生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サブサーフェイス・スケーティングクロール

2009-07-30 | swim&lifting
僕のイメージするTIクロールを言葉にするとこんな感じ

『サブサーフェイス-スケーティングクロール(水面直下を滑るクロール)』


■サブサーフェイス?

サブサーフェイス(水面直下)って言葉は、釣り(特にフライフィッシング)の世界では良く使われる言葉で、ほとんどが沈んでごく一部だけが水面にかろうじて出てる状態をさします


ボウフラ(蚊のサナギ)が蚊(成虫)になる時って、水面で羽化するのですが、ボウフラが水面直下に張り付いて、水面上に背中だけだして、しばらくすると背中が破れてそこから蚊が出てきます

その背中が破れる前の状態が、サブサーフェイス

蚊にとっては最も無防備で危険な、お魚にとっては食べ放題な状態
僕ら釣り人にとっても、上手く真似したフライを作れば釣れまくる魅力の状態です


だから、サブサーフェイスって言葉はその響きだけでも魅力的なのです(笑)



クロールでは、頭を沈めた状態(後頭部の一部は水面上)をイメージして言葉を使ってます

息継ぎの時にも、ホンの一部しか水面上に出ないイメージ



ホントはTIでも、サブサーフェイス(=頭を沈めること)が重要ではないんだと思います

脚を上げた抵抗少ない姿勢でバランスするための、初心者向きな手段が、頭を沈めることなんだと思います


でも、僕の中でのカッコイイTIクロールのイメージは、サブサーフェイスなんです



自分はというと、左息継ぎで水面上に出すぎてしまうのが課題です

以前よりは大分良くなりましたが、まだまだ

金魚が空気吸うように、スレスレで息継ぎしたいなぁ


■スケーティング?

そのまんまTIドリルの名前ですが、TIでは何を表してるネーミングなんでしょうか?

アイススケート?
スキーのスケーティング?
クロカンスキー?


僕自身は、スキーのスケーティングをイメージしてこの言葉を使います

スケートだと、エッジが短くピッチも速いので、今ひとつイメージが合いません


スキーやスケートのスケーティングは逆ハの字に足を出しますが、クロールの手も同じで、逆ハの字型に斜めに滑る意識で泳いでます

水平逆ハの字ではなく、斜めの逆ハの字

それが正しいのかはわかりませんが・・・



ここ半年、TIクロールのドリルをたくさんやって、かくクロールからスケーティングクロール(滑るクロール)へ改造出来た気がします

滑るのは気持ちイイですね


最近はタイムも気にならなくなって、『いかに滑れるか』が自分の満足度の基準になりました



タイムも距離も気にせず、『滑り』を感じながらゆっくりゆったり泳ぐ

今はそういうのが楽しくなりました


泳ぐこと自体を楽しめてる気がして、少し嬉しいです

(ちっとも速くならない言い訳とも言います(笑))


にほんブログ村

[run witg dog:2km]73kg台!ヘルシア効果?

2009-07-28 | jog & slow jog with dogs
今朝も走りました

毎日は走らないようにしてるのですが、2kmじゃ走ったうちに入らないでしょうから


でも、今日も2km (笑)

暑くてダメです



姫もバテバテ

途中の公園でボールキャッチやるのですが、3本くらいでへたりこみました

その横で僕は懸垂&ランジ

懸垂の回数がなかなか伸びません


家まで再び走ると、もう汗だく

汗が噴き出してる感じです


もしやと脱いで体重計に乗ると

73.8kg!!!

73kg台なんて、20代以来じゃねぇのっ!

空腹&汗だく後の瞬間最大風速的な体重ですが、この数字は嬉しい!



そういえば、ヘルシア飲み始めてほぼ1ヶ月

毎日欠かさず1本ずつ飲んでる効果が、そろそろ出てきたのでしょうか

それとも単なる夏痩せか(笑)



無理せずぼちぼち運動を続け、思い出した時にドローインして、ヘルシアを飲む

僕のダイエットはそれだけだけど、不思議に成果がでてます

もう1ヶ月続けてみよう!


にほんブログ村

[run with dog:2km]久しぶりのラン

2009-07-27 | jog & slow jog with dogs
先週の家族旅行の前1週間は、ランも筋トレもお休みしてました

家族旅行のことでイッパイイッパイだったのです


『家族旅行のこと』と言っても、旅行の手配や準備は妻任せなので、僕はもっぱら釣りの準備

今いわきで何が釣れるか、何処が釣れるか情報収集し、必要な道具や仕掛けを揃えて・・・



そんな家族旅行も終わり、普段通りの生活に戻さねばと、今朝は走りました


旅行中毎日、特大岩ガキ食って増えてしまった体重も減らさなきゃです

しばらく母に預かってもらってた姫も、可愛がられてたようで、少し太ったみたいです



今朝は二人とも久しぶりなので、超軽めのコースです


それにしても暑い

6時前なのに、刺すようなこの日差しは何なのでしょうか


もう少し早起きしないといけないようです

にほんブログ村

[swim:124(1000)]久しぶりのホームプール

2009-07-26 | swim&lifting
今日は、旅行疲れと昨日のプール疲れでダウン

朝から夕方まで寝てました


おかげで、寝不足はすっかり解消、疲れもとれました



となれば、夜はプールに

あまりの暑さに涼みたい気持ちもあり、家族で行きました



今日は昨日につづき、頭を起こさない左息継ぎを練習しました


息継ぎの時もしっかり滑ることを意識すれば、
自然に低い息継ぎになりますね

右手のエントリーを深くすると、楽に身体が回るのもわかり、
なかなかいい感じで泳げました



今日はドリルもやらず、クロールも軽くして、子どもと遊びました

空いてるから、3人で1コース占有し、
みんなでバタフライをやりました


兄ザルは初バタフライで18m泳ぎきりました

弟ザルはバタフライというより・・・・でもなんか可愛い泳ぎでした


僕は、少し楽にバタフライが泳げるようになりました

これなら、往復できるかな


ただ、ちゃんと泳げてるかどうかわわかりませんが(笑)


にほんブログ村

[swim:123(2100)]今年2回目の屋外50mプール

2009-07-26 | swim&lifting
子ども達と僕の希望が一致して、2週連続で県営の屋外プールに行ってきました


子ども達はスライダーと流れるプールでのボート遊びが、
僕は50mプールでのクロールがめあてです



18mプールでやりやすい練習/身につきやすいことと、
50mプールでやりやすい練習/身につきやすことがあるように思います


細かい部分を意識しながらのドリルなんかは、18mプールのほうがやりやすい

全体の感じをつかんだり、繰り返し練習するようなことは、
50mプールのほうがやりやすい



前半は、左息継ぎを繰り返したくさん練習しました


頭を上げず、沈めたまま口だけ出す息継ぎが目標です

・左手のエントリーを深く、ワイドにし、
・息継ぎと右手のリカバリーをワンセットの動きにするようにし、
・頭を下向き加減に、後ろ気味の空気を吸うようにしたら

かなりいい感じになりました


往復するだけで、20~30回息継ぎできるから、
いい感じの息継ぎをしっかり身体で覚えたくて、何回も泳ぎました



後半に意識したのはスイッチ

がまんの手とエントリーは、意識しやすいしまぁまぁできてると思うのですが、
アンカー、脚との連動、体幹の動きなどはまだ良くわかりません

エントリーを縦にし、体幹のスイッチと連動させる意識はありますが、
脚との連動が今ひとつかなぁ・・・

これも、夏の間に50mプールで感じをつかみたい!



50mのストローク数は安定して29~30でした


18mプールでは調子よいと、余裕で7ストロークで泳げる時があります

その感じで泳げれば、もう少し減らせると思うのですが、
今ひとつ減りませんでした



来週もまた行きたいな


にほんブログ村

海!(3/3-釣り編)

2009-07-26 | travel
最後は『釣り編』です


今までは、行った先でその季節に釣れるものをただ釣るだけでしたが、
今回は違います

兄ザル(小6)が、
「マゴヒラ(マゴチやヒラメ)をルアーで釣りたい」
と強く思っているのです


なぜマゴヒラなのかというと、
兄ザルは簡単に釣れる魚はひと通り釣ってしまっているからです

ハゼ・キス・メゴチ・カレイ・アナゴ・メバル・カサゴ・アイナメ・
イシモチ・アジ・イワシ・スズキ(セイゴ)・タカベ・
クロダイ(カイズ)・タイ(チャリコ)・エイ・タコ・・・

海無し埼玉の住民ですが、小さいころから旅行といえば釣りがらみだったので



岸釣りの対象魚で釣ってないのは、
回遊魚系(サバ・イナダ・ショゴ)、ヒラメ・マゴチ、イカ くらいなのです


そのなかでも、刺身がおいしいヒラメ・マゴチを釣りたいそうで、
兄ザルは去年から毎回狙ってますが、そう簡単には釣れません


今回は、竿も新調し、毎晩釣りDVDを見て、やる気満々での釣行となりました



マゴヒラが餌を食べる時間帯は朝まづめ、夕まづめです

昼間はあまり釣れないのと、海で遊ばなければいけないので釣りはしません

夕まずめは宿の夕食と重なってしまうので、釣りはできません

夜は、マゴヒラはあまりつれないので、違う魚を狙います

となると、チャンスは朝まづめのみ 4:00~6:00くらいが勝負です



初日、日の出前から釣るために家を22:00に出発しました

4:00過ぎから竿を振りますが、全くアタリなく終了



2日目、前日の移動+早朝釣り+海遊び+夜釣り の疲れで痛恨の寝過ごし

この日は海の目の前の宿だったので、
他の釣り人が釣ったヒラメを持って帰る姿が見えました

10人近く釣ってるうち、釣れたのは1人だけですが



3日目、3:45にホテルを出てまだ薄暗い河口のポイントに向かいます


僕のルアーに当たりがありましたが、針かかりしませんでした

ルアーにはヒラマゴらしき歯形がはっきりついていました


でも、結局それだけ



4日目、「魚いないんじゃないの」と弱気な兄ザルを励まし、最後の早朝出撃


でも当たりなし、周りの人も誰も釣れてません

6:00を過ぎ、潮も大分引いてしまいました


「あー、今年はだめだったかぁ・・・」

僕は車に戻り、自分の竿をしまっている時、
まだ粘ってルアーを投げていた兄ザルから奇声が

「○×▲・・・・!」



なんと、最後の最後に釣れてしまいました

40cmのマゴチと、幸せいっぱいの兄ザルです





いやぁ、頑張って良かったね!


僕は全く釣れませんでしたが、今までの釣りのなかで一番嬉しい釣りでした

コメント (5)

[swim:120-122]海!(2/3‐海でクロール編)

2009-07-24 | travel
ボディーボードやって穴掘った後、サルどもが休憩してる合間、僕は海で泳ぎます


おととしは波のない入り江で少し泳いだだけでした

去年は、海水浴場の端から端まで必死に泳ぎましたが、かなり怖かった記憶があります

今年はどうでしょうか



泳ぎ始めはやっぱりリラックスできません

脚も2ビートにならずバタバタ蹴ってしまってます


しばらくすると気持ちが落ち着いてきて、

『やっぱり海は浮くなぁ、顔上げても脚沈まないや』

と思いながら、ゆっくり2ビートクロールに泳ぎを整えました



前に顔上げて進行方向を確認するのも試しましたが、やっぱり面倒くさい

普段通り真下を見て気持ち良く泳いでたら、かなり曲がって沖に出てしまいました

あらら


でも、不思議と焦りはなくて、平泳ぎでルートと目標確認してから、またリラックスして泳げました


泳ぎ自体も、プールと変わらず伸びて滑って泳げてた気がします

これなら、400mくらいならいけそうな気がしてきました



なにより、とっても気持ちよかった!



3日とも同じように泳ぎ、大分慣れた気がします

もう少し練習して、来年はOWSのイベントに出ようかな

海!(1/3‐海遊び編)

2009-07-24 | travel
夏休みになるやいなや、
毎夏恒例の『いわき』の海へ家族旅行に行ってきました


僕は湘南生まれですが、ここ数年海と言えば『いわき』ばかり

ウチは釣りもするので、夏だけじゃなく年数回はいわきに行ってるのです



北茨城の磯原に1泊、いわきに2泊

早朝釣り→朝ごはん→海→温泉→夕ごはん→夜釣り→温泉→寝る

の繰り返しを4日間です

疲れはてました(笑)



海でやることは2つ

波乗り(ボディーボード&波乗りイルカ)と穴掘り


波乗りのため、海水浴場内でもかなりの波がたつ場所を選んで行きます

今年は大潮満潮に重なったせいか、期待通り2メートル近い波で楽しめました

これやっちゃうと、普通の海水浴場にはもう行けません



穴掘りってのは、

1)満潮時に波が来るあたりに穴(池?)と穴を波から守る砂の堤防を作る

2)潮が満ちてきても、押し寄せる波を砂の堤防がガードするのを、満足そうに眺める

3)満潮近くなり、強い波に堤防が壊され、跡形もなくなる様を寂しく眺める

という遊びで、我が家ではここ数年恒例です


毎年貯めたノウハウ(笑)により、今は波に負けない強い堤防が作れるようになってます


今年は武器(スコップ)を投入したので、直径2メートル以上の池と、全長5メートルくらいの堤防ができました

その出来栄えに、僕もサルどももかなり満足でした

満潮になると、跡形もなくなっちゃうんですけどね・・・


来年は、スコップをもう1本投入しようと思います

[swim:119(1500)]重心は胸じゃなかった

2009-07-13 | swim&lifting
弟ザルの平泳ぎチャレンジの間に、自分もワシワシと泳ぎました

金曜日から連続水泳です、3連チャンなんて久しぶり


3日とも一人じゃないので、ドリルはやりません

プールも子どもが多く、ドリルは無理ですし

夏の間はエンジョイ水泳に徹しようと思います



と言いつつも、何故か好調なクロール

この日は、『スケーティングの姿勢で滑る』感じを実感しました


今までも滑る感じはあったのですが、スケーティングのドリル姿勢より水平で、身体も細くなれてなかったようなのです

いい感じの姿勢で滑りだせると、ゲロゲロ滑ります

とっても気持ちイイ!



今までは、『重心を肺に移す』って言葉から胸を水平にするイメージをしてしまってましたが、違ったようです

肺は肺でも、肺の側面に重心を乗せる感じだったようです

僕には、肺よりも腋の下に重心を乗せるくらい極端なイメージで、調度良かったようです



腋の下重心・かききらず早めのリカバリー・がまんの手

この3つの意識で、久しぶりに進歩感がありました

満足!



後で振り返ると、今回調子良かった理由がもう一つ思いあたりました

最近変わったTIのホームページのトップの動画です


TIのコーチが4人並んでゆったりクロールで泳いでるカッコイイ動画で、これを見て、いいイメージを持って泳いだのが良かった気がするのです



この動画、カッコイイだけじゃなく、今まであったいろんな動画以上にTIっぽさをイメージできる不思議な動画です

またこれを見て、いいイメージを膨らませてプールに行こうと思います


にほんブログ村
コメント (2)

[swim:118(1200)]弟ザルの平泳ぎチャレンジ

2009-07-13 | swim&lifting
学校の水泳で、『クロール100m泳げたから、次は平泳ぎね』と先生に言われた弟ザル4年生

平泳ぎは全く泳げないけど、何故かやる気に満々

『父ちゃん、平泳ぎ教えろ』と言ってきました

仕方なく(笑)、土日両方ともいつもの18mプールに出撃しました



ただ、僕は大人が子どもに何かを教えるという図が大嫌い

プールってそういう親子が多くてイヤだなぁといつも思ってます


子どもなんて、ほったらかしとけば何でも出来るようになるもんです

聞かれた事だけ答え、あとは褒めるくらいで十分

間違っても、手のかきはどうだとか、脚はこうだとか、ディテイルをあれこれ言うべきじゃない


そう思ってるので、平泳ぎのイメージだけ掴ませ、あとはほったらかしとこうと考えました



まずは家で平泳ぎの動画を見せます

興味があるコトに対する子どもの集中力はスゴイ、食い入るように見てました


そしてプールへ

やはりいきなりは泳げません

手は両手揃えた犬かき状態、脚はあおり足、全く進みません


本人からもいろいろ聞かれますが、とにかく『途中で手も脚も伸びて待てば進むよ』とだけ伝えてほっとき、自分は泳いでました



しばらくすると、犬かき+あおり足なりに進むようになり、25m泳ぎきりました


手足はともかく、途中にきちんと伸びる時間が取れてるので、いいリズムに見えます

息継ぎも出来てるし、息継ぎ後に腰が下がらずきれいに水平に伸びれてます

息継ぎ後にきちんと頭を下げて伸びてるからでしょうか

そんなことは教えてないので、TIのサイトの動画を見たイメージで自然にやってるんだと思います

あとは慣れ、このまま泳がしとけば、長い距離も泳げるだろうし、フォームも良くなるだろうとほっておいたら、その日のうちに連続200m泳いじゃいました


これにはさすがにビックリ!



そして翌日、まだやる気満々

リズムはいいからあとは手足のフォームだなぁと思い、18mを何ストロークで泳げるかチャレンジさせてみました

20回以上だったのが12回くらいに減るころには、脚が大分上手く蹴れるようになってました


手はいまいち、顔上げるために下に押しちゃってます

そこで潜水ごっこ

案の定、水中なら自然に大きく後ろにかきます


でも、また息継ぎ入れると下に押しちゃいます


まぁいいか、昨日始めたばかりだしね



で、この日は結局、『10往復(360m)連続で泳いでみる!』と泳ぎ始め、20往復泳ぎきりました


いやぁ、子どもの遊びに対する集中力は凄いなぁ・・・と、改めて実感


あとは、ストローク数を減らす競争でもさせておけば、自然にフォームも良くなるでしょう




弟ザルに感想を聞くと、

『父ちゃん、平泳ぎは楽だね』と
何よりでございました

にほんブログ村