銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

平成二十九年五月場所・十日目 「まだ五日間ある」

2017-05-23 23:59:59 | 大相撲観測日誌
 平成二十九年五月(夏)場所(於・國技館)は十日目。

  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


・幕下
 琴太豪(16)3勝目、水戸龍(東15格)は2勝3敗。
 常幸龍(東8)を押し出し、矢後(西15格)勝ち越し。

☆5勝
 岩﨑(西2)・霧馬山(東18)・大岩戸(西34)・天鎧鵬(東41)


・十枚目(十両)
 北磻磨(下3)勝ち越し、貴源治(西14)3勝7敗でピンチ。
 4敗同士、明生を寄り倒して北太樹6勝目。
 3敗同士、千代鳳を押し出して竜電7勝目。
 琴恵光五分、誉富士4敗。
 旭日松を突き落とし、安美錦五分。
 青狼五分、錦木4敗。
 山口を寄り切り、大奄美五分。
 朝乃山五分、旭大星も敗れて五分。
 剣翔五分、千代丸も敗れて五分。
 千代皇6勝目、旭秀鵬も4敗。
 4敗同士、東龍を下して佐田の海6勝目。

☆3敗
 竜電(東12)
☆4敗
 佐田の海(東筆頭)・旭秀鵬(西2)・臥牙丸(東3)・錦木(東4)・千代皇(東6)・千代鳳(東9)・北太樹(西12)・誉富士(東13)


・幕内(まくのうち)
 阿武咲を押し倒し、臥牙丸(十3)6勝目。
 「や」のない休場明け琴勇輝を押し出し、千代大龍6勝目。
 石浦が出るところ豊山逆転小手投げで2勝目。
 大翔丸の手付き不十分で審判長待った。2回目、変わらないように見えるが成立。栃ノ心が怒りの寄り切りで勝ち越し。
 出る魁聖を宇良切り返して10日目に勝ち越し。
 荒鷲3勝目で残った、松鳳山負け越し。
 蒼国来を突き落とし、正代勝ち越し。
 北勝富士7勝目、碧山負け越し。
 隠岐の海をそっと押し出し、大栄翔2勝目。
 御嶽海4勝目、千代の国負け越し。
 遠藤を下し、玉鷲7勝目。遠藤3勝7敗で負け越し王手。

 嘉風を寄り切り、照ノ富士勝ち越し。
 千代翔馬を下し、豪栄道6勝目。

 栃煌山を寄り切り、日馬富士土つかず10連勝。
 琴奨菊が一気に寄り切って3勝目。好敵手に惨敗の稀勢の里は4敗目。
 髙安を強敵と見てじっくり我慢の白鵬、最後は寄り倒して優勝への執念を見た10連勝。髙安は2敗目で優勝争いからは後退。

☆全勝
 日馬富士(東横綱次席)・白鵬(西横綱次席)
☆1敗
 なし


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月22日(月)のつぶやき | トップ | 5月23日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事