銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

荒天の春

2010-03-21 18:57:43 | 大相撲観測日誌
 平成二十二年三月(春)場所(於・大阪市浪速区難波中 大阪府立体育会館)は中日(八日目)。外出していたので、ほとんど観てない。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会


・幕下
 若三藤(西55)を押し出して栃矢鋪、武蔵海(西42)を下して柳川、舛ノ山(西32)を叩き込んで誉富士、亀井(東24)を押し出して翔傑、荒鷲を破って城ノ龍が4連勝勝ち越し。

☆4戦全勝
 隆の山(東10)・城ノ龍(西19)・翔傑(西29)・誉富士(東36)・柳川(西44)・碧山(東48)・栃矢鋪(東60)


・十枚目(十両)
 大道を寄り倒し、霧の若は3勝5敗まで盛り返して来た。
 春日錦を押し出し、若天狼は5勝3敗まで持って来た。
 海鵬を押し倒し、玉飛鳥6勝目。
 佐田の富士を押し出し、光龍も6勝目。
 豊桜に突き出され、木村山は2敗目。
 将司を破り、千代白鵬6勝目。
 蒼国来を寄り切り、栃乃洋も6勝目。もうすぐ再入幕…か?
☆1敗
 なし
☆2敗
 栃乃洋(西2)・木村山(西4)・光龍(西6)・千代白鵬(西8)・玉飛鳥(東13)
☆3敗
 琴春日(東6)・豊桜(東9)・若天狼(東10)・益荒海(東14)・大道(西14)

・幕内
 猛虎浪に敗れ、隠岐の海は借金2。
 瀬川を寄り倒し、高見盛が6勝目。
 磋牙司は北勝力を引き落とし、貯金2。
 垣添を叩き込み、時天空が8連勝で関取勝ち越し第1号。

 7連敗同士の対決は、若の里が初日。阿覧負け越し。
 旭天鵬を寄り切り、把瑠都はまず勝ち越し。
 鶴竜を寄り切って、豊ノ島五分。まずは関脇を維持したいところだが…?

 稀勢の里が上手く取って魁皇を寄り切り。
 全敗の土佐豊が琴欧洲を破って初日。欧洲は残念2敗目。
 苦手の琴奨菊にあっさり寄り切られ、日馬富士に土。
 琴光喜を寄り切って、安美錦五分。

 玉鷲を寄り切り、白鵬は動じず全勝。
☆全勝
 白鵬(横綱)・把瑠都(関脇)・時天空(東13)
☆1敗
 日馬富士(大関)

 好調の大関4人が全員敗れたが、良く考えると、いつもとあまり変わらないような…。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ジャンル:
相撲
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 荒れないことが波瀾の春 | トップ | 春と把瑠都 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

平成22年大相撲春場所中日、大関と弓取式の波乱 (てるKUNのよもやまBLOG)
 大関総崩れは驚くことでもないけど、弓取式で弓を落とすハプニングにはビックリさせ
春場所八日目 大関だけ嵐? (日々感動!)
隠岐の海●{/v/}猛虎浪○ 上手投げ 把瑠都○{/v/}旭天鵬● 寄り切り  8連勝~ 魁皇●{/v/}稀勢の里○ 寄り切り 琴欧州●{/v/}土佐豊○ 押し倒し 日馬富士●{/v/}琴奨菊○ 押し出し 苦手なんだ 琴光喜●{/v/}安美錦○ 寄り切り  足取りかと思ったよ、決ま...