銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

朝黄龍

2008-01-20 18:19:14 | 大相撲観測日誌
 平成二十年一月(初)場所中日。毎度おなじみ、ドラゴンズではない。


  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会


・幕下
 今日勝ち越しを決めたのは、大天霄(山崎戦)・阿覧(阿夢露戦)。それにしても、「アランとアムール」とは、もはや何のことだか分からない。カタカナに漢字を無理矢理当てたシコ名は…。
 栃の山が4連敗で負け越し。
 栃翼(西12)今日から休場。
 中野(西11)は五分に後退。
 蒼国来(西6)も五分。

☆4戦全勝
 北勝国(西3)・土佐豊(東4)・阿覧(東21)・仲の国(西24)・大天霄(東35)・双大竜(西37)・春日国(東46)・山本山(東58)


・十枚目(十両)
 霧の若は7敗目。栃乃花は貴重な2勝目。
 西幕下筆頭の栃栄が2勝目。
 北太樹が順調に星を伸ばして勝ち越しに王手。
 栃ノ心も好調、6勝目。
 新十枚目の若荒雄を破って、北桜6勝目。
 白馬に敗れ、玉鷲は2敗。
 木村山は五分に後退。
 片山がやっとこさ初日。
 2敗の琴春日を破り、白乃波5勝目。
 境澤6勝目。
 皇司に敗れ、龍皇3敗。
 保志光6勝目。

☆1敗
 北太樹(東11)
☆2敗
 境澤(東3)・保志光(西5)・北桜(東8)・栃ノ心(西12)・玉鷲(西13)
☆3敗
 龍皇(西2)・琴春日(東4)・白乃波(西9)


・幕内
 結び3番からはTV、中入り後からそれまではラジオ・ネット配信で視聴。ラジオ放送80年ということで、神風さんと北出アナとのコンビ(TV音声を使用)や、志村アナ実況の栃錦―大内山の一番が流れた。


 中入り後初登場の千代白鵬。高見盛を破り、嬉しい懸賞7本を獲得。
 海鵬順当に5勝目。
 嘉風を圧倒し、普天王6勝目。
 土佐ノ海に何もさせず、栃煌山5勝目。
 2敗の新入幕市原と対戦、1敗のヴェテラン旭天鵬。上手を引いてからは市原に相撲を取らせず、天鵬7勝目。この辺は経験の大きな差であろう。
 昨日初日が出た若麒麟。垣添を圧倒し、あっという間に2勝目。初日が7日遅ければ…。
 大きな岩木山が引くところを上手く突いて行って鶴竜6勝目。岩木山3敗。
 豪風が良い立ち合いを見せたが、離れた後は春日王が一気呵成に押し出した。豪風2敗目。
 叩く叩くよ若ノ鵬。豊真将はただ前に出て落ちるのみ。
 立ち合いの時点で棒立ちの把瑠都を、廻しを引いて速攻の黒海が2敗を守る。
 豊響をガッチリ寄り倒し。露鵬が3勝目。

 玉春日を問題にせず、一気に突き出し北勝力五分に戻した。
 好調の朝赤龍が首投げで豊ノ島に“一本勝ち”。
 一時動きが止まったが、時天空が攻め勝って3勝目。
 今場所も雅山に敵わず。引きにバッタリ、安美錦3敗。
 安馬が1回突っかけ。当たってからすぐに出島の後ろに付くが、なかなか送り出せない。出島が動いたところを、送り倒して5勝目。

 早くも大関戦。しかし、星の上がらない二人。琴光喜を難なく下し、魁皇5勝目。琴光喜は5敗目。
 千代大海は結局1勝も出来ず、今日から休場。豪栄道が2勝目。
 好調の稀勢の里と互角の勝負は、辛うじて琴欧洲が寄り切ってともに5勝3敗。

 琴奨菊を堂々の引き落とし。白鵬、関取勝ち越し第1号。奨菊は足を傷めた。
 “極はあるけど切れがない”朝青龍。栃乃洋にも勝機がないこともなかったが、やっとという感じで上手投げ。1敗を守った。キレてばかりいないで、相撲の切れを取り戻さなきゃ…。

☆全勝
 白鵬(横綱)
☆1敗
 朝青龍(横綱)・旭天鵬(西10)
☆2敗
 琴奨菊(小結)・朝赤龍(西4)・豪風(東7)・鶴竜(東8)・黒海(東9)・普天王(東12)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 嫌よ嫌よもスキーのうち | トップ | ああ、上位安泰 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

平成20年初場所中日 (どんより)
今日はちょうど中入りの時間からテレビ観戦。 なつかしの映像。平成14年初場所、栃東新大関の場所を振り返る。 栃東対関脇朝青龍とか、栃東...
大相撲初場所:8日目の主な取組結果 (【Search-A's Enjoy Life】)
中日8日目のNHKテレビ中継と言えば、中入り休憩時の人気企画♪ 毎場所ゲストを迎えての “わたしの好きな大相撲” が楽しみなワタシ(^^) …なのに、何故か今場所は “熱戦名勝負~平成の土俵から” で、 残念ながらゲストは無く、非常に物足りない一日でしたわ&#6389...