生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本人のための骨盤前傾法

2013-01-31 | physical
ハムハムハムハムあーおいしぃー
ウォーターワンの天然ハム♪



通勤ウォーキング30分×2(往復)が日課ですが
最近歩く時に、ハムストリングが効いてる実感が出てきました

骨盤を前傾できるようになったのです

身体で一番大きい筋肉群が効いてるわけですから
楽にぐいぐいと進む感じがしてます


ボウリングでも歩きかたが少し変わり
つま先は浮かせ気味に、そして腰高気味になったかと

まだ投球に効果は出てませんが
体重移動がスムーズになった感じがあるので
今後は期待できそうです



骨盤前傾って、かなり前から意識はしつつも
なかなか出来ずにきてました

それがなぜか、今年になったら
自然に出来るようになったのです


何でだろうと不思議に思い、改めて調べてみると

『骨盤だけを前傾させても出来ない
 お尻を少し後ろに引くのがキー』

という記述を見かけ

あー、そうかぁ、そうだったのかぁ・・・
と納得しました

今年に入ってから僕は
さかんにお尻を引く動作をしてたので
そのおかげだとわかったのですです


その「お尻を引く動作」ってのは、神社のお詣り
今年になってから、毎日2~3回(ヶ所)はお詣りしてるのです


お詣りの際は90度まで深々とお辞儀する作法らしいのですが
そんな動作普段はしませんから、最初のうちはこれが結構難しく

なかなかスムーズにはできないし
無理にやると、腰にストレスがかかってしまうし・・


そんな時に、たまたま見た4スタンス理論の本に
B2星人はもも裏に手を這わせると深く前傾できると書いてあり
やってみるとたしかに楽

で、こうすると
自然にお尻が後ろに引け、骨盤も前傾するようなのです

今ではすっとスムーズに
90度までお辞儀できるようになりました


二礼二拍手一礼を三社だと90度のお辞儀が9回

回数はたいしたことありませんが、それが毎日だから
結構なトレーニング(ストレッチ?)になってると思われ

実は二礼二拍手一礼ってのも
そういう効果も狙った昔の人の知恵だったりするのかなぁとも思ったり・・


話のついでに、お気に入りの動画を貼っておきます
62回目の式年遷宮、20年に1回だから1240年目! すごいですねぇ・・・ 




にほんブログ村

ラスト3ヶ月!

2013-01-30 | bowling/throwing
3年で一区切りつけようと思ってる僕のレフティボウリング

とうとう3年のリミットまで残り3ヶ月になりました


『ラスト3ヶ月!』

そう強く思い、自分を追い込み集中し
きちんと成果を出したいと思ってます


が、成果を出すには気持ちだけじゃダメ
練習テーマをきちんと絞り込まねばとも思い

ラスト3ヶ月の戦略を考えました



まずゴール 『理にかなったフォーム』

最終的に達成したいことはスピードアップ
それも『ゆったり投げてるのに速い』ってのがやりたい

そして、この3ヶ月のゴールとしては
絶対速度が何km/hであるかはどうでもよくて

『このフォームで投げ込めばスピードアップするぞ』と思える
合理的なフォームを身につけたい



次に基本戦略 『引き算の改善(kaizen)』

合理的なフォームを身につけるために
投げ込んだりしてもダメなのは今までの練習で十分判ってる

だから逆転の発想で、『引き算の改善(kaizen)』

今のフォームに更に何かを加えてスピードアップするのではなく
無駄を削ぎ落とす方向のフォーム改善に取り組んでみようかと


そのために大事なのは多分、意識改革

ぶんぶん振り回してちゃダメ

身につけたいのは
パワーとは無関係なテクニックだと強く認識し

スペックを求めず、決して力まず
力を抜いたフォーム矯正用ドリル的な練習を
地道に繰り返す

脱力ハーフスイングでの球の走りの良し悪しを
しっかり感じ取れるようになって

それをフィードバックとして受け取りながら
フォームを修正していく

そんな感じでやらなくちゃと思うのです


非効率なフォームのまま、無駄に力んで投げてたら
どんどん悪いフォームが染み込むだけ!

って、何度も何度も言ってる気が・・・(笑)



そして、具体的な修正テーマ候補は以下3つ

 1)タイミング変更(手遅れ強化)
 2)リリース改造(押せるように)
 3)連鎖強化(下半身パワーの伝達)


1)は今まで同様ですが、2)と3)は新顔のテーマ

腕を大きく振り回すスイングを続けてきたせいで
ほとんど着目してこなかったテーマですが

やっぱりこれをやらなきゃ
『ゆったり投げてるのに速い』ってのはできないだろうと


で、これを身につけるのには
やっぱりハイバックは邪魔なんだろうと思ってます

「腕殺し」したコンパクトスイングで
しっかり力の乗った珠を投げれるようになるまで
ハイバック封印しようと思います

ま、1日1ゲームくらいはいいけどね



・・・んー、改めてこう書いてみると
なんだか全然楽しくなさそうです

ま、スポーツの練習ってそういうもんだと思いますが・・・


特に、手応え掴むまでが辛そうです

でも、頑張らねば!



ちなみに、そんな考えに至ったきっかけがこの日の練習↓

ハーフスイング投球でもっといい球を投げれなきゃダメだと思ったのでした



にほんブログ村

オープンハンドもどき

2013-01-26 | bowling/throwing
これが正しいオープンハンド





これはオープンハンドもどき

バックスイングはオープンハンドでも
トップでカクンとクローズになっちゃってます





バックスイングだけでもオープンハンドにできたのは
一歩進歩ではあるのですが

一歩進めば必ず新たな壁が出てくるので
なかなか投げ込み月間に到達できませぬ


ま、あせらず一つ一つやってくしかないかぁ・・・


にほんブログ村



ダブルポジティブストップ投法

2013-01-24 | bowling/throwing
フライングガーデンに行くと
決まってダブル爆弾(ソースなし)を食べます

最近行ってないのは
コストコのブロック肉(約2kg)を家で焼くようになったせい

ん、何の話だっけ・・・



ダブルつながりで話がズレましたが
またまた新たな妄想投法シリーズ
『ダブルポジティブストップ投法』です


ポジティブストップってのは
フライフィッシングのキャスティングの用語です

フライキャスティングって錘を使わないから
他の釣りの「投げ」より圧倒的に飛ばないのですが
それでもディスタンス競技もありまして

27m(←ラインの長さです)を全て投げきるには
いろんなテクニックがあります




ポジティブストップも最重要なテクニックの一つです

前後にロッドを振りながら
ロッドの反発力を最大に引き出すために
ロッドの手元を短く強く動かし、ロッドを曲げ込むのですが

曲がった後に
ロッドの手元をビシッと強く、かつ、静かに止めることが
『ポジティブストップ』です

なんとなく止めるんではなく、ビシッと積極的に止めるからポジティブ

それにより、一気に反発力が解放され
ロッドが返り、逆方向に曲がりこみます


逆方向に最大に曲がりきったところで
また逆方向に短く強くロッドの手元を動かすと
ロッドは更に曲がって力を溜め込みます

そしてまた、ポジティブストップすると
ロッドは逆方向に更に大きく曲がり・・・

ということを何度か繰り返すことで
軽いフライラインの重さでもロッドの反発力を最大限に引き出すことができ

せれをリリース(解放ですね、シュートと言います)することで
お魚のいる場所に向かってフライを投げるのです


ボウラーに解りやすく例えると
スライドストップによりハンドスピードを上げる
ってのと似たメカニズムかと


ちなみにこの本  によると
右股関節は左股関節に比べ
より前方向のエネルギーをストップする能力が高いらしく
(逆に左股関節は前方向のエネルギーを生む能力が高いらしい)

野球のピッチャーなども左投げは
左脚急停止によるハンドスピードアップメカニズムを使って
投げるタイプが多いとのこと

なので僕も、せっかくレフティ練習してるのだから
いつかはもっと重いヒールパーツ買って
スライド急停止に取り組もうと思ってました

ま、まだアタックポジションがきちんととれず
手遅れ度も圧倒的に不足してるうちは
ポジティブストップもなにもないのですが・・・


と、これがシングルポジティブストップであり
ボウラーでも多くの方が意識してることと思います



じゃ、ダブルポジティブストップとは?
もうひとつのポジティブストップはなんだ? というと

ハイバックを生むバックスイングのポジティブストップです


バックスイング時の後ろ水辺方向へのエネルギーを
ポジティブストップすることで急加速し
肩を支点に上方向のエネルギーに変換すれば
ナチュラルかつオートマチックにハイバックを実現できるのではないかと


僕のハイバックは
ダウンスイングの勢いや腕力、
背負う動作や投球腕側の肩を上げる動作を使って
無理やり上げてるから

タイミングも整わない(=手遅れにならない)し
バランスの良いアタックポジションもとれず

ハイバックのメリットが全く生かせないどころか
球威を落としてしまってます

ぶっちゃけバックスイングを抑えたほうが
よっぽどいい球が行くのですが
でもやっぱりハイバックから投げたいから

バックスイングポジティブストップのメカニズムを取り入れることで
ハイバックと球威を両立させたいのです


その脳内妄想メカニズムは以下

歩行による前方向への移動エネルギーは
3歩目右脚着地時が最大なので
その直前にオープンバックによる肩の後ろ方向への移動を終わらせ
肩を一瞬止めることでポジティブストップ

肩の構造上
手の甲方向へ腕を高く上げるには柔軟性(もしくは力)が必要だし
肩オープンで手の甲方向ろに上げると、脇がどんどん開いてしまうから×

でも、オープンハンドにし
親指方向にエネルギーを向けるとあら不思議

プッシュアウェイなし(=プッシュダウン)で振り子成分ゼロでも
頭くらいまでは軽く上がる


更に、ポジティブストップ直後に
歩行の前方向への移動エネルギー(3歩目の踏み込み)も作用すると
バックスイングは更に高く跳ね上がるはず


そして、上げる のではなく 上がる のであれば
その最中にスライド脚の踏み込みを行うことができ
手遅れが実現できるのではないかと・・・



・・・とここまで長々と書いてみたけど
どうにもわかりづらいよなぁ・・・

ま、自分のための備忘メモだからいいかぁ・・・
さすがに自分ならわかるし



でも・・・・
いかにも上手くいきそうもないなぁ(笑)

にほんブログ村

[slow jog with dogs]2013年春のランニング

2013-01-21 | jog & slow jog with dogs
ランニングの記録は書いてませんが
11月ごろから走ってました

走ろうと思ったわけじゃなく、ただの犬の散歩なんですが
冬になると走らないと寒くて辛いもんでつい・・・


徐々に距離が伸び、12月には4kmを超え
今は5km以上走ることも

と言っても、早歩きする人と同じくらいの超ゆっくりペースです

なんせ、パートナーのうち1匹がダックスなもんで・・・




1月になってからは、ただ走るんじゃなく
小銭もっての神社お詣りランにしました

今まで全く気づいてなかったのですが
家から2~3kmの範囲内に、けっこういろんな神社があるのです

りっぱな鎮守の森をもつ氏神様のお稲荷さま
川沿いに南北に3箇所もある須佐之男命と奇稲田姫の氷川さま
これまた3箇所もある木花咲耶姫の浅間さま
天神さま、愛宕神社、雷電神社、その他にもいろいろ・・・

気分次第でいろんな社に足を延ばしてます


犬達は、鳥居の中に入れちゃいけないらしいので
彼らは外につないで待っててもらい、お詣りをしてます

でも、うちの犬達はお行儀がよろしくないので
大人しく待ってなんかなくて吠えちゃうんですよね

騒々しくてスミマセン



僕は1月~2月に走るのが一番好きです

田舎の寒々しい冬の景色も毎週走ってると
ほんの少しずつ春の気配を感じることができるからです

もう、梅の蕾が少しだけ膨らんでました
咲くのは、1ヶ月くらい先かなぁ・・・


ランニングの季節は5月ごろまで

そのころになると、暑過ぎて犬達が走れなくなるので
普通のお散歩に切り替えます


それまで、2013年の春ランニングを楽しもうと思います
コメント (3)

[bowling:385]しゃがみ癖

2013-01-20 | bowling/throwing
3歩目でしゃがむ癖が直りません

今日は投げてる時は、もうしゃがんでないつもりでいたのに
動画で見ると余裕でしゃがんでてがっかり





でも、しゃがむ度合いが少しは減りました
で、その分スピードアップできたような気がします

ま、16lb→14lbに落としてるから
スピードアップしなわけはないのですが・・・



やりたいのは4歩目後半でしゃがむこと

3歩目~4歩目でバックスイング最大になるまで腰高で
5歩目足が4歩目足を越す & ボールが落ち始める のに合わせ
前に倒れこむようにしゃがむ

というのを目指してるのですが

一度ついてしまった悪い癖は、そう簡単にはぬけません

どうにも手ごわそう、苦労しそうです


来週は、3歩目をもっと右に着いてみようかなぁ・・・

にほんブログ村

[bowling:384]ハウスボールでいいんじゃね事件Ⅱ

2013-01-19 | bowling/throwing
ハウスボールでもそこそこの投球がしたい

マイボールしか投げれないようにはなりたくない


・・・そう思ってるので
時々ハウスボールに戻って投げてます


今日は、13lbを投げようか、14lbを投げようか迷ったのですが
14lbのあずき色が好きじゃないので13lbにしました





『ハウスボールでいいんじゃね?』

久しぶりにそう思いました

このところずっと16lbを投げてたので
13lbハウスボールはとっても楽で気持ちよし


でも、5ピン残り多発

13lb×僕の今の投球スペックだと
5ピンに届かず弾き飛ばされてしまうようです

仕方なく、デローンと曲げて入射角を稼くごとに


後で考えたら、14lbでも左投げ用ボールならあずき色じゃなく黒なので
そっちを使えば良かったなぁ・・・と

左投げ用ならスパンも、薬指のほうが長くなってますし



でも、今日ハウスボールで5ゲーム投げたら
中指も薬指もバッチリタコができてしまいました

僕は指が曲がってる(←骨折してるのです)せいか
中指・薬指ともにかなりレフトピッチが入ったボールでないと
すぐにタコができてしまうのです

ハウスボール投げは1~2ゲームくらいにしといたほうが良さそうです



沖縄の先輩は
ハウスボールサムレスの若者の隣で
ハイパフォーマンスボールを投げてギャフンと言わせたいそうですが
(↑たぶんミスリードです)

僕はいつか
ハウスボールサムレスの若者達と
ハウスボールでスピードと回転を競い合いたい



まぁ、勝てないでしょうけどねぇ・・・

にほんブログ村
コメント (2)

V字振り子投法 復活

2013-01-18 | bowling/throwing
とうとう1月も半ばを過ぎ
僕のボウリング3年目も、残り3ヶ月半になりました

3ヶ月半後、4月末には
今のボウリングに一区切りつけるつもりなので

あとちょっとしかないぞ

と、自分自身に発破かけつつ
気合いを入れて練習するつもりです


一区切りつけた後に何をやるかは明確に決めてはいませんが
ぼんやりとイメージしてるのは

『この3ヶ月半で
 タイミング変更&スペックアップできなかったら
 レフティ引退(もしくは左専門は止め)
 右に戻す(もしくはスイッチボウラーに戻る)』

ということ


要は、4月末まででダメなら
あきらめるということです


勝算は五分五分と見てます

年末年始&先週末3連休で、よい感触をつかめたおかげで

何の動作を変えれば良いかは
かなりロジカルに解析できてきたつもりです


時は来た!
あとは、剣を交えるのみ!

・・・なんて書くと、何のこっちゃと思われるでしょうが

実際ホントにそういう心境なのです



この2年数ヶ月、根拠なき想像を基に
いろんな妄想戯言的投法をでっち上げてきました

3D的脇締め投法
ハイパーデンデン太鼓投法
Z打法投法
V字振り子投法
肩甲骨ゆらゆら投法 などなど(笑)


これらは未だ、理屈は正しいと信じてるのですが
身体で表現できないことには、いつまで経っても妄想戯言

そんなのはやだ、絶対イヤ


でも、たどり着けるかどうかはわからない

ましてや、非利き手にこだわってたら
出来ることもできなくなるかもしれない

だから、ずるずるやるのは止め
4月末までに形に出来るかどうか
やってみるつもりなのです



今週末はまず、V字振り子投法を復活させるつもりです

・オフバランス助走
・3歩目の膝伸ばし(=しゃがまない)
・バックスイング手遅れ
・オープンハンド

を組み合わせると、タイミング変更効果のある
V字振り子投法が実現できるはず!


・・・と推測してるのですが
さてさて、はたして上手くいくでしょうか?



※ま、こうやって意気込んだ時は
 だいたいダメなんですけどね・・・


にほんブログ村

[bowling:382-383]新たな2つの試み(練習法)

2013-01-14 | bowling/throwing
「どうやったらタイミングが変えられるか」

今目指してることはただ一つこれだけ


で、正月休みの連投で認識できたことが

タイミング自体を変えようとしてもダメで
「適切なタイミングを阻害するフォームの悪癖」を直さねばダメそうだってこと

なのでこの3連休は
「タイミングを変えるためにフォームの悪癖を直す」というコンセプトで
2つの新たな試み(練習法)をやってみました



1つは、振り子運動を制限したハーフスイング

ゴルフでいう、アプローチショットとかハーフショット的な練習で
以前も少しの期間やったことがありました

当時も、良い練習だとは感じたのですが
長続きさせることができず・・・


ゴルフのZ打法でも、腕を全く横に振らず
腰のキレだけでボールを飛ばす練習がありましたが
そんなイメージです

肩を支点にした振り子運動を制限し
下半身&ボディーターンのみで投げれば

慣性の影響を受けず、自らの意図的・能動的な動作だけで投げれるし
手が先行してしまうこともなくなるだろうと考えました

また、ハーフスイングでなら
切り返しのタイミングもつかみやすいかと





もう1つは、両手投げステップの流用

5歩助走の3歩目・4歩目に長年の悪癖があるのですが
これが意識するくらいじゃなかなか治らない

右両手投げのようにステップできればいいんだけど・・・

と考えながら思いついたのが、右両手投げのステップのイメージを
左投げ動作でもイメージできるようにしてから、片手投げに流用すること

そのために、まずは左両手投げを練習してみようかと




もちろん両方とも、1日やったくらいじゃ効果はありません

これからしばらく続けてみます


にほんブログ村

[bowling:381]久しぶりのハイスコアー更新・・・ならず

2013-01-13 | bowling/throwing
あー悔しい、最後の1投の6本って何よ!



これがストライクならハイスコアー更新
9本でもタイ記録だったのにぃ・・・



もう、ずいぶん長く、ハイスコアーを更新してません

僕がボウリング始めてから2年9ヶ月
その間のハイスコアー更新履歴は以下のように、たったの5回のみ!

 0) 2010-04-29 123 ←レフティ初練習
 1) 2010-05-23 129 (+ 6)
 2) 2010-05-30 178 (+49)
 3) 2010-07-31 179 (+ 1)
 4) 2010-09-26 193 (+14)
 5) 2010-11-10 256 (+63)


こう見返してみても、256点はホントに奇跡でした

ボウリング始めて半年、まだavg140いかない頃だったし
ボールも11ポンドだし


もう、かれこれ2年2ヶ月更新してない

さすがに今年は、更新したいぞ!



今日からまたまたタイミング変更(=手遅れ強化)練習にしました

イメージは山本勲プロですが、3歩目で不要にしゃがむ悪癖が・・・




にほんブログ村
コメント (6)