銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

令和二年一月場所・十三日目

2020-01-24 23:55:23 | 大相撲観測日誌
 令和二年一月(初)場所(於國技館)は十三日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


 各段優勝決定日なので、決定した優勝者など。

・序ノ口
 6連勝2名で迎えた。
☆6勝
 二本栁(東26)・夢道鵬(東27)

 2番目で直接対決。夢道鵬を寄り切り、二本栁が7戦全勝、優勝決定。

◎7勝
 二本栁(東26)


・序二段
 6連勝3名で迎えた。
☆6勝
 宇良(東28)・大辻󠄀(東49)・旭勇幸(西84)

 まず2名が直接対決。大辻󠄀を寄り倒し、旭勇幸が7戦全勝。
 宇良は三段目全勝の竜風(三82)を押し出して7戦全勝。千秋楽に決定戦。

☆7勝
 宇良(東28)・旭勇幸(西84)


・三段目
 6連勝3名で迎えた。
☆6勝
 勇磨(東16)・佐田ノ華(東26)・竜風(東82)

 竜風は序二段全勝の宇良(二28)に敗れて脱落。
 残る2名は直接対決。佐田ノ華を叩き込み、勇磨が7戦全勝、優勝決定。

◎7勝
 勇磨(東16)


・幕下
 優勝争いは6連勝2名で迎えた。
☆6勝
 若元春(西筆頭)・魁渡(西51)

 古場を引き落とし、竜虎6勝目。
 元林を下し、狼雅5勝目。元林4場所目は4勝止まり。
 湘南乃海を押し出し、若隆元勝ち越し。
 全勝2名は直接対決。十枚目経験者若元春を破り、魁渡が7戦全勝、優勝決定。

◎7勝
 魁渡(西51)


・十枚目(十両)
 琴勝峰勝ち越し、千代鳳(13)負け越し。
 旭大星6勝目、魁(14)負け越して幕下陥落。
 豊昇龍勝ち越し、大翔鵬4敗で照ノ富士の優勝が決まった。
 若隆景勝ち越し、貴源治負け越し。
 錦木9勝目、逸ノ城まさかの負け越し。
 木﨑海2勝目、豊ノ島(11)9敗目で幕下陥落に王手がかかってしまった。
 琴ノ若を極め出し、照ノ富士優勝決定後も手を抜かない13勝。

◎13勝
 照ノ富士(西13)


・幕内(まくのうち)
 石浦を叩き込み、霧馬山9勝で敢闘賞コース。
 豊山を土俵際で突き落とし、德勝龍神懸って来た12勝目。豊山は4敗で完全に脱落。
 隆の勝を突き倒し、千代丸6勝目。隆の勝は背中から土俵下に落ちたが、大丈夫そう。
 琴恵光を押し出し、阿武咲7勝目。土俵際微妙だったが、廻し団扇で物言いなし。
 輝を寄り切り、今日は攻めていった正代も12勝。明日は德勝龍と直接対決、優勝は1敗か2敗となった。
 御嶽海を寄り切り、北勝富士10勝目。御嶽海は7勝6敗。
 隠岐の海を破り、遠藤勝ち越し。
 1分超の戦いで松鳳山を寄り切り、大栄翔5勝目。
 最後阿炎を持ち上げて足取り、炎鵬勝ち越しショーに大歓声。阿炎は負け越し、関脇に上がる前に小結明け渡し。
 宝富士を寄り切り、朝乃山廻しを離さず勝ち越し。これで来場所の関脇陣が確定。

 大関と元大関シリーズ1組目。栃ノ心を速攻寄り切り、豪栄道5勝目。栃ノ心は今場所も負け越し。
 2組目。髙安を押し出し、荒っぽい取り組みだが貴景勝11勝目。

☆1敗
 正代(西前4)・德勝龍(西前17)
☆2敗
 貴景勝(東大関)


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へにほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 令和二年一月場所・十二日目 | トップ | 令和二年一月場所・十四日目 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事