銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

平成二十七年十一月場所・千秋楽

2015-11-22 21:35:43 | 大相撲観測日誌
 平成二十七年十一月(九州)場所(於・福岡市博多区築港本町 福岡国際センター)は千秋楽。

  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


 決定した優勝者など。

・序ノ口
 6勝1敗で下記3人が巴戦に出場。
 大勇人(西13)・琴隼(東14)・琴全翔(西20)

 まず、琴隼が大勇人を破る。続いて同部屋の琴全翔を破り、2連勝で琴隼が優勝。

◎6勝1敗
 琴隼(東14、初。各段も初)


・序二段
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 羽黒豊(西95、初。各段も初)


・三段目
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 霧馬山(西96、初。各段も初)


・幕下
 7戦全勝で下記2人が優勝決定戦に出場。
 芝(西31)・宇良(西54)

 諫誠(東35)を破り、彩(東29)6勝目。
 大雷童(東31)を押し出し、大輝(東25)5勝目。
 安芸乃川(東14)を下し、翔天狼(西6)6勝目。

 同部屋決定戦は長い相撲の末、宇良を寄り倒して芝が優勝。

◎7勝
 芝(西31、初。各段は26年7月の序二段以来2回目)


・十枚目(十両)
 玉飛鳥5勝目、八番相撲の禧勢ノ山(西下5)は2勝6敗。
 千代丸9勝目、琴恵光(東下3)2勝5敗。
 石浦7勝目、真鵬(西10)は4勝11敗。
 阿武咲(西6)4勝目で残留、大翔丸は3敗に後退。
 大道を寄り切り、正代13勝で優勝決定。大道(西13)は9敗で陥落か。
 富士東9勝目、若乃島(東8)11敗で陥落か。
 旭大星を押し出し、北磻磨「北の湖部屋」千秋楽を勝ち越しで飾った。
 旭日松を押し出し、英乃海(東3)勝ち越し。
 明瀬山を破り、青狼(西2)勝ち越し。
 輝(東2)勝ち越し、里山負け越し。
 千代皇を押し出し、貴ノ岩(東筆頭)勝ち越し。

◎13勝2敗
 正代(西5、初。各段は26年5月の序ノ口・27年1月の幕下以来3回目)

 十枚目年間最多勝は13日目に決定した(シコ名、勝敗、今場所の星取)。

輝    49-41 ●○●●● ○○○●○ ○●○●○


・幕内(まくのうち)
 力の出ない安を押し出し、豪風7勝目。
 佐田の富士を寄り切り、「北の湖部屋」として最後に登場した北太樹が白星で締めくくる。
 千代大龍が出て行くところを土俵際叩き込み、宝富士に勝ち名乗り…の前に物言いがついていた。団扇の通り、宝富士2回目の勝ち名乗りで10勝目。
 勝龍を突き出し、千代鳳10勝目。
 魁聖9勝目、豊響負け越し。
 誉富士を押し出し、新入幕御嶽海勝ち越し。
 優勝争いの松鳳山を、当たってすぐ素首落として仕留めて安美錦勝ち越し。松鳳山は残念3敗にも後退敢闘賞受賞。
 隠岐の海を押し出し、玉鷲勝ち越し。
 碧山7勝目、碧山の当たりにあっさり押し出された逸ノ城6勝9敗。新入幕がピークとは…。
 嘉風を引き落とし、勢12勝目。勢が敢闘賞、嘉風技能賞。

 栃煌山を首投げで仕留め、豪栄道千秋楽にカド番脱出。栃煌山は永世関脇に近付いた。

 これより三役初登場の琴勇輝、照ノ富士にのど輪を見せたところ、逆に照ノ富士が押し出し9勝目。琴勇輝は花道の奥まで飛ばされていた。

 日馬富士を寄り切り、稀勢の里10勝目。敗れた日馬富士は「しまった」という顔をしても後の祭り。これで白鵬と並んだ。
 その白鵬、鶴竜を最初は攻めるが、すぐに上手を取られて鶴竜寄り切って9勝目。こういう時には負けないはずの白鵬は終盤3連敗で優勝を逸した。日馬富士7回目の優勝が決定。

◎13勝2敗
 日馬富士(横綱、25年11月以来7回目)

・殊勲賞
 該当者なし(27年5月以来56回目)

・敢闘賞
 勢(前4、2場所連続4回目)
 松鳳山(前10、25年9月以来3回目)

・技能賞
 嘉風(小結、2場所連続2回目)


 幕内から十枚目への陥落候補は佐田の富士・大栄翔・時天空・朝赤龍の4人。十枚目から幕内への昇進候補は、貴ノ岩と正代の2人。輝と青狼も上がりそうだが、佐田の富士残留で青狼は十枚目据え置きが妥当だろう。
 十枚目から幕下へ陥落候補は、若乃島・真鵬・大道・玉飛鳥の4人。幕下から十枚目へ昇進候補は、安彦・千代翔馬・千代の国の3人。もう一人上がるなら出羽疾風と翔天狼の争いか。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ジャンル:
相撲
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 11月21日(土)のつぶやき | トップ | 11月22日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幕内昇進候補 (shin2)
2015-11-22 22:24:48
十枚目から幕内への昇進候補は、西3枚目で9勝の常幸龍が第3位に来ると思われます。
9月場所で西前頭9枚目の鏡桜が4勝11敗で十両に落とされているので、同地位同成績の佐田の富士も落ちるのでは、と予想していますが、東十枚目2枚目で8勝の輝は昇進候補としてやや弱いか?
まさか2年連続十枚目年間最多勝は狙いたくないでしょうが。
そういえば (紅葉橋律乃介)
2015-11-22 22:44:19
ああ、常幸龍がいましたね。
貴ノ岩・正代・常幸龍・輝の順番です。佐田の富士を落として輝を上げるかと言われれば、微妙と言わざるを得ない。

しかし、去年の九州で10勝しながら、まだ十枚目とはまだまだ輝きが足りないですなあ…。

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事