銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

笑点小史

2006-04-23 22:48:24 | 笑う点ならそのものズバリ
 「笑点」司会の、三遊亭圓楽師匠が休養し、3月から冒頭の挨拶のみ復帰してから約1ヶ月。

 5月14日の放送を最後に勇退し、後任の司会は現在代行している桂歌丸師匠が務めることが発表された。


 昨年の10月、圓楽さんの入院の際に、これまでの「笑点」メンバーの変遷をまとめてみた。
 今回、新メンバー発表を機に、改訂版を書いてみたい(以下、敬称略)。


 「笑点」が始まる前、昭和40年3月12日より「金曜夜席」という番組が放送された。演芸コーナーの司会は立川談志・大喜利の司会は三遊亭圓楽が務めていた。すぐに圓楽は司会を降りて解答者に加わり、当時のメンバーは、ほかに三遊亭圓楽・桂歌丸・柳亭小痴楽・柳家きん平(「笑点」開始直前に自殺)・三遊亭円弥(昭和47年9月より三遊亭圓彌)。のち円弥が降り、林家こん平が加入。

 日曜日の夕方に移って「金曜」という名前がつかえなくなり、昭和41年5月15日より「笑点」として改めて放送開始。引き続き立川談志が司会を務めた。大喜利メンバーは三遊亭圓楽・桂歌丸・柳亭小痴楽(44年より春風亭梅橋→59年1月25日歿)・林家こん平・三遊亭金遊(43年より三遊亭小圓遊)。座布団運びは三升家勝松(昭和46年より立川談平、昭和55年より桂文字助)。
 翌42年1月29日より、座布団運びは石井伊吉[いしい・いよし](のち談志が毒蝮三太夫と命名)に交替。

 人気が定着し、談志がブラックな内容に持っていこうとしたところ、レギュラー陣が反発し、メンバー全員が44年3月30日で降板。そこで4月6日より大喜利メンバーを柳家かゑる(51年より鈴々舎馬風)・三升家勝二(平成6年より三升家小勝)・柳家さん吉・三遊亭好生(昭和53年圓生一門を破門され、春風亭一柳→昭和56年7月9日自殺)・春風亭栄橋に入れかえるが、視聴率が大幅に下がった。

 44年11月9日より、談志と漫才をやったこともある前田武彦が2代目司会者に。これを機会に現在のテーマ曲も作られ(前武が歌詞を付けたが、それは流行らなかった)たのもこの頃。
 かゑる・好生・栄橋が降り(11月2日限り)、メンバーは桂歌丸(復帰)・三遊亭小圓遊(復帰)・三升家勝二・柳家さん吉・三遊亭歌奴(昭和45年より三遊亭圓歌、現落語協会会長)・三遊亭金馬・柳家小きん(若手大喜利出身、昭和55年より柳家つば女→平成16年6月12日歿)・林家木久蔵に。座布団運びは三遊亭笑遊(60年より三遊亭圓遊)に交替。
 45年6月21日よりまたメンバーが変わり、勝二・さん吉・歌奴・金馬が6月14日で降りて、圓楽が弟弟子三遊亭圓窓を連れて復帰。座布団運びは桂米助(タレントとしてはヨネスケ)・小野千春が務めた。

 司会は45年12月20日より、「てんぷくトリオ」から独り立ちしたばかりの三波伸介に交替。
 46年7月18日より座布団運びは「手を挙げて横断歩道を渡りましょう、松崎真でございます」。
 47年7月30日限り小きんが降板、8月6日よりこん平が復帰。52年3月27日、“落語の精進に専念するため”圓楽が卒業。8月28日圓窓が降り、9月4日より圓楽弟子の三遊亭楽太郎と三笑亭夢之助が加わる。
 54年9月9日、夢之助に代わって(9月2日限り)林家九蔵(58年より圓楽門下に移って三遊亭好楽)が加わる。
 55年10月5日、小圓遊が急逝(ちょうど放送日。「小圓遊さんは本日亡くなりました…」というテロップが出たらしい)。11月2日放送分から、若手大喜利より古今亭朝次(60年より桂才賀)が加わる。
 57年12月8日、司会の三波伸介が急死。収録済みの12月26日放送分限り降板となった。

 注目の58年1月2日の正月スペシャルは愛川欽也とこん平が司会代行。

 そして58年1月9日放送分より三遊亭圓楽が司会として復帰。当初は“とりあえず代行”ということで2回限りの予定であったが、いつの間にやら歴代最長を数える。
 58年10月9日限り好楽が降りて、16日より三遊亭小遊三が加わる。
 59年10月7日より、座布団運びは、以前ちびっこ大喜利から「ずうとるび」としてデビューしたこともある「座布団と幸せを運ぶ」山田隆夫(実は「鈴々舎鈴丸」という高座名を持っている)に交替した。
 63年3月27日で降りた桂才賀に代わって、4月3日より好楽が復帰。

 平成16年9月12日よりこん平が休業し、12月26日のスペシャルで、「出場権争奪戦」を勝ち抜いた弟子の林家たい平が代役として登場。
 17年10月13日、圓楽は脳梗塞のため入院。16日放送分で一旦休養し、23日より歌丸が冒頭挨拶。大喜利は23日が歌丸・30日は楽太郎・11月6日は小遊三・13日は好楽・20日は木久蔵が司会。
 一廻りして、27日より司会は歌丸に固定。18年1月1日、特番「大笑点」で圓楽がゲスト出演(観賞記参照)。3月26日より冒頭の挨拶のみ圓楽復帰、大喜利は引き続き歌丸が代行。

 4月22日、圓楽が5月14日の放送をもって勇退を声明。司会は歌丸が正式に務め、春風亭昇太(実は「争奪戦」の司会で、誰も出場権を得られなかったら自分が出る…と言っていた)が加入、たい平が正式メンバーに昇格。こん平は?


 以上、簡単に振り返ってみたが、さすがに40年も続く番組である。名前も知らない方々が多い。
 歌丸さんの回答が聞けないのは寂しいが、新メンバーの加入もあり、さらなる継続を望む。

※「金曜夜席」出演者の三遊亭圓彌師は平成18年4月29日に亡くなられた。ご冥福をお祈りします。

人気blogランキングへ

コメント (15)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 祝・新ドラ1周年 | トップ | 桜の前に夏が来る! »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すいません… (笑うセールスマン)
2006-04-24 19:08:15
間違えて先ほどのコメントのタイトルにメアドを書いてしまいました。

出来るなら消しといて下さい。

お願いします!!
歴史の転換期? (紅葉橋律乃介)
2006-04-24 20:17:57
◆笑うセールスマンさん

 では、元のコメントも書いておきましょう



> しかし、円楽さんは年齢もそうですが、体調も万全ではないとの事なので仕方ないのかもしれません。

> 新メンバーが加入しても今まで通り楽しい笑点で笑わせて欲しいと思っています。



 以前から体が悪かったというのは、今回の入院で初めて知りました。

 そういう状態の中で長年務められていたわけですから、今後はゆっくりお休みいただきたいですね。



 こうして新しい血を入れながら、続いて欲しいですね。
歴史… (anne)
2006-04-25 00:39:47
トラックバックありがとうございました

毎週なにげに見ていた番組ですが、このまとめを拝読してあらためてその長さとその波乱万丈な歴史に驚きました

番組のレベルを同じ状態で続けていくのは並大抵のものではないでしょうが、ずっとそのまま変わらずにいてほしいです



長い道 (紅葉橋律乃介)
2006-04-25 02:48:50
 初期のメンバーは、短期間の参加が多いですね。これだけの人気番組になるとは、想像だにしなかったでしょう。



 歌丸さんは、既に独自の色を出していますね。メンバー紹介のまくらが毎回違う。

 こうして、変わらないようでいて、実は細かく変化していくというところが、長く続く秘訣なのかも知れません。
歴史!ですね (もあぱそ)
2006-04-25 05:17:02
おはようございます。

紅葉橋律乃介さんへ

こんなに詳しく笑点の歴史を紐解かれては… すばらしいの言葉しか返せません(@_@;)

知らないお名前、お名前だけは知っている…みたいな人が多いのですが(笑)。

勉強になりました。トラックバックをありがとうございます。

トラックバックありがとうございます (ゆげやかん)
2006-04-25 06:34:06
 いやぁ、『笑点』の歴史は深いですねぇ。あなたは笑点博士ですね!!
大変参考になりました (おかにゃん)
2006-04-26 00:43:57
こんばんは。TBありがとうございました。

笑点の歴史,大変参考になりました。

段志師匠から前武に司会が交代した背景が結構うやむやに表現している場合が多い中,何となく状況が見えた気がします。

ちなみに,都市伝説ですが,タイトルの由来は,当時国民的ドラマだった「氷点」をぱろでぃった,という説があります。ただし,かなり眉唾ですが。
40年の歴史は重いですね (豊田元広)
2006-04-26 01:13:25
トラックバックありがとうございました。

以前、私は「笑点の謎」を読んで、司会者の流れなどは大体把握していたのですが、

解答者もこれほどに複雑な変遷があったんですね。

私が笑点を見始めたのは今から10年ほど前だったので、「司会は円楽さん」とずっと思ってきましたが、

最近の歌丸さん司会の分も、円楽流を引き継ぎながら、ところどころに自分流が出ていて、円楽さんの司会とは一味違う面白さが感じられます。



ところで、春風亭昇太さんが加入したところで、並び順には変化があるのでしょうか?
まだまだ (紅葉橋律乃介)
2006-04-26 01:33:26
◆もあぱそさん

 改めて眺めてみると、噺家さんの名前はひじょうに覚えにくいことが分かりました(笑)。



◆ゆげやかんさん

 まだまだわたしも勉強です。



◆おかにゃんさん

 歌丸師匠がたまに挨拶で触れていました。これからは楽太郎師匠になってしまうのか…。

 一番寂しいのは、地方収録の時、「テレビ××○○周年おめでとうございます。100周年の時も…」が聴けないことですね。



◆豊田元広さん

 今日になって、「笑点」40周年記念本を買ってきました。書く前に読めば良かったのに…。

 わたしは伸介さんの晩年から観てましたが、さっぱり覚えてません。“世界の歌丸”に期待です。



 「席替えしよう~」と言われてますから、思い切った並び替えがあるかも…。いきなり真ん中はないでしょう。
TBありがとうございます^^ (小谷曄実)
2006-04-30 22:45:29
はじめまして^^TBありがとうございました!

私話に乗り遅れた!?と思っていたので、とっても嬉しかったです♪

円楽師匠の司会と、歌丸師匠の回答が聞けないのはやはり寂しいですね~

コメントを投稿

笑う点ならそのものズバリ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

笑点の三遊亭円楽さんが引退へ (たいきぶろぐ)
22日に落語家の三遊亭円楽さんが人気番組「笑点」の司会降板を表明し、また今後の活動を聞かれ、「私もこれからもう1度落語をやるのは無理な気がする。」と、落語家としても現役引退する意向とのことです。 やはり噺家として、言葉が出なくなるのは致命的なことかも知...
今までありがとう<(_ _)> (憧れの風)
<笑点>三遊亭円楽さん司会を勇退 後任は桂歌丸さん 円楽師匠、 お疲れ様でした<(_ _)> そんでもって 歌丸さん、 がんばってください^^ いや~好きなんだけどね。 見れないことも多いけど 見たらいっつも笑ってた。 私より歴史長い番組だよなw 5月14日。 間違
394:圓楽さん・こん平さん勇退要人通行経路流出新茶摘み (今日の私感neo)
第394回…日本ネタ2題で。 1)笑点の… 司会・三遊亭圓楽さんと、解答者の林家こん平さんが勇退だそうです。
笑点!円楽師匠、こん平師匠勇退!歌丸師匠が第五代司会! (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
笑点も、新たな局面へ・・・・
「笑点」の初代司会者は?? (新参土地家屋調査士 HMの挑戦)
昔からアウトロー?・・                  つまらないという理由
三遊亭円楽さん、笑点を勇退...療養中のこん平さんも… (■□TALKING CAFE:K□■)
日本テレビ・日曜日の長寿番組『笑点』の三遊亭円楽さん(73)が、 来月14日放送予定の40周年特番を最後に勇退する事が決定的となった 83年から笑点の司会を務めてきた円楽さんは、 昨年の10月に脳梗塞で倒れ一時休養。 先月26日放送分から案内役として復帰はしたものの、 .
円楽さん「笑点」降板 (神奈川県鎌倉市の整体&足裏施術所 あゆむ整体の日記2)
落語家の三遊亭円楽さんが、来月14日放送分を最後に「笑点」を“卒業”すると発表しました。昨年10月に脳梗塞で倒れ、今年3月に復帰しましたが、「ここらが引き時」と説明。 スポニチの記事だと、「笑点」の初代司会者は立川談志さんだったんですね。2代目が前田武彦さん、
ダックスフンド (越前これから)
 寄席芸で紙切があったと思う。名人が紙を切り抜くコツはハサミを動かさずに紙を動...
永遠のプレイボーイが勇退 (trickyken Blog)
円楽&こん平 笑点勇退 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060422-00000015-dal-ent 来月の「笑点」の40周年特番を最後に三遊亭円楽が降板することが決定的になったとのこと。 降板後は是非じっくりと静養して欲しい。 僕も持ってるんですが、僕の中で円楽さんと
円楽さん「笑点」勇退、春風亭昇太さんが新加入 (紅玉堂)
笑いをありがとう、円楽が「笑点」降板…春風亭昇太が新加入(サンケイスポーツさん) 本当、ありがとうございますという気持ちです 物心ついた時からずっと円楽さんやこん平さんのお笑いをずっと見てきたので淋しい気持ちもありますが、けれど新しい笑点にまた期待し...
笑点の色分けw... (m@Ru☆のとりあえずのコラム)
どうも...まるした どっと こむのm@Ru☆です。。。 笑点の色分けが気になりますw。。。 笑点... 三遊亭圓楽 林家こん平 が勇退... 桂歌丸 が正式に司会へ... そして... 林家たい平 正式メンバーに... さらに... 春風亭昇太 が新メンバーに...
日本ごはん党の旗手よ 早く復帰を(笑) (もあぱそ)
「笑点」という番組があります(などと断らなくってもいいのですけれど)。 結構好きな番組で、一時は見ないと平和な気持ちを取り戻せないなどと意地になって毎週見ていたりしました(笑)。 しばらく、林家こん平さんの姿も見えず、心配していましたが…。 円楽&こん平 笑.
笑点メンバー一部変更,皆様お疲れちゃーん!! (あれは,あれで良いのかな?)
笑点の司会を勤めていて,昨年病気により一時休養されていた三遊亭圓楽師匠と,同じく病気により一時休養していた林家こん平師匠が,笑点を勇退されるされることになりました。 司会の後任としては,現在代役の桂歌丸師匠が,こん平師匠の後任は現在代役の林家たい平さんが.
円楽、勇退 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
脳梗塞で療養中で、冒頭のみ復帰した三遊亭円楽が 5月の40周年特番を最後に笑点から勇退することになったそうです。
変りゆく時代 (重陽の宴)
「これからは、いち視聴者」…三遊亭円楽が「笑点」を卒業 円楽&こん平 笑点勇退 テレビを見ていたら久しぶりに宮川太郎花子師匠が出てらしたので、楽しんで拝見してました。 流れでこれまた久しぶりに大喜利を見ていたら、オープニングで出ていたはずの円 ...
円楽師匠おつかれさまでした。 (今日の出来心)
3月に療養生活から「笑点」に復帰された円楽師匠だったが、40周年を期に降板されることとなった。 笑いをありがとう、円楽が「笑点」降板…春風亭昇太が新加入 昨年秋に脳梗塞で入院され、「笑点」復帰後も円楽師匠の出番はオープニングのみでメインの大 ...