銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

昆虫王者ムシリング

2009-09-13 00:00:27 | 単独枠のヤッターマン
 9月6日放送の『ヤッターマン』第57話(通算59話)は「ムシゴロウの昆虫王国だ コロン!」が放送された。

 「タツノコプロ」『ヤッターマン』公式サイト
 「よみうりテレビ」の『ヤッターマン』サイト


 「ムシゴロウの昆虫王国だ コロン!

 YTVサイトのあらすじは下記のとおり。
 「世界のカブトムシがどれでも千円!」と客を集めるドロンボーのインチキ昆虫ショップ。図鑑で見るような珍しいカブトムシを手に入れ、大喜びのお客たちだったが、もちろんこれにはウラがあった。いつもながらくだらないインチキで金を稼いだドロンボーのもとにドクロベエからの指令が入る。情報によると、アマゾンのどこかに“コハクの宝庫”と呼ばれる幻の産地があり、そこに眠るドクロ型のコハクの中にドクロリングが埋まっているというのだ。さっそくドロンボーたちは装甲をクニャクニャと軟らかくしたりカチカチに堅くしたりできるクワガタ型メカ、その名も“オークニャカタ”でアマゾンを目指した。
 ドロンボーを追ってアマゾンへとやって来たヤッターマンたちの前に、いきなり現れた巨大ミノムシ。それは、虫を愛しすぎるあまりコスプレで昆虫になりきってしまった学者のムシゴロウだった。幻のカブトムシ・ブルービートルに魅せられたムシゴロウは、実物を一目見るため妻子を残して家を飛び出し、すでに十年が経っていた。ブルービートルははるか昔に絶滅した種だが“コハクの宝庫”ならコハクの中で化石になったブルービートルが見つかるかもしれないというのだ。「虫さんを怖がらせないように」とのムシゴロウの提案で1号、2号、オモッチャマはそれぞれカブトムシ、蝶、テントウ虫のコスプレをして、一緒に“コハクの宝庫”を探すことにする。一方、ドロンボーたちはジャングルで蚊に食われまくっていた。仕方なく、ドクロベエが用意したという虫除けの全身スーツを着込むが、そのデザインは蛾、フンコロガシ、ナメクジという、どこから見ても悪役の姿だった。どちらも昆虫の姿になったヤッターマンとドロンボーは、ついに“コハクの宝庫”を発見する。こうなったら力づくで相手を倒すしかない。それぞれの昆虫の特徴を活かした戦いで激突するヤッターマンとドロンボー。それでも決着はつかず、オークニャカタを呼び寄せたドロンボーに対抗するため、1号はヤッターアンコウをカブトムシ型に改造すると、昆虫メカバトルへと突入する!



 一話完結としては、最後のお話。9個目のドクロリングが見つかった。

 今回のドクロリング(候補)は、琥珀の化石の中に眠る(らしい)という。実際に見つかってみると、明らかにドクロ型のリングが埋まっている。見事に本物でありました。

 各キャラが虫の格好をして登場。ヤッターアンコウもカブトムシ風になっている。ドクボンは、蜂のみなしごのような格好? バトルではヤッターメカやドロンボーメカに数字が出たが、さて、何のパロディなのか。まあ、昆虫のバトルだし…。


 次回は9月13日、第58話(通算60話)は「ヤッターメカ全滅!だ コロン!」の予定。最終回まで続きのお話で、
9月20日、第59話(通算61話)「ドクロストーン復活だ コロン!」
9月27日、第60話(通算62話)「さらばドロンボー今度こそ解散だ コロン!」
 以上で完結となる。「ドクロストーン」という名前が気になるが…?

にほんブログ村 アニメブログへ
『アニメ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 魔女って怖い | トップ | 強い者が勝つ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

単独枠のヤッターマン」カテゴリの最新記事

トラックバック

自分の仕事をこなさないと全体としてダメになるってこと? (アルバトリオンが倒せない)
武器は何がいいの?オンラインソロは無理?