生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[tennis]左でテニス9回目、コートデビュー

2016-04-03 | bowling/throwing
コートデビュー

左でのテニスも、オートテニスで8回練習し、
大分感じがつかめてきたので、とうとうテニスコートデビューしてきました。

といっても、コードでどの程度できるかわからないから、相手は息子2人。

兄ざるはサッカー一筋なのでテニス経験はなし。
でも、小さいころから卓球やらテニスやらでは遊ばせてたので、普通にラリーできます。
弟ざるはソフトテニス経験者なので、フォアは普通にグリグリ打てます。

コートデビューとしては、調度良い相手です。


コンチワングリップ

今日の一番の目的は、コンチワングリップでいけそうか試すことでした。

「せっかく左でやるなら、コンチワングリップでしょ」と思ってたのです。
イメージは、ロッドレーバーとか、ルコントとかです。

でも、それでいけるか自信がありませんでした。
特に、フォアハンドの高いボールをうまく処理できるかが心配で・・・

でも、実際やってみたら大丈夫そうでした。

グリップの持ち方を、A1らしく指中心に斜めに持つようにすると
イースタングリップと同じように手首を背屈できるので
高いボールでも不要にラケットを立てずにさばけました。

「ルコントの手首ってどうなってるんだ?」と
30年前には不思議に思ってましたが、おそらくこんな感じだったんでしょうね。

バックハンドも手首突き出し気味にし、コンチでドライブが打てました。

というわけで、ずっと迷ってたグリップが確定しました。
良かった良かった。


A1のワングリップ

ちなみに、左でワングリップといえば、マッケンローです。
マッケンローを真似する路線ってのも、かなり惹かれるものがありました。

実際、30年前のテニスコートには、そういうレフティがたくさんいましたし
僕も左だったら、絶対真似してた。

それが今回は僕も左だし。ましてやラケットもMAX200Gだし。

でも、結局マッケンロー路線は止め、ルコント路線に行くことにしました。
マッケンローはB2ですが、僕はB2じゃないからです。

「ルコントがA1か?」というのは、情報がなくよくわかりませんが
少なくともグリップからすると、そんな気がします。


課題は・・・

息子達2人と1時間遊びましたが、彼らとやるなら
僕の今の左の実力でもなんとかなるかなというところでした。

弟ザルはソフトテニスのフォームのままでそれなりの球を打ってきますが
それもなんとか返せたし。

特にバックハンドは、スライスもドライブも思った以上にうまく打てて驚きました。
逆にフォアハンドのほうが、ネットやオーバーが多くダメでした。

そして一番の課題は球出し。距離感がまったくノーカンで
このままじゃまだ、スクールとかには参加できそうもありません。

もう何回か、息子達につきあってもらって、慣れようと思います。

にほんブログ村

この記事についてブログを書く
« 球速5km/hアップ! | トップ | [jog]久しぶりに走る »
最新の画像もっと見る

bowling/throwing」カテゴリの最新記事