HUNGRY?

食いしん坊ビーグル”もも”が送るつれづれ日記

アイルランド&ロンドン旅行記2017(アラン諸島)

2017年04月04日 | アイルランド旅行記2017

アイルランド2日目。

 

ゴールウェイから現地ツアーに参加し、フェリーに乗って、アラン諸島イニシュモア島へ行きます。

 

アラン諸島はまさにケルト文化の中心で、日常会話でも、アイルランド語(ゲール語)が使われています。

 

英語は訛りが強すぎて、あまり理解できず

 

イニシュ(最大の)モア(島) ということで、アラン諸島の中で一番大きな島となります。

 

 

イニシュモア島は、島全体が石灰岩だけでできていて、もともと土がない土地で

 

その代わりとして海藻を乾燥させ土を作り、それを敷き詰めて、強風などから守るために、石垣が積み上げられました。

 

 

 

イニシュモア島一番の見どころが『ドン・エンガス』

 

 

3,000年以上前に造られた古代遺跡で、そこへ向かうにも、荒々しい景色が広がります。

 

 

断崖へ向かうとあって、風も強さを増して、まさに最果ての地、という感じです。

 

 

 

 

後ろをふと振り向くと。。。

 

 

強風の音と荒々しい波が崖に打ち付ける音とで、恐怖感がどんどん増していきます。

 

 

ドンエンガスは一般的に砦や要塵と言われていますが、宗教的な儀式を行っていたのでは、と?

 

とにかく謎多き、遺跡だそうです。

 

 

無数の石を積み重ねて出来上がった壁の向こうには、100メートルの高さの崖が大西洋にドーンっと

 

 

 

この荒涼の景色をみると、その昔軍事要塵として利用されていたのでは? と言われるのも、納得です。

 

 

崖ギリギリの所まで行くことができ、下をのぞく場合は必ず腹這いになるように、と言われます。

 

怖すぎて、風が強すぎて、近寄ることさえできなかった

 

ブワっと、手袋がこの崖下へ飛んで行き、恐怖感がさらに増し、とっとと下ることにしました

 

 

下って来ると、お腹が空いたので、ランチ♪

 

 

アイルランドといえば、このギネスシチュー。

 

お肉がホロホロと柔らかく、ギネスで煮込んであるので、ほのかにビターな香りがし、けっこう美味しいの!

 

もちろん主食のポテトが、どっさり(笑)

 

ほんとはギネスも飲みたかったんだけど、フェリーがジェットコースター並みに揺れるので、ここは我慢。

 

 

乗り物酔いしたことないけど、初めて酔止めを飲んだほど。

 

 

フェリーの時間まで、あと少し。

 

 

ナ・ショフト・ジャンピル(7つの教会)

 

今現在残っている教会跡は、2つしかなく、昔修道士が住んでいた住居跡もある。

 

 

 

アイルランドには妖精伝説あり、家の敷地に、妖精用の小さなお家を建てることが多く、また道路標識に

 

『妖精に注意!』とあったり

 

 

未だアイルランド人の心の中に、妖精が生き続けているんだそう。

 

 

日本のセレクトショップでも売られている、アランセーター。

 

実は、ここアラン諸島発。

 

 

セーターの模様は、石壁の風景を写したものだと言われています。

 

 

 

アイルランドはお天気がすごく移ろいやすく、この日みたいに晴れ間が続くというのは珍しく

 

いきなり雹が降って来たり、とかね。

 

 

なので、虹も出来やすいのね♪

 
 
最後に虹を見て、1日ツアー終わり。
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待ってました! | トップ | アイルランド&ロンドン旅行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アイルランド旅行記2017」カテゴリの最新記事