生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[bowling(L):204]10lb ときどき 13lb

2011-09-25 | bowling/throwing
3連休は10lb中心に投げました


最近無理に手遅れで投げようとしているせいか
中指爪が割れかかってたり、肘に痛みがあったりしたので
負担の少ない軽いボールにしてるのです

あと、もう少しトップでためたいのですが
恐怖心もあるので、まずは軽いボールで感じをつかもうというのもありまし
フォーム改造は、軽いボールのほうが効率良い気もします


以前は軽いボールを持つと、つい腕の力で振り回してしまいましたが
今はもうそんなこともありません

左腕はブランブランで投げますから


10lbでの練習の成果か
『トップで高い位置のままふわりとためて
 落としながら腕をクチュクチュっとやりながら投げる』
感じが、少しつかめた気がします

今朝は12lbのマイボールは持っていってなかったこともあり
13lbのハウスボールを投げてみましたが
10lbで感じをつかんでたせいか、なんとか投げれた気がします




さすがに13lbだと、球は走りませんし回らない
速めのレーンにハウスボールなので、アウトから投げるしかないのですが
重いせいかスコアーが良くてびっくりでした

まぁ、スコアーは気にしてませんが・・・


フォームについては
やっと自分がやりたいフォームに近づいてきた気がします

この延長線上で、煮詰めていけばいいかなと思ってます


来週も、この感じで投げれるといいのですが・・・


にほんブログ村

[bowling(L):200]とうとう200回!

2011-09-19 | bowling/throwing
今朝で、レフティボウリングも200回になりました

昨年の5月に始めて、1年5ヶ月
一時期は右両手投げメインでやってた時期もありましたが
不器用な左手で良く続いたもんだと思います


でも、回数はこなしましたが、まだまだ上手くなってません

予定では「200回続けたら、こんなに上手くなりました」
という記事を書けるはずだったのですが
回り道ばかりで、なかなか前に進んでません

特に今年5月からは
スコアーも一切気にせず、大会も一切出ず
ひたすらフォーム改造&スペックアップを目指してますが
具体的な成果はまだなし

200回くらいで、一旦形にしたかったのですが
まだ改造途中のままです


クロール(水泳)では、自分で一区切りつけられたと思ったのが
217回目に検定に合格した時でした

なので、ボウリングもそれにならい
あと17回で一区切りつけられるように頑張ってみようと思います



200回目の今日は、ビデオ充電忘れでフォーム撮影もできず
投球内容も納得いかないもので、なんだかなぁ・・・って感じでした

あと17回、やるべきことを絞り込んで
集中して頑張りましょう


にほんブログ村

[bowling(L):197-199]ディープインサイド

2011-09-18 | bowling/throwing
土曜日朝、土曜日夕方に軽く、日曜日の朝 と
ディープインサイドから投げてみました


僕は10〜15枚目の間を外に出すラインしか投げれないのですが
このラインだとどうしても今までのフォームの癖が抜けづらそうに思ったからです

インステップする癖、リリースで引っかき上げる癖
身体を開かずフォローがインサイドに出せない癖・・・


レフティなんだから、それでもいい

と割り切ったほうが、スコアーは絶対良いでしょう
実際に、プロでもレフティの方はそういう方が多い気がします


でも、僕はスコアーはどうでもよくて
とくにかくJasonCouch師匠のようなフォームで投げたいのです

そのためには、アウトサイドライン向きのフォームの癖を抜くために
出来なくてもインサイドから投げた方がいいと考えました


特にストレート練習

インサイドから、フックと同じフォームで高速ストレートを投げれるようになれないと
(=インサイドアウトの軌道で、体幹をエンジンにした高速ストレート)
球速も回転も上がらないきがするのです

右投げストレートでは今も左端から裏を狙ってるので
それと同じようにやるつもりです


フックは、1980円のコアなしウレタンボールなのでかなり厳しいです

まだまだ回す技術がないから
サイドまで大げさに出して無理やり曲げるしかできずロールアウト

今はそれしかできませんが
ホントはスピードで無理やり走らせ、最後にクッと曲がりヒットするような
そんなストライクをマイキャンウレタンボールで狙いたい

ホントは曲がるボールが欲しいし
そのほうがスピードアップの練習効率も上がると思うけど
12lbはもう買うつもりはないので・・・


実際やってみるとこんな感じです(土曜日の朝)





基本的に、板目通りに歩き、板目通りにステップすることになるので
ステップの練習には良さそうです

板目通りに歩くのをベースに、いろいろ試したら
1歩目で5枚斜行するとラインに乗せやすいことがわかりました

当面、それで練習しようと思います


インサイドアウト軌道で投げるためには、板目通りにバックスイングした腕を
ループしてインサイドに下ろしてくる必要があります

インサイドから降りてきた腕を、軸足の近く低くを通すには
腰を切って蹴り足を払う必要があります

この2点も、インサイドから投げると意識しやすい


もちろん意識しやすいだけで、まだ全然できてませんが
これからできるようにする予定です(笑)



ちなみに、ディープインサイドから投げて
ピンヒットまで、身体よろけず軸足で立っていられると
カメラアングル的に良いですね

身体がかぶらないから、ボールの軌道が良く見えて

にほんブログ村

左投げアンダースロー

2011-09-14 | bowling/throwing
レフティボウリングを始めてから
出来ないから忘れたことにした宿題のように
心の奥に密かに引っ掛かってることがありました

左投げアンダースロー です

はい野球です、これが出来ないのです


少年野球をやってた頃、父親に仕込まれたので
右投げアンダースローは今でも出来ます

が、左投げは、かなり練習しましたができません

左でもスリークウォータスローはできるようになり
キャッチボールくらいなら全く不自由なくなりましたが
サイドスロー、アンダースローはどうしても出来ない

右なら出来るのだから
右と同じように投げればいいはずなのですが
出来ないし、出来ない理由もわからない

右で出来てる理屈、投げるメカニズムがわからないから
練習のしようもない

もう、半ばあきらめてました



が、最近また挑戦したくなってきてました

理由は3つあります

1つ目は
ウィンドミル投法でボウリングをやってみて
ボウリングはやっぱりソフトボールじゃなく
アンダースローだと思ったからです

誤解を恐れず乱暴かつ大雑把に言うと
クラシカル投法(リフタン?)はソフトボールでもいいけど
オープンバック投法はソフトボールとはエンジンが違うな
アンダースローと同じエンジンだなと感じたのです


2つ目は・・・

僕の左投げの課題に
上半身に対し腕が早く動き始めてしまうことがあります

腕が体幹に引っ張られるのを待たず
腕だけを腕の力で先に振ってしまうのです


これを直すには、
アウターマッスルを使わず
インナーマッスルで腕を動かせば
(=インナーマッスルで腕が動かされるまで待てば)
いいはずなのですが

それがなかなか出来ない

習得するには、重いボウリングボールで四苦八苦するより
きちんとしたスローイングを出来るようにするのが近道な気がしてきたのです

右ならボウリングも全く意識せずとも出来てるのは
右は『投げる動作』の習熟度が高く
インナーマッスルによる腕のリードが身についてるからなので
左も同じようにしてみようというわけです


3つ目は・・・

最近ボウリングで気づいた大間違い
『下半身まで投球腕側に倒しこむ癖』
をアンダースローでも意識しながら投げてみたら

なんと、投げれそうじゃないですかぁ!!

これが決め手になって、俄然やる気が出てきたのです



というわけで
左投げアンダースローに
真面目に取り組んでみることにしました


リリース前までの身体の使い方は
ボウリングとほぼ同じ

リリースの腕の動作は異なりますが
体幹の使い方は同じ

アンダースローで速い球を投げる身体動作を身につければ
ボウリングもスピードアップできるはず


軽い野球の球ごときで100km/hが出せないうちは
ボウリングで40km/hが投げれるわけがないのだ!(←ホントか?)



また、余計な回り道に入ってしまった気もしますが
僕にとってのボウリングはそういう遊びだからいいんです

少なくとも2年目の間は、拡散路線でいいや

でもあと半年ちょっとかぁ、間に合うかなぁ・・・

にほんブログ村

[bowling(L):196]助走が悪いなら取り去ってしまえ

2011-09-13 | bowling/throwing
5歩助走の2歩目の斜行幅が、不要に大きくなる癖があります
もともと張ヶ谷さんを真似した2歩目でしたが、いつしか過剰になってたようです


この癖による害は、「腰を開き過ぎること」と思ってましたが
それ以上に、体軸全体が傾いてしまう害に気づきました

 
腰が右に出っ張る逆くの字にならないといけないはずなのに
下半身まで左に傾いてしまってました

そのせいで、3歩目でトップまで回ってしまうし
フォワードスイングではアウトステップができず
腰が回らない押せないフォローがとれない  のでは?

と思い、ここを直そうと思ってます


以下、改造中です
こんな感じなら良いのでしょうか?

 


4歩助走、5歩助走にすると、どんなに気をつけても長年の癖が出てしまうので
2歩目を最初から出した状態からの、3歩助走(というか3STEP投球)で練習してみました



今までよりも、もう一段手遅れ感が強まり
アウトステップ気味に踏み出せるようになった気がします


しばらくは、3歩助走しばりにして、これを続けてみようと思います

にほんブログ村

[bowling(L):195]大間違い直しにとりかかってみた

2011-09-12 | bowling/throwing
大間違い直しにとりかかってみました


Jason Couch 師匠 と ハイバックサブマリン金城(←カープの優勝投手)
 

右利きなのに左投げな江夏 と 弟子の大野
   

ブランブランな腕を体幹の回転で振りながら投げる 川口 と 今中
 


こんな風に、身体全体を使って投げたい!

でも、大間違いを直し始めたばかr、まだまだ先は長そうです




にほんブログ村

[swim:240]夫婦でプール

2011-09-11 | swim&lifting
午後、子どものサッカーの試合会場がプールに近かったので
奥さんと一緒に観戦&プール

彼女はプールに行っても
5往復くらいしか泳ぎませんが
そのわりにはキレイなフォームで泳ぎます


僕はTIクロールっぽいフォームで泳ぎますが
それをずっと見てきている彼女も同じようなフォームで泳ぎます

苦もなく下半身が浮くので(←ずるい)
ゆったりしたリズムでもスーっと良く進みます

腕の動かし方は僕とそっくり


弟ざるの泳ぎ方もやっぱり似てます

彼はスイミングを習ってますが
スイミングでは細かいことは教えないので(←良いことです)
やっぱり僕に似たTIクロールっぽい腕の動かし方をします

彼はバタ足が上手くて、軽く柔らかくジョボジョボ蹴るのに
ぐいぐい進みます

だから、腕は軽く掻くだけ済むので
子どもにしては優雅に泳いてる感じに見えます


唯一泳ぎ方が違うのは兄ざる
兄ざるはサッカー漬けなので、滅多に一緒に泳ぎません

彼の水泳の先生は、水泳の上手な同級生なので
兄ざるだけは水泳選手のような泳ぎをします

サッカーで鍛えた心肺能力をもっても
50mくらいしかもちませんが、泳ぎ自体はカッコイイ!



今日は軽目に40分、1200mくらいを泳ぎました

キャッチを外向きにしたら、水をつかんでる感がすごく強まっていい感じ


・・・と思って泳いでましたが
ストローク数は減らないし、タイムも良くならない

手に意識がいって、手泳ぎになっちゃってたのかもしれません


でも、キャッチの感触としては良かったので
いいとこどりできるといいなと思ってます

にほんブログ村


大間違いに気づいた

2011-09-08 | bowling/throwing
現在、手遅れ強化中ですが
手足のタイミングがある程度出来てきて
『あともう少し』を習得しようとした途端に
自分のフォームの欠点がいろいろ見えてきました


だいぶ間違えてますね

特に、体幹の使い方が大間違いです

大間違いのまま、200回近く投げちゃいました、はははっ


主な間違いポイントは
助走3歩目までの骨盤の向きなのですが
そんなこと、どのボウリングの本にも書いてなかったぞ


でも、やっとですが解ってきたので
あとは徐々に修正していくだけです

道理で今までスピードが出なかった訳だ

・・・と、修正し終わったら
胸張って言える気がするんだけどなぁ

どうでしょうか?


あー、投げてぇー

にほんブログ村

[swim:239]ホームプール復活

2011-09-05 | swim&lifting
今週も行ってきました、旧ホームプール

このまま毎週1度は泳ぐようにして
ホームプール復活にしたいと思います


泳ぎの練習にはあまり適さない小さいプールですが
お風呂がいいし、他に選択肢もあまりないし


今回は、1200mくらい泳ぎました

最長は400m
350mまでは一定のペースでフォーム崩さず泳げたのに
その後はバタバタになってしまいました

そんなこともあるんですねぇ


週1なので、タイムを上げようなんていうのは無理です

スーっと進む気持ち良さを求め
水を良く感じながら、ゆっくり丁寧に正確に泳ごうと思います

にほんブログ村



[bowling(L):193]やっぱり『手遅れ』だ!

2011-09-04 | bowling/throwing
夏前には、手遅れ強化練習をしていたのです

2歩助走や3歩助走の練習をたくさんやって
6月末にはかなり手応えを感じてたのです

が、その後、スピードアップしようとしたり
回そうとしたりしているうちに
出来てたはずの手遅れがだんだん甘くなって・・・


今回、手遅れ強化練習を再開したのは
下向きにリリースできない理由が手遅れ不足じゃないかと思ったからです

手が早く降りてきてしまってるのに
スピード出そうとするからサム抜くのが遅くなるんじゃね? と


実際にやってみると、やっぱり『手遅れ』は重要ですね

下向きリリースへの効果だけじゃなく(←リリースはあまり変わってないか(笑))
投げてる感が10割増な感じです





まだ、6月頃に比べるとタイミングは甘いのですが
当時背負い気味だった軌道は縦になったし、ある程度回せてるので
このまま練習を続けていこうと思います


今回は、手遅れにするために
バックスイングの腰の開きを遅くしようとしました

僕は5歩助走の3歩目で完全に腰を開き
ハイバックのトップまで持っていってしまうフォームですが
3歩目では、まだ腰を開かず、バックスイングも肩より低くしたい

そのために
2歩目の左足の前に重ねるように出す癖がある3歩目を
3歩目の右足を2歩目の左足より右に小さく着くようにしてみたのです

足元がバタバタしてたり、無駄に大きく斜行してるのはそのせいです


まだまだ3歩目の腰の開きは大きすぎるし
3歩目の時点でバックスイングが上がり過ぎなので

当面、無駄に大きい斜行をしつつ、もう少し助走も整え
もう一歩タイミングを詰めたいと思います


にほんブログ村