生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[bowling:362]ミドレブプチローダウン宣言(再)

2012-11-24 | bowling/throwing
先週くらいから
肩甲骨をゆらゆらと浮かせた状態で

腕&肩甲骨ブロック と 体幹 の接続を
ゆるゆるにして投げてます


手先や腕のコントロールが全く効かないので
体幹の挙動がそのままリリースや球筋に表れます

これを続ければ
よりフォームのベースをしっかりさせられるんじゃないかと
期待して取り組んでいます



肩甲骨ゆらゆら投法1日目(先週)は大外のラインを投げたせいか
インステップしてのアウトサイドインのスイングになってしまいました

肩甲骨ゆらゆら投法2日目(昨日)は
意識的にアウトステップし外に出すようにしましたが
すると、今度は曲がりが大きく出てしまうようになりました


手前から大きくふくらんみ「でろーん」と曲がる球筋

15枚目から外に出せばポケットヒットできるのですが
精度は良くなく、なにより投げてて気持ちよくない

押せてる気がしないのです

もっと手前は走らせたいぞ



以前ならここで、腕を振ってスピードを上げてました

1m以上ロフトしつつ、力にまかせて腕を前に振っていたのです

前に振れば自然に、引っかき上げるリリースになりますが
それでも300rpm程度は回るし、そこそこスピードは出る
困ることはなかったのです



ですが今は、肩甲骨ゆらゆら投法しばり なので
そういうわけにはいきません

いずれは、タイミングや重心移動が上手くなって
肩甲骨ゆらゆらでもスピードボールが投げれる予定ですが(←願望)
今は300rpm以上回すと24km/hにも届きません

でも、これ以上回転数を落とすと
14lbのコア無しウレタンでは極端にピンが飛ばなくなります

なので今は、よりARを小さく、縦回転化するしかないのです



でも、僕の場合、縦回転させようとするとロフト癖が顔を出す

手前から転がそうとするとARが大きくなり
ARを小さくしようとすると、ロフトしてしまう


これをどう解決したらいいのかわからずいろいろ調べたら
有元さんの本にいくつかヒントがありました

アンロードやら、ブロークンリストやら、アンコックやらです


実際やってみると、縦回転気味にはなりロフトもさほどしない

あー、こうやるもんだったんだぁ・・・と目ウロコでした


でも実は、まだ曲がりは大きすぎ
「でろーん」とした軌道のままでした

原因は、アウトサイドイン気味の脇ガバスイングっぽい
肩甲骨ゆるゆる投法1日目と同じミスをしていたようです

ならばもっとタイトにシャープに腕を通さないとと思い
スイングプレーンの左傾を強く意識したら
フォローが縦に抜けるようになってきて
やっとイメージに近い球筋が出るようになりました

ふー





有元さんの本には
「なぜアンロード(=ローダウン)リリースが必要になったか」
ということが書いてありましたが

今日は自分自身にも必要が生じ、それをなぞるような結果になりました


つい先日、
「自分はローダウンを意識してない」
「自分は「スピード>回転」指向なので、ローダウンやりたいわけじゃない」
というような投稿をしたばかりですが

今日は「ローダウンリリース」を意識しましたし
「スピード>回転」のためにも
ローダウンリリースが必要なんだろうと感じました


やっぱりまた、ローダウンの練習しよっと


ハイレブローダウンは無理だから
ミドレブプチローダウンですけどね

にほんブログ村

ABS vs STORM

2012-11-19 | bowling/throwing
長らく1980円のマイキャンボールばかりを投げてきましたが
そろそろ普通のボールを買おうかなと思ってます


買うとしたら
ABS(ピュアラインナノデス(初代) と シュアラインハード) か
STORM(ナチュラルパール と ポーラーアイスパール) あたりかなぁ・・・

純粋に欲しいのはナチュラルパール、昔からの憧れのボール
ピュアラインは、靴がABSだからってのと、国産だから(がんばれ日本)


もともと、14lbを投げきる自信がついたら
いいボールを買おうと思っていたのですが
なかなかそこにたどり着かず

やっぱり13lbにしようかなとか
16lbをころころ投げたほうがスコアは良いなとか
余計なことを考えてるうちに年月が過ぎてしまい・・・

ここにきてやっと、14lbが軽く感じられるようになり
14lbでも威力が出せると思えてきました

重さはやっとクリアーしたわけです


となると、残る問題は、メジャーメント

未だに自分にフィットするスパンもピッチもわかりません
これが決まらないことには、いいボールは買えません


いまは各ボールのメジャーメントはバランバラン
スパン4インチのボールもあれば、4+1/2インチのボールもある

ちゃんとしたドリラーさんに測ってもらったボールも2つあるけど

片方はサムのレフトピッチが大きく手が回りがちで今ひとつだし
もう一方は、なんだかとっても持ちづらくって投げる気にならず・・・で
参考になりゃしないのです


今投げてるボールは、自分の勘で決めたメジャーメントを紙に書いて
Round1の社員に渡して掘ってもらったもの

1980円のウレタンだから、ソリッドもグリップも入れてなくて

スパンが広いと思えば、フィンガーホールをガリガリ数ミリ削っちゃってるし
更に、小指ホールまで無理やり彫刻刀であけてる代物

こっちも参考になりゃしないので
まだまだ試行錯誤が必要そうです



さすがにFITするスパンは検討がついてきてるし

サージイースターもやってみたら合わなくて
薬指のスパンもプラス1/8でいいとわかった

サムのピッチも、リバースでなきゃ
フォワードでもレフトでもライトでも何でも投げれるとわかり
ゼロでいいやと思えてる


じゃぁ、何が問題なのかというと

1つは、何度開けても爪が変形するほどのタコができちゃう
中指のサイドピッチ

これは、骨折で中指が曲がってるのが原因ですが
なかなか合うピッチがわからないのです

極端にレフトにした時には全く擦らなくなりましたが
その時は薬指にタコができてしまい・・・


もう一つは、小指ホールのスパン&ピッチ

もう、小指ホールがないと投げづらい人になってしまってるのですが
理論もなにも確立されてないから、どうすりゃいいのかさっぱりわからず・・・


というわけで、ABS or STORMのボールを買う前に
Round1製のボールで試行錯誤することになりそうです

試行錯誤をRound1のボールでやる理由は
持ち込みボールだとRound1の作業費が倍になっちゃうから


そういえば、マイキャンウレタンがモデルチェンジしてるみたいだから
それで試してみようかなぁ・・・

売ってくれるかな?

にほんブログ村
コメント (5)

[bowling:360]肩甲骨ゆらゆら投法

2012-11-18 | bowling/throwing
きっかけはいろいろあったのです

沖縄の先輩が書いた『ヒップヒンジ』とか『胸を張る』とかを読んだのもそう

前傾=前重心、後傾=後重心 っていう単純な話じゃなく
前傾×後重心 が可能と気づいたのもそう

そんなことから、上半身上部と上半身下部
この2つを切り離して考えなきゃと思い始めてたのです


後重心をキープしつつ歩く のに 肩はリリースに備え真下向きをキープ とか
骨盤は前傾し腰は反るのに、肩は丸く下向き とかは

上部と下部は別々にしなきゃできません


ただ、どこまでが上部で、どこからが下部なのか
それはよくわかってなかったので

不必要に猫背になった窮屈なフォームで投げたりしてました
これじゃ、B2っぽくないなと思いながらも


が、今朝
ポリッシュしたてで曲がらなくなったボールで入射角を稼ごうと
スピード落とすため脱力して投げてた時にヒラメキました

『腰+背骨+肋骨 が下部、肩甲骨+肩+腕 が上部じゃね?』
『肋骨 と 肩甲骨(+肩+腕) を切り離せばいいんじゃね?』と


腕の骨と肋骨が、骨的にとても希薄なつながり方をしていることや
肩甲骨が肋骨に沿うように動くことなどは
一応知識として知ってましたし

テニスのフォアハンドストロークでは
肋骨から肩甲骨をふわふわと浮かせるようにして
肩甲骨+肩+腕のブロックを肋骨(=胴体)から
遅らせしならせるようにスイングしてましたが

ボウリングではゴルフ同様
「脇を締めなきゃ」という意識が強く働いてたせいか

『肋骨 から 肩甲骨(+肩+腕) を浮かせる』
という発想には一度もならなかったのです


でも、思いついてしまえばやってみるしかないし

あらためて前向きに考えてみると
「よく言う腕の脱力って
 ホントは肩甲骨+肩+腕 の脱力なんじゃね?」とか
「ピッチング理論で言われてる
 切り返しはインナーマッスルから
 (アウターマッスル使ってしまうと効果的な連鎖ができない)
 ってのも、これでできるんじゃね?」とか思えてきます


そういえば、以前もそんなこと考えてた気も・・・
と調べてみたら、1年半以上前に、 ハイパーでんでん太鼓投げ なんて言ってました

考えてることのコンセプトは今と変わりませんが
当時は、重いボールを投げる理屈がまだわかってない上
そもそもそれを肉体的に実践するための技術的な土台もなく玉砕してます


が、今ならどうでしょう?

肩甲骨ゆらゆら なので、腕がどの方向に振り出されるかは制御不能
せめて「肋骨の回転軸だけはしっかりキープ」と思いつつ投げてみました




例によって、動画で見るとほとんど変わらりませんね(笑)

でも、本人投げてる感じは、今までと大違いなのです


にほんブログ村

ローダウンやってる方ですよね?

2012-11-18 | bowling/throwing
ボウリング受付に向かう早朝のエレベーターで
珍しく他の人と一緒になりました

キャップ&ジーンズの若者です、シングルバックをもってます


round1の四角いボールケースではなく、シングルバック
ってことは、ど初心者じゃなく初級者かな

そう思った私も、シングルバックですが(笑)



すると、彼は驚いたことに
話しかけてきました

「ローダウンやってる方ですよね、左利きの」

予想外だったこともあり僕は
「んっ、ええ、まぁ・・・」ともごもごしてしまいました


だって、改めてそう言われてみると
僕はローダウンなのかよくわかりません

ハイバック・オープンバック は
意識して自らの意思でやってますが
ローダウンという意識はしてないのです

実際、たいして回ってないし・・・


以前は沖縄の先輩にそそのかされて(笑)
ローダウン・ハイレブ を意識してた時期もありましたが

大分前に、僕はスピード>回転指向だと気づきました
ハイバック・オープンバックからのスピードボールが投げたいのです

もちろん、やりたいことと、できてることの間には
まだまだ大きなギャップがありますが・・・



そういえば、僕がいくRound1には
ローダウン的な人はいません

上手な年配のストローカーはたくさんいらっしゃいますし
その中には「まさに剛球」という方もいらっしゃいますが

この人はローダウンだ とはっきり言える人どころか
この人はロー系だな という人すらいません


そろそろ、他の環境に刺激を求めたほうがいいかもなぁ・・・


県南には
最近よく活躍が報じられてるレフティの若手プロがいるようなので
足をのばしてみようかなぁ・・・

にほんブログ村
コメント (4)

[bowling:359]7ピンカバー開眼?

2012-11-17 | bowling/throwing
僕は7ピンが取れません、エッヘン!


ボウリング始めた頃からずっととれなくて
たまに取れてしまうとビックリしてしまいます(笑)


右両手投げの際の10ピンは
右片手投げストレートを投げるのですが

右両手投げ自体年に数回しかやらない上に
その中の10ピンなんてほとんど投げる機会はないのに
これはなぜだかかなりの確率でとれます
(やっぱり、利き手は違うのかしら)

なのに、左ストレートでの7ピンカバーはほんとにとれない、うー

だから僕は、ノーミスゲームがほとんどありません



が、今朝はなんと、7ピンカバー率100%!
ノーミスゲームが3Gも!




なにが起きたかというと
今まで7ピンカバーはストレートで投げてたのを
フックに変えたのです

フックに変えるだけでこんなにとれるなら
最初からそうすればよかったよ

オイルに助けられてたりもあるのかな?
一投目と同じ投げ方だから、ミスが少なくなるのかな?


ま、今日はたまたまかもしれませんが・・・


でも、当分7ピンカバーはフックで投げてみようと思います

となると、カバーボールがあったほうがいいかなぁ・・・



にほんブログ村
コメント (2)

2ヵ月経って感じるストレート投げ込みの効果

2012-11-15 | bowling/throwing
16ポンドでのストレート投げ込みをやってたのは9月でした


当初は丸1ヶ月やろうと思ってましたが

当時はスナップ利かせたフォロースルーの全くないフォームからの
ロフト投球でしかストレートが投げれなかったので

そんなフォームで投げ続けても
百害あって一利なしだろうと思い直し
途中でやめてます


でも、9回、4週間弱はやったのです

4週間ほとんどストレートばっかり

今振り返ると、自分でも良くやったなと思います

が、結論は百害あって一利なし でした

がっくり・・・



その後、やっぱり丁寧にフォームを作らなきゃ
力んで投げてちゃダメだし
特に腕の力を抜かなきゃ と考え

10月以降
ストレート投げ込みとは全く違う方向性の練習を
ずっと続けてきました

その中で
ロフト癖やら、引っかき上げ癖やらもだいぶ修正でき
一応フォローも取れるようになってきたし

低重心化できてきたせいか
フィニッシュでしっかり止まってられるようにもなりました


また、16ポンドを重く感じなくなり
少し余裕もって投げれるようになったし

14ポンドを軽く感じるようになり
もう12は要らないと思えるようになりました


スペックやスコアーは向上してませんが
フォームの基盤は、だいぶしっかりしてきた気がします


と、独りでホルホルしてる最中に
ふと振り返ってみて気づいたのが

『実は、9月の16ポンドでのストレート投げ込みが効いてるんじゃね?』

ってこと


明確な理由はありません

でも、
8月、9月、10月と動画を見比べてみても
やっぱりストレート投げ込みの頃に
身体(体幹)の使い方変わった気がします


だとしたら、あれも無駄じゃなかったんだぁ・・・と
2ヶ月後になって実感(ウルウル(笑))



となると、来月くらいに
またやらなきゃいけない気がしてきました

今度は、ロフトしない、フォローもしっかりとれた
ストレート(もしくは微フック)を投げれると思うので
中断せずに丸1ヶ月やり遂げたい

今月やってる、『手前から転がす練習』で
ある程度成果でたら
マジにやろうかなぁ・・・

前傾×後重心での、体幹の力の入れ方は習得したいし・・・



でも、気が重いのです(笑)

多分有効だろうと思うのですが
それなりの覚悟がないとできません

んー、どうする


にほんブログ村
コメント (2)

7枚外だけでavg200

2012-11-12 | bowling/throwing
ボウマガを立ち読みしたら
山本勲プロの記事に印象に残ったことが2つ


1つは
「レフティはavg200まで、7枚外だけでいい」とのこと

うーん、そうですかぁ・・・

でもavg200どころか、ガター連発してしまいそうです


もう1つはシューズのスライド調整

ソールじゃなくヒールで調整すると書いてあり
ソールは2枚、ヒールは5個くらいの写真が載ってました

そういうもんなんですかねぇ
それとも、山本勲プロもB2踵重心だからかなぁ


僕のシューズにも、ソールは最初から3枚ついてましたが
ヒールは1個しか付いてません

今度買ってみよっと

にほんブログ村
コメント (5)

[bowling:358]手前から転がす練習開始

2012-11-11 | bowling/throwing
11月の練習テーマは、「手前から転がす」です


僕は左投げを始めてすぐにロフト癖がついてしまい
そのまま直らずにここまできました

常時ファールラインから1m先くらいまでロフトしてたのです

最近でこそ、そこまで大きくロフトしなくなってきましたが
それでもやっぱりファールラインの50cmくらい先くらいが限度

それを直し
ファールライン上に音もなく着地 なんてのをやりたいのです


が、長年の癖はなかなか抜けないもので、この通り
やっぱり簡単にはいきません





自分で動画を見て気づいたのですが
手前から転がそうと思えば思うほど、ARが大きくなってしまうようです

なんでだろう?

ARはもう少し抑え目で投げたいです


そういえば、ロフト同様長年の悪癖に
逆チルトってのもありました

今はもう、逆チルトまではいかなくなってると思いますが
もう少しチルトをつけたいと思ってます


右両手投げでは
10ピンカバー時に意図的にチルトをつける なんてことをやってました

同じことを左でもやりたいのですが、左ではいっこうに上手くいかないのです


手前から転がす 練習をしながら
このあたりも試してみようと思います

にほんブログ村

[bowling:357]オイリーレーン初体験

2012-11-10 | bowling/throwing
朝投げたあと、いつものように動画編集し終わったころ

奥さんから「隣町まで乗せてけ、行き先には駐車場がないから」と
運転手役を仰せつかりました

よく聞くと、送るだけではなく
隣町で2時間くらい待ってて欲しいらしく

「ボウリングでもしながら待っててよ」とおっしゃる

そういえば、ボウリング場あったな
たまには、違うボウリング場で投げてみるか・・・

と軽い気持ちで、シングルバック1個持って出かけました



かなり年季の入ったボウリング場
ウッドレーンなのかな?、アプローチもかなり滑ります

軽く一投目、とりあえず10枚目ちょい出し・・・
が、全くもどってこなくてガター

少しカップ深くして2投目、やっぱりもどってこず連続ガター


ならば、大外真っすぐ と思うと、今度は裏

じゃ、その中間を・・・
なんてコントロールは持ち合わせてるはずもなく1Gめは玉砕でした



ボールを見るとオイルベッタリ

コア無しボールだから、全くフレアーしてなくて
きれいに1つの円になってます

僕は普段、ほとんどボール拭かないまま投げちゃうのですが
今日はさすがに拭きながらじゃないと投げれません


2G目は、勇気を出して10枚目ちょい出しに戻し
そのかわり、スピードを抑えてみました

バックスイングを高く、回転重視の投げ方にしたのです

これでいくつかストライクが来るようになりましたが単発どまり
コントロールが難しく、連続では来ません

もう少し、しっかり回転がかかりレーンを噛めば
コントロールもつけやすそうな気がしました


3G目は早くもあきらめたのか、右両手投げ(笑)

そしたら、右はオイルが削られてたのか、曲がりまくり

オイルが多いってことは、変化も大きいってことなんでしょうか?



てな感じで、レーンコンディションに翻弄されました

僕は毎週同じボウリング場で
同じレンコン、それも朝一のメンテ直後に投げてるので
こういう部分を考えながら投げるのは初めてです

よく、いろんなボウリング場で投げないとダメっていうのは
こういうことなんでしょうね


でも、まだフォームも球筋も安定してない僕にとっては
フォーム練習に集中できない分デメリットが大きいと思いました

まだ当分は、ホームの癒しコンディションで
しっかりフォームと球筋を安定させたいと思います

にほんブログ村
コメント (2)

手前から転がす

2012-11-07 | bowling/throwing
11月に入り、既に2回投げてますが
まだ今月の連続テーマを決めてません


テーマがなくとも
それなりに内容のある練習はできてて

一回一回の練習単体では問題なさそうですが
やっぱり月単位で見ると意識が拡散しがち

連続して一つのテーマを何回も意識し練習したほうが
やっぱり効果が大きいと思うのです

同じことを何度も何度も意識してやらないと
身体に染み込まないというのもあります


だからやっぱり、今月の練習テーマは決めなくちゃ


・・・と、先月末から思ってはいたのですが(笑)



で、遅ればせながら決めました

『手前から転がす』 です


長年直らなかった、ロフト癖、引っ掻き上げ癖ですが
やっと改善の兆しが見えてきたので
ここでキチンと治療しきろうかと


これ以外にも、やりたいことはたくさんあります

手遅れ強化とか
テンポアップとか
切り返しタイミングを変えるとか
ストレート投げ込みとか


でも、それらはこれが身体に染み込んだ後にします


あー、地味な練習になりそうだなぁ(笑)


にほんブログ村