生涯独習ちりぬるを【旧】

ブログ引っ越しました
→ https://momijiteruyama.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

A1はサムダウンしなくていいのか?

2016-01-09 | bowling/throwing
A1入門

正月に、久しぶりにゴルフ打ちっ放しに行ってみました。

かなり久しぶりのわりには、そこそこ打てはしましたが、
未だにミケルソン(B2)のイメージの打ち方しかわかりません。

僕はA1と判ったので、A1らしく打つべきだと思うのですが
A1の打ち方なんて全くわかりません。
そもそも、プロのだれがA1なんだかすら全く知りません。

こりゃまずいなと思いました。

思えばボウリングでも、A1と判ったものの
本当にA1らしい投げ方ができてるかというと・・・

こりゃ4スタンス理論は、もう一度やり直さないといけなそうです。
A1入門です。


A1なプロ

A1のプロゴルファーを調べたら、石川遼、 片山晋呉、 松山英樹。
あらら、けっこう旬な選手がA1なんですね。
でも、3人の打ち方の共通点が、今一つわかりません。
そもそも、最近のゴルフ見てねーしなぁ・・・

次に、A1のテニスプレイヤーを調べたら、錦織とジョコビッチ。
あらら、テニスもけっこう旬な感じじゃないですか。
でも、テニスもA1らしいフォームを感じることはできません。
もう少しA1がなんたるかを勉強し、見る目を養う必要がありそうです。


手のひらを自分のほうに?

ならば、まずは一番詳しいテニスで理解を深めようと
テニスのA1打ち方を調べてみたら

・A1は左腕(ラケット持たない腕)を、ベースラインと平行にする
・A1は左腕の手のひらを、自分のほうに向ける

という記述がありました。

へ? 手のひらを自分のほうに?
そんなこたーねーだろう、手のひらはボールを掴むようにでしょ。
そう教わったし、そう教えてたもん。

左腕をベースラインと平行に はわかる気がするよ、
そうしないと、球に力伝わらなかったよね、うんうん。
でも、手のひらを自分のほうにはねーよ。

誰がそんな打ち方してんねん? と思ったら


あらら、ホントだ!

そして、自分でも昔のフォームを思い出しながら素振りをしてみたら
自分のほうを向いてるじゃぁないですかぁ、あらら。


ちなみに、なんでそうなるかというと
A1は上腕内旋・前腕外旋型だからだそうです。

上腕内旋型なので、ベースラインと平行までぐっと深くひねり込まれるけれど
前腕外旋型なので、サムダウンせず手のひらは自分のほうに向く
ってことでしょうか。


ボウリングだと

・A1は左腕(ラケット持たない腕)を、ベースラインと平行にする
・A1は左腕の手のひらを、自分のほうに向ける

ってのを、ボウリングに当てはめると、こんな感じになる気がします。



この2人がA1かどうかを僕は知りませんが
ここまで深くバランスアームを捻り込むプロをこの2人以外には知りません。
そして、フェーガンさんは全くサムダウンせず、手のひらは自分のほうに向けたまま。
カウチ師匠も、自分のほうに向く程ではありませんが、サムダウンはしてません。

僕はなんとなく、「サムダウンしなくちゃいけない」と思いこんでいましたが
そして、そう思っていても、それがずっとできずにいますが
もしかしたら、サムダウンせず、手のひらは自分のほうに向けたままでもいいのかもしれません。


一方で、かなりしっかりサムダウンするプロもたくさんいます?
ライノペイジさんのように、サムダウンを通り越して裏返しちゃってるプロも。

これってもしかしたら、B1(上腕内旋・前腕内旋)だったりするのかなぁ?

あー、4スタンス理論に詳しい人に聞いてみたい!

にほんブログ村
この記事についてブログを書く
« [bowling]マイボウラーレーン... | トップ | 秩父神社巡り »
最新の画像もっと見る

bowling/throwing」カテゴリの最新記事