生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

[bowling]しんどかった2015年(大殺界YEAR)

2015-12-31 | bowling/throwing
2015年の振り返り

2010年5月からボウリングを始めたので、6年目になります。5年と8ヶ月です。

今までは、1年目前半、1年目後半、2年目前半、2年目後半・・・というように
5月~10月、11月~4月の半年区切りで目標を立てながらやってきました。

だから、1月~12月の「年」はあまり意識しておらず、
1年を振り返るタイミングは、4月末でした。

でも、今年は違います。2015年1月~12月が一区切りです。
2015年1月に、『やっぱりタイミング変更をやろう』と決めたからです。
まさに、タイミング変更に真剣に取り組んだ1年でした。

そしてこの1年で、タイミング変更をやりとげました。
それまでの約5年間、ずっとできる気すらしなかった手遅れタイミングが手に入りました。

2015年は、とてもいい年でした。ボウリング的には。


大殺界

僕は六星占星術をそこそこ信じてます。

と言うと、ドン引きされることが多いのですが、あくまで「そこそこ」です。
そして、何故信じるかというと、自分自身に限っては今までとっても当たってたからです。

生きてるのが辛くなるような時期が来て、もしやと調べてみると
やっぱり大殺界の年だったということが何度かありました。
六星占星術を知る前の若かりし頃のことを調べてみると、やっぱり辛い経験をしたのは大殺界の年でした。

僕は霊合星なので、6年に1回大殺界が来るらしいのですが
『やばいぞ今年は大殺界だ』とわかっていて、無難に切り抜けられた年は1回だけで
他の年は、かなり精神的に追い詰められました。
そして、大殺界の年が明けると、不思議とウソのように状況は好転するのです。

そんなことを繰り返してきたので、僕は六星占星術をそこそこ信じるようになりました。


そして、2015年は大殺界でした。
実際、2014年の終盤から、けっこうしんどい状況になってきました。
『あぁ、やっぱり来たな、1年間なんとか我慢すれば切り抜けられる』
そう頭では思っていても、この状況が長く続くなんて耐えられないとも感じてました。

でも、生きていかなくてはなりません。
(と書くと、とても大げさですが、悪い時期は実際そう感じます)

最低限の義務だけなんとか果たし生き長らえていく、そうするしかありません。
そうしながら、1年間耐えようと思っていました。

そして、時間が空いた時は投げに行きました。義務のように。


ボウリングだけは好調

こういう状況だと、投げてても楽しくありません。集中もできません。

もともと僕はいつも独りで黙々と投げるので、誰にも気を使う必要がないのは助かりました。
暗い顔して、負のオーラを発しながら、黙々と投げてたと思います。

そして、楽しくないのに、集中もしてないのに、なぜかボウリングは調子が良く。
不思議でした。なんでだろう? と何度も思いました。

そして、2015年の正月明け頃にはしんどさがピークに。
当時ダイエットに凝ってて、炭水化物をカットし80kg→70kgまで身体を絞ってましたが
それもメンタルに悪影響あるだろうと止め、食べるようにしたのに、それでも体重は減り続けてしまい。

とうとう独りではガマンできなくなって、奥さんに「俺、マジでヤバいかも」と伝えてみたり。
おかげで、ボウリングは自由に行かせてもらえました(笑)

でも、ボウリングに行っても楽しくないんです。
調子は良くて、上達してる感はあるのですが、全く楽しくない。
でも、投げてないと本当にダメになりそうだと感じ、必死で真剣に投げてました。


先輩のコメント

そして1月10日、僕はしばらく更新されてなかった先輩のブログの古い記事に、コメントを付けました。
古い記事に自分本位の無理やりなコメントをしたのです。
コメントは「初心に戻ってスピード練習をします!」という内容でしたが、要は先輩に泣きついたわけです。

そしたら、先輩からも久々のコメントが。
僕の動画を見てくれて、フォームの課題を
・タイミング
・最終ステップとスイングのシンクロ感
・最終ステップ(スライド)とスイングが引っかかりが浅く見える
と教えてくれました。

必死で投げてないとダメになりそうだと感じてた人間にとって、それは神の言葉のように感じられ。
そりゃぁもう、タイミング変更に取り組むしかない、やっぱりタイミング変更をやろう そう思ったわけです。

2015年のボウリングの出発点は、先輩のこの言葉でした。


手遅れ

そして、2月から本格的にタイミング変更に取り組み始めました。

まずは、4歩助走の2歩目でダウンスイングを受けるタイプへの変更です。
プッシュアウェイからして全くタイミングを変える荒療治ですが、これもなかなかできずに苦労しました。
4歩5歩と歩いてしまうとできなくなるので、2歩助走・3歩助走ばかりやってました。
この頃の練習で何かを掴んでいたようで、2歩助走・3歩助走ではかなり手遅れができるように。

そして、3月後半からは、更に手遅れ度を増すためにリリースの後さばき化に取り組みました。
そのために、サムのピッチをレフト&リバースにしたりもしました。
(注:レフティなので本当はライト&リバースです)

ピッチ変更の効果は絶大で、引っ掻きあげ気味でロスが多かったリリースが
下方向に叩きつけるようなイメージに変わりました。

5月6月7月はそのイメージのまま、ボールを14lb→15lb→16lbと換えながら投げ込みました。
5時間投げ込みなんてことを何度かやったのもこの頃。

でも、手遅れ度が上がり、リリースのロスもなくなったはずなのに、まだスピードは上がらず。
そこで8月からは、毎年夏の恒例行事、ストレート投げ込みをやりました。

タイミングは良くなってるのにストレートが30km/hに届かない、なんでだろう? と悩みましたが
助走を走ってみたら、今までにない手遅れ感を感じ、久しぶりの30km/hがでました。

そこからはスピードもどんどん上がり、秋にはピンヒット1.9秒に届くくらいになりました。
長らくずっと目標にしてた、「手遅れ」と「33km/h」に、やっとたどり着きました。


ボウリングのおかげ

一方、しんどさのほうも、このころには大分やわらいできました。

春夏と、しんどいながらも少しずつ頑張ってやってきていたところに
秋口に運良く環境が変わる出来事があり、かなり好転したのです。
思ってたよりも早い好転でした。
気は抜ける程ではありませんでしたが、かなりほっとしました。

「運良く環境が変わる出来事があり」については神様に感謝ですが
「しんどいながらも少しずつ頑張ってやってこれた」ことについては、ボウリングのおかげです。
春夏のしんどさがピークの頃は、ボウリングがあって本当に良かったと思ってましたから。

逆に、しんどかったからこそ、真剣にボウリングをするしかなくて
ひたすら目の前の課題に集中できたせいで、上達できた気もします。
投げても全然楽しくはなかったのですが・・・

精神的に追い込まれてる状況じゃなかったらタイミング変更もやり切れてなかった気がします。


モチベーション急低下

そして、秋にはボウリングへのモチベーションが急激に下がりました。
しんどさもやわらぎ、ボウリングの目標も達成し、すっかり気が抜けたようです。

そして、B2じゃなかった事件
これも、モチベーション低下の原因の一つかもしれません。
あれは、とてもとてもショックでしたから(笑)

そのまま今に至ってるわけですが、モチベーションが復活するにはもう少しかかりそうです。
今はボウリング以外にも、興味があることがいろいろあるし。

新しいことに興味がわくということは、ポジティブになってきた証拠。
良かった良かった。


2016年のボウリング

さて、年が明けます。
大殺界も終わり、2016年から新たな良いサイクルに入るそうで
新しいことを始めるには絶好のタイミングらしいです。

仕事のほうでも、新しい領域に踏み出そうかと思っていますし
30年ぶりにテニスをやろうかなんてことも考えているので

「ボウリングはしばらくお休みでいいかな?」

そんなことも、考えんでもなかったのですが
やっぱり、投げようと考えなおしました。

ボウリングには感謝しなくちゃ、それには投げなきゃ と思ったからです。
ぼちぼち投げようと思います。


それにしても、しんどかったなぁ大殺界YEAR。
やっと終わりだ!

にほんブログ村

[bowling:616]投げ納め

2015-12-30 | bowling/throwing
起きれない・起きない

久しぶりの冬場の4時起きは、思ってたよりもキツく
寝袋から出る決心がなかなかつきませんでした。

やっと抜け出たのが5時。
以前、喜々として早起きしてたころは何だったんだろう(笑)

昨晩弟ザルが、「俺も行く、起こしてね」と言ってたので
起こそうとしますが、全く起きる気配はなく。
しばし声かけたり、揺すったり、叩いたりしてもダメなので諦めました。

5時でも真っ暗で寒くて、ついつい気持ちが揺らぎます。

弟ザルも起きないし、行くの止めてもう一度寝ちゃおうかな?
でも、30日に行くって書いちゃったしな、一応行くか。

なんとか決心がついたので、着替えて家を出ました。
blogに書くことが、役に立つこともあるようです。


ハウスボールは禁止です

6時前にラウンドワンに到着。まだガラガラ。
マイボウラーレーンに通されました。

シングルバックを下ろし、右投げ用のハウスボールを取りに行くと
店員から、「お客様、マイボーラーレーンはハウスボール禁止です」と言われます。

まぁ、そう固いこと言わずに。左投げの合間に少し投げるだけだから。
というような事を言ったものの、店員も譲りません。

仕方なくハウスボールは返し、お試しマイボールのラックからマイキャンボールを持ってきました。
今度から、マイボーラーレーンは避けようかな。


全然ダメ

練習のほうは、あまり調子が出ずダメでした。
最近あまり投げてないので、仕方ありません。



半分以上ストレートを投げ、その合間にスライダーとUFOと逆足を少しずつ投げましたが
やはり、マイボーラーレーンは曲がりません。

曲がらないと、自然に曲げに行ってしまい回転が増え
スライダーじゃなくフックになってしまい、スピードが落ちてしまいます。

やっぱり、マイボーラーレーンは避けたほうが良さそうです。
あとは、もっとクロスに投げれるようにならないと。


手遅れ

手遅れがまた一歩進化したかもしれません。



左の写真は、右足足裏がアプローチと平行になった時。
このタイミングで、ここまでボールが高いのは初めてです。
バランス的には右に傾き過ぎで良くありませんが。

右の写真は、蹴り足が浮いた時。
このタイミングで、左腕が平行より上になってるのには自分でもびっくり。
これで、右肩が下がってしまってなければなぁ・・・

タイミングは、まだまだ煮詰める余地が大きそうです。


逆足はじめ

逆足は初トライです。投げたうちの8割は内ミス、引っ張っちゃいます。
頭でわかっていても、身体ができません。でもまぁ、最初ですしね。

気長に少しずつやっていきましょう。

にほんブログ村

[bowling] 驚愕のローダウン動画!

2015-12-30 | bowling/throwing
驚愕!

驚愕のローダウン動画がこちら



実は再掲です。
2010年12月24日に、驚愕 (&キモは何だろうと考えさせられる) というタイトルでこの動画を紹介してます。
2010年の僕は、クリスマスイブに何をやってたんだろう(笑)

久しぶりに見ても、やっぱりスゲーなと思いました。

ちなみにこの方、今は普通に投げてるようです。
ちょっと残念な気もします。なんで変えちゃったんだろう?


逆足

ボウリングに限らず、右利きだと普通軸足は左足です。
ピッチャーだって、ゴルフだってそうですね。

ジャンプしながら投げる・打つだと、左足踏切り左足着地になります。
テニスのジャンプサーブや、ハンドボールのジャンプシュートがそうです。

が、逆足になるケースもあります。

ハンドボールだと、左サイドシュートは右足踏切りになります。



ディフェンダーが右に居るからこうするんですが、これ、けっこう難しいんです。
普通のジャンプシュートと足が逆なので、最初はぎくしゃくします。(一度できちゃえばなんてことありませんが)


テニスでも、踏み込まずオープンスタンスで右足だけで打つケースがあります。



これも、威力のある球打とうとすると、普通のストロークよりも少し難しい。
僕はスピンかけるタイプじゃないので、アプローチショットに使ってました。

というように、少し難しい逆足ですが
高校時代にハンドボール、大学時代にテニスをやってた僕の身体には
逆足の身体の使い方がインプットされているはずと気付きました。

はい、そうなんです。
やってみようと思ってます逆足ローダウン。右投げで。


右投げ変遷

もともと、右は両手投げでした。2010~2011年頃のことです。
当時はまだ両手投げやってる人はほとんどいなくて、大会でも珍しがられました。

ちなみに、僕の両手投げの先生はこの人↓

彼らはベルモの動画を見て自ら両手で投げ始め、2010年には来日したベルモを生で見て声かけてもらってます。

右片手投げもやってた時期はあったのですが、いま一つ面白くなくて。
それに、右片手投げしようとすると、右用のボールも必要になります。
その点、両手投げ(サムレス)だと、左投げ用のボールを共用できるから便利でした。

でも、左右両方で投げようとすると、靴が面倒なんです。
ソールを左右逆に張り替えれば良いのですが、それって結構面倒ですし
ソールを貼りつけるマジックテープもとても痛んでしまいました。
なので、靴を2足持って行って時期もありました。履き替えちゃったほうが楽ですから。

でも、「荷物を減らしたい」「シンプルな道具立てでやりたい」なんて意識が出てきたら
靴を2足持って行くのも面倒になりました。

となると、両手投げは無理です。左用シューズで右両手投げをしたら、まず左足を痛めます。

そこで、UFOボールに行きつきました。
軽いボールを軽く投げるUFOボールなら、左用シューズでも大丈夫だろうと思ったのです。
実際今のところ脚は大丈夫です。

が、UFOボールも何度か練習するうちに、スライドしないと上達できない気がしてきました。
それに、そもそもUFOボールの投げ方が全然わかりません。上手くなる気がしないのです。
ちょっと心折れ気味になってまして・・・

というところで、逆足投げなら靴の問題もないんじゃね? と気づいたわけです。


そうえいば、5年前の投稿 驚愕 (&キモは何だろうと考えさせられる) に、先輩がこうコメントしてました。

> あの...もみじさんまさか?
>「これなら靴を履き替えなくていい!」って思ってないですよね?

はい、その通りです。タイムラグが5年ありましたが。


フロンティア

逆足投げって、日本でやってる人っているかなぁ?
おそらく、UFOボールよりもフロンティアかと。
僕はあまのじゃくなのでそういうのに弱く、気付いてしまったらどうしても食付いてしまいます。

でも、UFOボールと違って投球のメカニズムは普通のボウリングと一緒のはず。
逆足でない通常の投球時と同じような上体の使い方ができれば
逆足でも投げれるような気がします。(←気がするだけです)

それに、ハンドボール&テニスで鍛えた右は、左と違って地肩の強さに自信があります。
UFOボールだとその肩があまり活かせませんが、逆足ローダウンなら活かせそうな気がします。

となれば、やるしかないでしょう!


ただ、ボールの問題は出てくるんですけどね。左用のボールじゃサムが入らない。
ま、当分はハウスボールでいいでしょう。

そういえば、とんでもなく下手な人に見られそうです。
僕は気にしませんけど、周りの人は気になっちゃいそうですね。

にほんブログ村

[bowling]くるぶし未ヒット2

2015-12-29 | bowling/throwing
5年前の品

今日は投げずに大掃除です。明日の朝、投げ納めする予定です。

大掃除中に家具をどかしたら、こんなものが出てきました


5年前に買った品です。
くるぶし未ヒットなんて投稿をしてました。

当時から脇ガバガバなフォームだったので、くるぶしの近くでリリースしようと考え
くるぶしに当てる練習をするために買ったのでした。
実際にくるぶしに当てられたのは、それから半年後くらいだったようですが。


また当ててみようか

僕は未だに脇ガバ系のフォームです。
さすがに以前よりは脇もしまってきたとは思いますが、まだまだ。

それに、クロスでばかり投げてると(←ストレートしばりなのでそうなります)
どうしても脇開き気味になりやすく、スイングプレーンのマイナスチルトが不足しがち。
逆クロスを投げるという手もあるのですが、右利きのラインを荒らすのも気がひけます。

そいえば最近は、くるぶしに当たる/かするなんてことは全くありません。
ここはひとつ荒療治で、またくるぶしヒットを目指してみようかな。

にほんブログ村

[sk8]超ショートWB×サイドワインダー

2015-12-27 | bowling/throwing
WB11.125!

しばらくスケボーから離れてるうちに、こんなボードが出てたんですね。
超ショートWB×サイドワインダー。



サイドワインダーってWB20インチ以上のデッキと合わせるもんだと思ってましたが
考えてみれば、サイドワインダーでスピード出そうって人はいないでしょうから
これはこれでアリというか、こう使うのが正しい気もしますね。

それにしても、WB11.125って!
サイドワインダー以外のトラックじゃ、まともに乗れないでしょうね。


サイドワインダー

僕は今、WB18インチ×サイドワインダーで乗ってます。

WB18インチでもサイドワインダーだと
WB13インチのキッズ用ショート(TKP)よりもはるかに小回りが利くから
家の前の狭い道で遊ぶには、最適だと感じてました。

でも、超ショートWB×サイドワインダーにしたら、もっと快適なんだろうなぁ・・・
90cmのデッキができたら、その次に作るかな。

にほんブログ村

[bowling]投げ納め?

2015-12-27 | bowling/throwing
また投げなかった

最近土日どちらかしか投げてません。
奥さんが土日どちらかが仕事なので、2人ともお休みの日は投げないことにしてるのです。

昨日土曜日が投げない日、今日日曜日は奥さんが仕事なので投げる日。
のはずだったのですが・・・

今日の奥さんの仕事は午後からだったので
午後から投げようと午前中にいろいろ用事を済ませたのですが
いざラウンドワンに向かう段になって、僕は気づいてしまいました。

「午後からだと早朝割引にならねーな」
「冬休みの午後って、ファミリー&中高生で混んでるんじゃね?」

というわけで、今週も投げませんでした。
いかんいかん。


久々の4時起き

でも良く考えたら、明日は仕事納めなので投げられるはずもなく
その後は大掃除モードにならないといけないので、やっぱり投げれないかも。

ってことは、前回行ったのが投げ納め?
11月12月合わせて3回しか投げてないし、そりゃあんまりだ。
こりゃ、29日あたりに早朝抜け出して投げてくるしかねーな

でも、その早朝ってのが曲者です。
ラウンドワン様もしょっちゅうルールを変えてるからです。

早朝5ゲーム1000円だったころは、確か5時から入れたはずで
オールナイトフリーパス時代は、4時-6時の2時間制でした。
ついこの間までは、6時をまたぐと10ゲーム制限がかかるルールだったので
6時に合わせて行くか、10ゲームしか投げないの2択でした。

今はどうなってるんだろう? と調べてみたら
『投げ放題の朝割 土日は5:00から』と書いてありました。
そうか、ってことは4時起きです。

懐かしいな、4時起き。
以前は土日両方4時起きして投げてたもんなぁ・・・
明後日は、久しぶりに4時起きしてみるか。


気づいて良かった

と、ここまで書いて投稿しかけましたが
ギリギリのところで間違いに気づきました。

明後日は土日じゃないから、朝の営業は10:00からでした。危ない危ない。
気づかなかったら、火曜日の早朝にラウンドワンで悶絶してたでしょう。
あー気づいて良かった。

ってことで、投げ納めは30日の早朝の予定です。
久しぶりに、弟ザルも行くかな?

にほんブログ村

[bowling:615]ぼちぼち投げることにした

2015-12-21 | bowling/throwing
クラブカード再作成

プラチナカードは見つからないけど
今日は奥さんも朝から仕事だし、今行けば1200円だし。
クラブカード再作成しても1500円なんだから、軽く投げてきますかと家を出ました。

受付でお姉さんに、クラブカード失くしましたと告げます。恥ずかしいけど仕方なし。

「プラチナでしたよね、もったいない。
 でも、今はプラチナじゃなくてもあまり料金変わりませんから」
と励まされました。


ぼちぼち投げることに

一生懸命投げると肩首が痛くなるということを学習したので、軽く投げました。
バックスイングもいくぶんコンパクトになったかと。



まだ引っ張り気味ですが、まぁこんなもんですね。
11月12月の2カ月でまだ3回目の練習だという割には、まぁなんとか投げれてるかな。

49歳のうちはストレート縛りで行くことにしたので、気長にやるつもりです。
1年間で1~2km/hスピードアップできれば十分。

あまり気張らず、ぼちぼち投げようと思います。
コンパクトなスイングで、コントロールとスピードを両立させていきましょう。


あれっ?

投げ終わって荷物をしまう際、何気なくカバン(ショルダーバッグ)と覗くと
内側に見たことないポケットがあります。

あれっ、このカバン、こんなとこにポケットあったんだっけ?
何か入ってるかと見てみると、なんとプラチナカード。

誰だこんなとこに入れたのは?

にほんブログ村

[bowling]16lb 350rpm 28km AxisTilt:0 Rotation:35

2015-12-19 | bowling/throwing
理想スペック

タイトルのスペックは、ゲイリーフォークナーさんのもの。
以下の動画にはっきり書かれてました。



16lb 350rpm 28km ってのは、正に僕の理想のスペック。
それにしても、350rpmって中途半場じゃね?(360rpmで良くね?)

420rpmとか450rpmとかじゃなく360rpmってとこがキモですね。
こんな感じに回転抑え気味にするのは、レフティならではでしょうか。


柔らかさ

このゲイリーフォークナーさん、先輩のblogで目にして調べてみて
初めてフォームを見ましたが、力まないとても柔らかなフォームですね。

スイングプレーンの傾きが大きく、腕が身体のすごく近くを抜けてるように見えます。
久しぶりに、カッコいい投げ方だと感じました。

そして、年齢いっても、全く問題なく投げれそうなフォームとも思えました。
本人まだとても若いようですが

こういう投げ方すれば、首が痛くなることもねーんだろうなぁ・・・


Axis Tilt:0

そして、AxisTiltが0 (!)、動画でボールの軸見ても新鮮です。
リリースも少し変わった感じがするし、意図的にやってるのかなぁ・・・

試合でも、このまんまで通しちゃうのかなぁ?


【12/20追記】

試合の動画ありました。まんまですね。



ってか、これ今週の試合じゃん、チャンピョンシップじゃん。
で、このお兄さん、優勝しちゃってるじゃん。

これってけっこうスゲーことですよね?

にほんブログ村
コメント (2)

[bowling]プラチナカード紛失

2015-12-13 | bowling/throwing
めんどくさい

もともと「めんどくさがり」なので
ボウリングへのモチベーションがだだ下がりな今は、ボウリングに行くのもめんどくさく。

昨日行くって言ってた弟ザルも、「やっぱ行かねー」って寝ちゃったし。
朝だから、車の中も寒いし、このまま家でウダウダしてたほうがいいんじゃね?

という迷いを振り切り、「行くか、1200円だし」とラウンドワンに向かったのが10時半。
11時までに入らなくては、朝料金になりません。ギリギリです。

ギリギリだからこそ、決断できたようです。50歳を前にして、まだ夏休みの宿題男です。


混雑

ラウンドワンまで大急ぎで行き、5分前に駐車場に到着。
5分だと、受付で3人待ってるとヤバいかも・・・と思いながら、急いで受付に向かいます。

いつものように、歩きながら会員カードとクラブカードを出し・・・あれっ、ないぞ。
エレベーターの中で、もう一度探しますがありません。

エレベーターが開くと、受付には若者がたくさん。
早朝のオジサン専用時間帯にはない光景が広がってます。

こりゃ、間に合わねー可能性大だな。1800円で投げてもいいけど、どうしよう。
クラブカードも見つからねーな。とりあえず300円だしゃ作ってもらえるけど、どうしよう。

えーい、めんどくせーから帰っちゃおう。
帰って今日は、シチューを作ろう!(最近、料理も楽しくて)

というわけで、今週も投げませんでした。


神のお告げ?

それにしても、クラブカードがないのはなんででしょうか?
財布も鞄も車も探したけれどありません。

家に着いてから、ラウンドワンに電話してみましたが
返却忘れも落し物もないそうです。

今日はシチュー作るからいいけど、来週はどうしよう?
先月からの新料金だと、プラチナもシルバーもたいして変わらんから
大した影響ないといえばそうなのですが・・・

これはもしや、ボウリングの神様が
『しばらくはボウリングを自重しなさい』と言ってるのかしらと思ったり。

にほんブログ村

高い鉄棒で上がれた!

2015-12-12 | physical
生きてるうちにやっておきたいこと

50歳まであと1年。
50歳になったからって、なにかが大きく変わるわけじゃないと思いますが
体力系のことは今やらねばもう一生無理かもしれません。
だから、挑戦できることは今のうちにやっておきたい。

せっかくなので、リストアップしてみます。

・ボウリング ストレート1.9秒&フック2.4秒(16lbで)
・マッスルアップ(ロシアンチンニング)
・サーフィン
・オーリー
・股割り

厳選後の5つです。(←10分くらい考えこんじゃいました)

水泳やランニングは、50代になっても挑戦できそうなので外しました。
懸垂とか片手でりんごを握りつぶすとかの筋力系も同じ。(←ホントか?)

泣く泣く外したのが、リフティングとかジャグリングとかボルタリングとかスノボとか。
そうたくさんはできませんから。でも機会があればやりましょう。

迷ったのがオーリー、ホントにやるのか?
そして、予想外の股割り。良く考えたら柔軟性も大事だろうということで。

さぁ、やることは決まったぞ。頑張れ自分。


マッスルアップ

5つの中の1つで、10月から挑戦しているのが、マッスルアップ(ロシアンチンニング)です。

最近、職場でボルダリングやってる若い男の子達にマッスルアップができるか聞いたら
そもそも誰もマッスルアップを知りませんでした。
そんなもんあのかなぁ・・・

だからといわけではありませんが、再度ここで紹介しておきます。



美しい女性がやってるところを見るならこちら (←上のリンクと同じですが)


why?

このマッスルアップ、僕はまだできません。
おしいところまで行ってるとかも全くなく、全然できません。
そもそもできる気が全くしません。
逆上がりができない子って、こんな心境なんだろうなと思ったり。

ここまでできる気がしないことに挑戦するのは初めてかもしれません。

なぜマッスルアップをやりたいんですか? と聞かれたら
「そこに鉄棒があるから」じゃなく
「そこに全くできないことがあるから」と答えたい心境です。

「できないからって、下向いちゃダメ」
そう自分に言い聞かせながら、できなくてもやってみる。
そういうことをやってみたい年頃なのかもしれません。


逆上がり

とはいえ、全くできないことをただ繰り返しても、なんの進歩もありません。
実際10月がそうでした。精神論的には頑張りましたが、あまりにも無戦略過ぎました。

なので11月からは、まずは逆上がりをして鉄棒に慣れることにしました。

逆上がりなんて30年ぶりでしたが、予想外に最初からできました。
若い頃に身体の奥底に刻んだ記憶は、簡単には忘れないものなのかもしれません。

でも、足がつかない鉄棒でやる「懸垂逆上がり」はできません。
当面の目標は、マッスルアップではなく懸垂逆上がりになりました。

が、11月は胃腸炎で体調を崩し、その後火遊びに夢中になりほとんど練習してません。
いかん、いかん。


懸垂逆上がり

今日は僕が休みで奥さんが仕事。そういう日は、車で奥さんを職場まで送ります。
奥さんの職場は公営のスポーツ施設、鉄棒があるから送ったついでに練習ができます。

鉄棒が凍ってたらダメですが、昨日の夜は暖かかったようで
凍ってないどころか結露もしてません。
よし、こらなら大丈夫、久しぶりの逆上がりだ。

まずは、足がギリギリつく鉄棒で。
したら、なんだか今までと違う感じがしました。
「あれっ? もしかして地面蹴らずにできちゃったのけ?」

なんでだろう? と考えたら手が逆手、今まではずっと順手でやってたのです。
ってことは、逆手なら足のつかない高い鉄棒でもできるかもとやってみると
難なくできました。やったぁ!

初めて上がった高い鉄棒の上は、中鉄棒の上よりかなり高くてちょっと怖かったけど
嬉しくて上でそのまましばらく景色を眺めてました。

一歩前進すると、やる気が出てきますね、モチベーションが復活した朝でした。


蹴上がり

懸垂逆上がりができたので、次は本命マッスルアップかというと違います。
もう一段刻んで、次は蹴上がりです。

蹴上がりも中学生の頃にはできてたので、身体の奥底に記憶が刻まれてることを祈ります。
でも、もう全く覚えてません。蹴上がりってどうやるんだっけ?

と思って動画漁ったら、同じようなオッサンを発見(笑)



この方この時46歳かな?
この後マッスルアップも克服されたようなので、とてもとても参考になります。

「オイラも頑張らねば」という刺激にもなり、更にモチベーションが上がりました。
投げてる場合じゃねーな、こりゃ(笑)

にほんブログ村