブログを見て下さる方 みんなに知って貰ってよかったです。
実は私も知らんかったよ。。
>ママさんにこうして取り上げて貰いみなさんも解ってくださり何となく嬉しくなりました・・良かったね!!
佐世保も近いもんね~ 
ありがとうございました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。